トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    普通は、買取専門店などに車を売った際に査定書は出してもらえず、査定書を望んでも発行してもらえない場合が多いのが現状です。

    自己破産や遺産相続に関して資産証明が必要になることがありますが、このような場面で車の査定書がどうしても必要になった時には、日本自動車査定協会(頭文字をとってJAAIとも呼ばれます)に中古車の査定を申し込まなければなりません。

    自動車査定協会の支店は国内に50ヶ所以上存在していて、査定してもらうには料金が必要です。

    また注意したいのが、あらかじめ予約制となっていることです。

    中古車に限らず、インターネットでは下取りに出したい車の査定金額を一度に沢山の会社にお願いできる、一括査定サイトがたくさんあるのです。

    これらのサイトで査定額を算出してもらったら、必ず売りに出す必要があるわけではなく、自分の足を使って複数の会社に査定してもらいに行く手間が省けるのです。

    メリットは多いのですが、業者によっては車を自分のところで売却しないかとしつこく電話される事もありますから、自分に直接電話連絡されたら面倒だという方は、業者との連絡はメールで大丈夫な一括サイトを選択すると面倒はないでしょう。

    ネット上で手持ちの車の無料一括査定をしたいけれど、個人情報はなるべく公開したくないというときには名前を書かずに利用可能な一括査定サイトを使えば良いでしょう。

    しかしながら、無料査定までしか匿名では実施することができません。

    査定スタッフに現実的に査定を依頼する場合や、車を実際に売るときには、名前などの個人情報公開は必須となるのです。

    中古車買取業者は「古物営業法」に基づいて、相手の名前などを記載しておく義務が発生するからです。

    査定士が実車を査定するときは所有者が同席しなければいけないといったルールこそないものの、やはり当事者がいないがために起きるかもしれない問題をあらかじめ防ぐために、時間を作ってでも査定時は本人不在の状況を作らないようにしましょう。

    たちの悪い業者だと、車のことがわかる人がいないのに乗じて自分で傷を捏造して少しでも買取価格を安くあげようとすることもあります。

    業者は年式や色といった机上データのほか、独自のポイントシステムで車の買取査定を行うのが普通です。

    その項目が基準点からどれだけ良いか悪いかを見た上で、減点したり加点したりで総合的な評価額を出します。

    比重の大きなチェックポイントは、事故歴、修理歴、傷、故障、走行キロなどで、当然ながらメーター付け替えは違法です。

    これまで多くの査定をしてきたプロが査定するので、キズの目立ちにくい夜に査定に来てもらったり、なにかしら隠蔽工作を行っても、バレずに済むはずがありません。

    いま乗っている車を売却したいと思っているときに、査定価格を知る方法は中古車屋に知人でもいない限り、次に上げる二つしかありません。

    一番多いのはディーラーによる下取りで、これは買い替えが大前提です。

    もっとも手軽で普段から車を使う人にとっては足がない期間の心配が要らないので良いのですが、悪い言い方をすれば「足元を見られる」ので、中古車買取業者の査定より買値は安くなりがちです。

    では中古車買取業者に査定依頼するとどうなるのかというと、一社でなく複数に査定してもらえるため、買取価格がディーラーより上がるのが普通です。

    とても重要なことですが、あらゆる契約書の全文に目を通して内容を把握することは、車売却時に限定したことではなくて売り買いをするうえでの重要項目です。

    自分が署名をして印鑑を押した瞬間から、契約書に書いてあることは全部法的に効力を発揮します。

    書かれている車の状態は間違っていないか、お金の部分に関してあいまいな点はないか、丁寧に一つ一つ確認していくことが必要でしょう。

    疑問点が生じたら遠慮せずに営業マンなどに質問して細かなことでも解決するクセを付けると良いかも知れません。

    自動車を売りに出す前にきちんと洗車しておくことは、ダイレクトに影響を与えるわけではないのですが幾らかでも高額に見積もってもらいたいと考える全ての人に実行してもらいたいことです。

    実は自動車が洗車してあってもそうでなくても、査定基準的にはあまり影響を及ぼさないのです。

    査定額に直接影響はなくても、丁寧に車を扱う人だと言うことを印象づけるポイントになり得るのです。

    手荒に乗っている所有車よりも印象が良いですから、査定結果も良くなって結果的に得をすることになります。

    車を売ろうとする場合には、買取業者に売ることと、ディーラーに引き取ってもらうこと、ちょっと珍しいケースでは個人でオークションに出品して車を売却する方法が存在します。

    オークション出品の際には、売ろうとする車の画像や説明文をできるだけハッキリと分かりやすく掲載することがやっかいなトラブルを避ける上で非常に有効なことです。

    さらに言えば、売却が成立してしまう前にその自動車の現物を観察してもらうことは重要です。

    これ以外に重要だと感じた事柄については、双方で念書などを作成して、これに署名捺印してもらえば安心して取り引きができるというものです。