トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    知っておいた方が良いこととして、車の買取市場において言えることは、業界大手の会社と中から小規模の会社では査定するときの姿勢が違って当然だと言うことです。

    資金力が豊富な大手の買取業者は、自前の販売ルートを通して売ることも多いですから、ここぞとばかりに買い取りを進めていきます。

    買い取りは積極的なのですが、価格は社内基準に則った範囲でしか決定出来ず、いったん示された査定金額に対し、価格交渉する余地は低いのが現状です。

    反対に小規模の買取業者などは一車種ごとに競りで販売することが主ですから、関与した査定士によるところが大きく、高く売れるだろうと思ってくれれば相場よりも査定額がグッと高くなるケースも出てくるのです。

    専門家の査定士には口からでまかせを言ってもすぐに分かってしまいます。

    本当のところは事故車や修理歴のある車であるのに、それを理由に査定額を下げられたくないばかりにでまかせを言っても確認すれば判明します。

    さらに、ウソをついてしまったという事実があるとお店側の人間に信頼されなくなっても当然なのです。

    最終的に、嘘が原因で厳しめの査定をされることが考慮されますから、売却予定の車の状態については正直に話した方が良いのです。

    中古車を査定してもらうときに、ちょっとでも高値で査定してもらいたい場合、今すぐにでも売却したいという思いを全面的にアピールすることです。

    何となく査定してもらうけども多分売却はすぐにしないだろうという相手よりも、提示した金額に納得すれば今日直ぐにでも車を手放してくれる売り手の方が買取業者にとっては有益に違いありません。

    即決する可能性があるとわかると、ほかの店舗に逃げられないように査定金額を引き上げてくれるかもしれないのです。

    車を中古買取業者に売却する場合、悪質な業者に騙されないよう必ずしておくことといえば、そんなことぐらいと思われるかもしれませんが、契約書によく目を通して内容を把握することです。

    どんな契約でもそうですが、契約書に書かれている内容は判を押した時点で効力が生じますし、了解したものという扱いになります。

    営業マンの口約束と契約書の内容に差異はないか、特に金銭面での記載についてはかなり注意して読まなければいけません。

    細かいところまで読んでから必要であれば質問して、納得してから契約に進みましょう。

    数々の査定実績のある買取業者からすると、個人レベルでいくら工夫しようと査定対象となる車の修理歴や事故歴はわかってしまいます。

    隠蔽行為は買取業者に対して詐欺を働くのと基本的には同列のことですから、そうなると価格交渉どころではありません。

    そして査定で申告対象となるような車の状態を隠蔽するのは法律的には告知義務違反となり、バレたときには減額されたり、返金を求められます。

    そもそも契約書の規定にもこの件に触れた文章があるはずで、言い逃れはできません。

    車の状態は悪くなくても総走行キロ数が10kmを超えると、いわゆる過走行車という扱いになり、査定サイトなどを使って売ろうとしてもほとんどタダみたいな値段になってしまうことが多いです。

    また、事故車も値段がつきにくいと考えて良いでしょう。

    このような場合にも、売却する方法がないわけではありません。

    事故車や多走行、過走行の車の取扱いを専門的に行っている業者に相談するという手があります。

    買取り先を探すのが面倒なら下取りにすれば手間も要りませんし、ディーラー側はそこは商売のしどころですから、買取りよりは高値をつけてくれるかもしれません。

    愛車を手放した後から、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金の減額もしくは契約の解除を通達されることがたまにあります。

    もし自分が事故歴などを隠蔽して売ったとしたら売却側が責任を取る必要がありますが、査定スタッフが見落とししていたことに起因するものであれば売る側に何も責任は無いでしょう。

    納得できない理由で買取額の減額や契約解除を迫ってくるときには、消費生活センターや国民生活センターなどへトラブルが起きていると相談することが最善でしょう。

    車を査定してもらうときには車検証だけあれば良いのですが、売るときには複数の書類を用意しなければなりません。

    売却が普通自動車だったら車検証のほかに納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、印鑑証明書、実印を準備しなければいけません。

    これらの書類中、納税証明書がなくなっていることに気が付いたら、軽自動車と普通自動車では納税証明書の再発行を依頼するところは異なってきます。

    売ろうとしている車が普通自動車だったら都道府県の税事務所ですし、軽自動車だったら役所の窓口に行って再発行の手続きを取るようにしてください。

    愛車を売却しようとするときには、手続きに必要となる書類の中に車庫証明は入っていません。

    しかし、新しく自動車を購入した際には、きちんと自動車を保管する場所を届け出る車庫証明書が必要になってきます。

    これは販売店側で代行サービスを行うケースが多いですが、個人で車庫証明を取得することも可能です。

    ちょっと手間はかかりますが販売店側に手数料を支払わなくても構わないので、挑戦しても良いのではないでしょうか。

    手続きをするときには、前に乗っていた車はどうなったか説明しないといけないので、手続きに行く際には売買契約書を忘れずに持参して下さい。