トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    少数の例外はあるかもしれませんが、中古車販売店等に車を売った際に査定書が発行されることはなく、望んでもくれない場合が大半です。

    自己破産や遺産相続に関して資産証明が必要になることがありますが、このような場面で車の査定額がハッキリと分かる証明が欲しい時には、日本自動車査定協会(JAAI)に見積もりをお願いしなければならないでしょう。

    JAAIは国内で50ヶ所以上の事業所を持っていて、査定には指定の料金がかかります。

    それと、査定してもらうためには前もって予約しなければなりません。

    ウェブ上の中古車一括査定サイトの中には、査定依頼が匿名で可能なところもあるようです。

    せっかく査定を依頼しても結果の連絡を受けなくては意味がないので、連絡先だけは教える必要があるのですが、やたらと個人の名前や住所は明かしたくない人には打ってつけでしょう。

    メールアドレスや電話番号すら明かさずに相場金額を見たい時には、メーカーのホームページで所有する車の車種や年式などを入力すると、現在の参考相場が分かる場合があります。

    参考価格が分かると言っても、ザックリしたものでしかありませんから、個々の車の事情を加味したものではないので、あまり参考にはならないことでしょう。

    たくさんの中古車査定業者から見積もりしてもらうことを「相見積もり」といいます。

    これをいつでも可能にしたのが、ネットで行う無料中古車一括査定サイトなのです。

    一括査定サイト以外にも相見積もりという言葉を使うことがあり、時を同じくして多くの買取業者に実査定をしてもらって、皆で一様に査定額を提示してもらうというケースもこれに相当します。

    業者の中には他の業者と同時に査定するのを毛嫌いするところもあるのですが、多くの店舗で相見積もりが可能なはずですよ。

    車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の走行距離は一年に普通、10000kmが目安と言われます。

    走行距離が50000kmを超えたあたりで多走行車という扱いになって買取査定の際にはしっかり減点されます。

    また、過走行車といって走行距離が10万キロ以上の車はタダ同然の査定になり、場合によっては引き取りを拒否されることもあります。

    ただ、走行距離が少ないほど良いとは言えません。

    総走行キロ数が車の年式の割に少なすぎる時には、却ってパーツが劣化して故障寸前になっていることも充分考えられるからです。

    車内の掃除が行き届いていたり、業者が来る前に洗車を済ませて外観をきれいにしても、掃除状況は業者によるチェック対象ではないので査定額は変わらないです。

    所有者がする程度の掃除なら、あとから業者のほうでも出来るからです。

    といっても、利点がないわけではありません。

    掃除の行き届いた状態で査定に出せば、大事に乗っていたのだろうと思われますし、点数をつけるのは担当者ですから、誠意を見せれば結果はプラスとして戻ってくる可能性があります。

    中古車の相場というのは市場のニーズによって変動しています。

    ですから査定時に提示された見積額には期限が設定されています。

    しかしこの期限も実際のところ様々ですから、念の為にその金額がいつまで有効なのかを担当者にあらかじめ確認しておくべきです。

    期限は長くても10日から2週間位といったところです。

    ただ、相場の変動が大きい繁忙期の査定では、短めの設定になることが当たり前です。

    車を売却しようと考えたときに、車体のカラーは大きく見積もりに影響を与えます。

    定番カラーの白や黒はいつでも安定して人気があるため、査定時にプラスの評価が出ることが多いです。

    さらに、定番カラーであるシルバーはボディーについた汚れなどが目立ちにくい特徴もあるのでより人気があります。

    反対に、黒や白、シルバー以外の色となると、車の評価が高くなることは望めないでしょう。

    いくら査定したときに流行の色だったとしても、買取から売却の間に流行が廃れているかも知れないからです。

    中古車買取店の決算月やボーナス時などのように、愛車を高く売りやすい時期というのはあります。

    車が欲しいと思う人が増える時期には一緒に買取価格も上昇するからです。

    そうは言っても、愛車を手放そうと考えたときが決算時期やボーナス時期とかけ離れていた場合に、これらのタイミングまで待った方が良いわけではないのです。

    売る時期が遅くなればなるほどに車の年式は上がっていきます。

    相場上昇によって恩恵を被るよりも、その車の価値が下がってしまう方が大きくなる場合も充分考えられるのですね。

    自動車を売り払った後になって、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金の減額もしくは契約の解除などを通達してくる事があるのです。

    事故を起こした車だと言うことを隠して売りつけたのならば自分側が悪いと言えますが、見積もり時に確認ミスがあったからであれば非難される覚えはないのです。

    納得できない理由で買取額の減額や契約解除を迫ってくるときには、国民生活センターへ赴いて、車の売却でトラブルになっているとと話してみると個人で悩むより数倍早く解決できるはずです。