トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    ご存知の方もいるかもしれませんが、車の買取において、中規模や個人経営のような小規模な店舗と、大企業では査定するときの姿勢が違って当然だと言うことです。

    大手の業者は中古車販売の独自のルートもありますし、資金力もありますから、ここぞとばかりに買い取りを進めていきます。

    買い取りは積極的なのですが、価格は社内基準に則った範囲でしか決定出来ず、提示された価格に対して交渉できる可能性はあまりありません。

    反対に小規模の買取業者などは一車種ごとに競りで販売することが主ですから、関わった中古自動車査定士が「これはいける」と思えばかなり見積金額が高くなる事もあり得るのです。

    一般的にほとんどの中古車買い取り店では、査定にかかる時間は待っているロスタイムを除いて15分かかるかかからないかです。

    さほど時間がかからないのは、車種ごとで現段階での中古車オークション相場などを参考にしてあらかじめ基本となる査定金額が決定されていて、ベース金額から走行距離、さらには車の各部位の状態などを確かめてから、走行距離などに応じた減額、加算をしたら最終的な価格を決定することが可能だからです。

    中古車の査定価格には、車体の色もかなりの比率で関係してきます。

    白や黒は定番色で、どんな時も需要が安定しているので、査定アップの要因になる場合が多いのです。

    定番色とは反対に原色系の赤や黄色、青などのボディカラーの場合は好きな人は好きですが、嫌がる人もいますから、人気の定番色と比較して査定額を減額される要因になるケースが多いと言えます。

    でも、査定金額はその時点での中古車オークション相場によって変動するものなので、その流行のタイミングによっては一定のカラーに幾らか査定金額が高く付くこともあるでしょう。

    改造車というのは中古車査定では不利と言われますが、状態やニーズ次第です。

    改造パーツといえども評価が高くて人気があれば査定はプラスになるでしょう。

    ただ、パーツの状態が悪ければ買取後にメンテ費用がかかるため、減点は避けられません。

    また、持ち主を選ぶような風変わりなデザインのものも、持ち主がかけたコストにかかわらず減点になります。

    ノーマルなら減点対象も少なくなりますから、改造車を売る際はノーマルに戻し、まだ需要がありそうなパーツならそれだけを売る方が金銭的にはオトクです。

    出来るだけ高額の査定を引き出したいと思ったら、複数の業者から見積もりを取るのが有効です。

    そうは言っても実際のところ、仕事が休みになるたびに買取業者にそうそう何件も足を運ぶのは難しいです。

    そのような状況を回避するには、中古車一括査定サイトを利用するのが一番です。

    面倒な登録作業は数分で済み、一度の登録で幾つもの業者に査定依頼可能なので、その手軽さは他と比較するべくもありません。

    ただし、あまり数多くの業者を指定するとその会社全部から競うように電話連絡が来るのは避けられませんから、あらかじめ何社かに絞って依頼したほうが良いでしょう。

    車の査定を夜間や雨の日にしてもらうと本来の額より高く見積もってもらえる可能性が高いという話をたまに聞きます。

    晴天ほど車体のキズがくっきり見えるわけではないので、業者が見逃すことを期待しているのです。

    現実的な目で見れば、そこまで細かく考えず、いつ来ても構わないという気持ちで多くの業者に来てもらったほうが効率的です。

    業者同士で競合が起きれば結果的に査定金額も高くつけざるを得ません。

    たとえ全く乗っていなかったとしても持っているだけで維持費がかかるのが自動車です。

    自宅近辺に使える公共の交通機関が充実しているなどの理由で、自動車を所有していなくても交通の便に不自由しないならば手放すことで家計はかなり節約できるでしょう。

    維持費の内訳を見てみると、車検や定期検査の料金、自動車税や自動車保険代金、別に借りている場合には駐車場代などがあります。

    以上の合計金額を計上すると、意外に高くて年間数十万円にも達することだってあるのです。

    当然かもしれませんが、自動車を売買するときには、傷が目立ったり凹みがある車体の方が査定額は低くなります。

    しかしながら、自分でそれらの傷を補修しようと考えると、専門家目線では余計に傷が浮き出ているようなことがあるのです。

    あまり目立たないようなごく薄い傷は、見積もりの段階で問題にならないこともあるのです。

    自動車修理の経験があるならともかく、そうでない場合には無理矢理自分で補修しようとせずに、そのまま買取査定に出すようにした方が結果的には良いでしょう。

    車の売却を考えたときに、買取り業者に売るのとディーラーの下取りで引き取ってもらうのとでは、あなたが何を優先するかによってどちらが良いかが変わります。

    何はともあれ手続きが簡単な方が良いのであれば、勧めたいのはディーラーへの下取りに出す方法です。

    車を売ることと買うことの両方が一緒にできるので、なにより簡単です。

    手続きが楽なのを優先するのではなくて、1円でも高く車を売りたいのならばディーラーよりも中古車買取業者にお願いする方がベストな選択です。

    いくつかの業者に複数の見積もりを出してもらうことで、見積金額を引き上げることも可能になるでしょう。