トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    売却予定の車に傷などがある場合には査定金額が低くなるのが一般的です。

    だからといって、査定額がマイナスにならないように事前に個人修理することは止めた方が無難です。

    査定前に個人で修理しても、修理に要した費用以上にグッと査定金額がアップするとは思えないからです。

    車を自分で直そうと考えるより、買取が成立した後に、中古車販売店が提携している業者に修理依頼した方が修理コストがかからないからというのが、査定額がアップしない理由です。

    自分が所持している車にどうしてもこの金額では売却不可能だと考える査定を業者側から提示されたときには、売らないと突っぱねることもできます。

    査定の申し込みをしたからと言って、必ずしも契約しなければならないと言う決まりはないのです。

    提示された最初の価格ではうなずけないと言うとそう言った時から査定額アップの商談が始まるケースもあるでしょうし、より高値で査定してくれる会社がないとも限りません。

    嫌なら遠慮しないでノーと言っても構わないのです。

    中古車買取業者と自分との間に起きる可能性のあるとトラブルは何個かあるでしょうが、これらトラブルの中には実際に酷く質の悪いものもあるのです。

    見積金額を提示したので車を手放すと、その後になって、再度チェックしたら問題が出てきたと実際の買取金額は随分低くなってしまったケースも多いのです。

    もっと酷いケースになると、車だけ業者に渡すことになって、引き替えにお金が入らない場合もあるのです。

    詐欺まがいのケースに遭遇したときには、泣き寝入りせずに直ちに消費者生活センターなどに行ってください。

    自動車の年間走行距離というと、自家用車に限って言えば1年でおおよそ1万kmが標準といわれています。

    年式を問わず走行距離数が5万を超えた車は多走行車と言われて買取査定の際にはしっかり減点されます。

    また、やがて10万キロを超えるようになると過走行車といってゼロ円査定などという可能性もあります。

    その一方で、走行距離が短い車というのも問題です。

    例えば年式のいった車の場合、走行距離があまりにも短いと稼働パーツが劣化していても気づかないことも充分考えられるからです。

    たいていの買取業者は夕方以降の暗い時間帯にも実車査定に応じてくれるものです。

    夜間査定のほうが昼間の自然光よりもボディの傷が目立たないため、査定には有利であるという話も聞かれます。

    しかし、あまり気にする必要はないというのが本当のところだと思います。

    夜の査定は手元灯を駆使しなければいけない部分が増えますし、天気の悪い日には見にくいというのは事実ですから、担当者の不注意を誘発しやすいでしょうが、実際のところはそう甘くないかもしれません。

    こまめに洗車してワックスコートが充分な車なら、晴天の屋外の方が光沢があって新しく見えますし、天候次第で査定がコロコロ変わることはないと思っていいでしょう。

    中古車の査定士は訪問査定時に決まった項目に従い、対象車の市場価値を計算するのが常です。

    標準的なレベルを元にそれより上か下かを項目ごとに見ていき、主観の入りにくい公平な価格が導き出されるのです。

    比重の大きなチェックポイントは、ボディの傷、ヘコミ、修復歴とその状態、あとは走行距離ですが、年式の割に走行距離が短いとプラスになることもあります。

    場慣れした担当者が訪問するので、キズの目立ちにくい夜に査定に来てもらったり、なにかしら隠蔽工作を行っても、うまくいくはずがありません。

    それよりは誠実に価格交渉する方がトクです。

    自動車を実際に売るときには複数の書類の提出が求められます。

    そうは言っても、車に関わる書類を紛失したりせずに一箇所にまとめて保管していて、且つ結婚などによる姓の変更や引っ越しなどで住所の変更がないのであれば、自動車売却にあたって新規に取得が必要なのは印鑑証明書のみです。

    また、印鑑証明書は車を売却する際だけではなくて車を購入する際にも必要になってくるので、2枚同時に取ってくると手間が省けて賢いですね。

    発行した日から3ヶ月間は印鑑証明は有効です。

    車を売ることを思い立ったらすぐに取りに行くようにすれば、後々の契約手続きなどが滞りなく完了します。

    全部が全部という訳ではありませんが、車を売ったお金には税金がかかることがあります。

    個人所有の自動車であり、いつも通勤するために使っていた車ならば所得税はかからないようになっています。

    車の使用目的がレジャー等にまで広がってくると、今度は所得税を払わなければならない可能性が出てくるのです。

    具体的な数字を言うと、車を売ったお金が買ったお金より50万円以上上回った時です。

    個人事業主として業務で使っている車は売却時のルールが別にありますから、不明な点は確定申告の際に税理士などに質問して後からトラブルにならないようにすべきでしょう。

    中古車買取店の売却を勧める電話か凄くて面倒な思いをすることもあるでしょうが、多くの買取店で査定をしてもらうことは少しでも高く車を売るためには有効な手段です。

    査定額の相場がわからないとそもそも価格交渉もできませんし、沢山の買取業者から見積もりを集めるのが相場を知る一番の近道だからです。

    今すぐに売却を希望されればお得ですよ、などの営業トークに半分騙されて即決してしまうのはいささか早急です。

    何はともあれ焦らないことが、なるべく高く車を手放すことができる最良の方法なのです。