トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    買取希望の中古車を査定する際の基準にはいろいろありますが、中でも走行距離数は大変大きく査定額に影響します。

    ほとんどの場合、走行距離が長いほど査定金額は低下していくのです。

    5万kmを越えた車は一般的に多走行車と呼んでいて、中古車のマイナス査定に影響を及ぼし始めるケースがほとんどです。

    総走行距離が10万キロを越えた場合には過走行車という扱いを受け、ものによっては査定額が付かないことも出てきます。

    大きな中古車買取店のほとんどが、さまざまなキャンペーンを常に展開しています。

    これらの多くは車売却の際に受け取ることができますが、キャンペーンの中には無料査定をするだけで対象になるケースもあるのですよ。

    もっと具体的にいうと、ある特定のWebサイトから無料査定を行うとポイントがたまるなどのケースがあります。

    無料見積もりを行うだけで買取をしなくても特に問題はありませんから、このようなキャンペーンが開催されているのを発見したらぜひトライしてみましょう。

    これは中古車査定の場合だけではなくて、ジャンルの如何にかかわらず言えることですが、否定的な口コミはあるものです。

    ひとつやふたつの悪いコメントを発見したとしても、そのコメントだけに振り回されると最終的には何も手に付かずということになるかもしれません。

    皆の口コミは参考程度にして、思い切って無料見積もりを申し込んでみて、そのときに自らが受けた印象を大切にすることが自分にとって一番良い選択をする事に繋がるのです。

    中古車を売却した場合、業者からの入金は売却の契約を締結してから一週間ほどあとになります。

    実車の査定に訪れた日に契約の意思を伝えていても、必要な書類が足りなければ契約は不可能です。

    なるべく早く売却代金を得たいのでしたら、売却(査定)業者を決める前に、先行して書類集めをしておくと手続きが早く済みます。

    軽自動車と普通自動車では提出書類が異なるので事前にネットなどで調べておきましょう。

    中古車を売る際の最初のステップは、業者に査定を依頼することです。

    ウェブで簡易査定を受けた後、訪問査定などを経て買取額が提示されます。

    価格と説明に納得すれば、印鑑や必要な書類を整え、業者の用意した契約書に署名捺印します。

    契約が済んだら車両の名義変更と引き渡しといった最終段階の手続きを行ったあとで売主の口座に買取代金が振り込まれ、売主は契約通りの金額かどうか確認し、売却手続は終了します。

    期末であり年度末決算も抱えた3月と、賞与支給後の9月というのは酷暑も一段落した時期で、車を売る方にとっては非常にありがたい時期です。

    どの中古屋でもこの時機を逃さずもっと売りたいと思うものです。

    ですから査定金額も自然と上向きになります。

    今すぐ車を売却しなければいけないというのでなければ、価格上昇のタイミングを見計らうことで、高額査定も期待できます。

    それと、4月は決算の翌月で販売も一山超えたところで、査定価格もどうしても下がり気味になるのでお勧めしかねます。

    支払った自動車税が月割りで戻ってくるのは、普通自動車(軽自動車は含まない)を売らずに廃車にしたときだけです。

    反対に軽自動車に関しては、還付金はありません。

    しかし、自動車税を支払ったばかりで残りの期間が相当月ある場合などは、残っている税金分を査定額アップという形で買い取ってくれることもあります。

    税金分を上乗せしてくれる業者があると言っても、税金分の扱いについてきちんと説明してくれる買取会社ばかりではないでしょう。

    売却の契約を交わす前に確認しておきたいことのひとつと言えます。

    当然かもしれませんが、自動車を売買するときには、車体にキズなどがないに越したことはありませんね。

    かといって、素人が個人で直してしまおうと頑張っても、専門家の目で見たら余計に傷が浮いてしまうようなことがあるのです。

    きれいに乗っていても勝手に付いてしまう薄い傷などは、あまり査定額減少の対象とはならないケースが多いのです。

    自動車修理をしたことが無い人がほとんどでしょうから、頑張って自分でやってみようと思わずに、そのまま見積もりに出した方が良いかも知れません。

    大きな契約の時には特に、充分な注意力を払っているでしょうがそれでもなお、事前に予測できないいざこざに遭遇してしまうケースがあるのです。

    車を売るときにたまに見かけるケースとしては、売却成立後に何か問題点が見つかったので買取金額から差し引くと通達される場合があるのです。

    売却する際に売り手側が事故歴などを隠蔽していたのならばわざと申告していなかった売り手側が悪いです。

    わざと隠し立てしていたりしなければ、査定するときにあらかじめ確認しなかった方が責任を取るのが普通ですから、自ら承服する必要はないと言えます。