トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    ちょっとでも自分の車の査定額をアップさせようと思うならば、相場を知りたいだけでなく、自分は直ぐにでも売りたいんだという思いを強くアピールすることです。

    暇つぶしに査定はしてもらうが多分売却はすぐにしないだろうという相手よりも、話が決まれば今日直ぐにでも車を手放してくれる売り手の方が中古車買取業者にとってありがたいでしょう。

    車を直ぐに売却してくれそうだとなれば、他店に行かれないようにきっと見積金額を高くしてくれるでしょう。

    オンラインで自分の車の価値を査定することができますが、それは、やはり簡易的なもので見積もりを出したまでです。

    同様の車種や年式でも車ごとに状態は違って当然ですから、詳細な見積額というのは中古車を見ながら確認しないことには導き出せません。

    このようなわけで、ウェブ上で示された相場と同じ金額が実際の売却時に提示されるとは限らないので、自分で覚えておく必要があるでしょう。

    「修理歴車」は通常、事故車と呼ばれていますが、中古車査定においてかなり見積もりを下げてしまう元となってしまいます。

    かといって、査定前に修理したことがある全部の車のことが修理歴車の扱いを受けるというものでもありません。

    車のいわゆる骨格に相当する部分にまで修理が及んでいなければ、ドアやボンネットなどを板金塗装してあったりしても修理歴車とは呼ばないのです。

    しかし、修理歴車という扱いは受けずとも、過去に修理した履歴がある車は減額対象になるケースが多いのです。

    現在使用中の車を売ってしまうと次の車が納入されるまでに時間的な差があるというのは珍しいことではありません。

    代替となる手段がある人は別として、仕事や通勤などで車が必須であればかわりに代車を手配してもらわなければなりません。

    けれどもすべての中古車取扱業者が代車手配を当然のようにしてくれるわけではないのです。

    新しい車がいつ納入されるかにもよるでしょうが、必要になりそうなら、一括査定を申し込む時に代車を条件に上げ、担当者に聞いておくと安心です。

    車検に通る程度の改造を施した車は、中古車の査定ではどうなるのかというと、状態やニーズ次第です。

    改造パーツといえども評価が高くて人気があれば場合によっては加点も期待できます。

    とはいうものの、後付けパーツですから本体とは劣化の仕方も違い、状態が悪ければ外す必要があるので、逆にマイナスをつけられる可能性もあります。

    また、持ち主を選ぶような風変わりなデザインのものも、減点の対象となります。

    このように改造車は減点評価されがちですので、車はノーマル状態に戻し、改造パーツは単品で売却するのがおすすめです。

    人気やその時の市場のニーズによって中古車市場の相場は移り変わるため、売却対象車につけられた査定価格にも当然ながら有効期限があるものです。

    期限については業者や担当者ごとに違いがあるはずですから、金額を出してもらった段階で有効期限についてはしっかり確認することが不可欠です。

    最長で2週間ばかりの有効期限といったところです。

    ただ、市場の動きによっては非常に期間が短くなっていることもありますので、気をつけなければいけません。

    自分で所有する車を売ろうとするときには、「車庫証明」は必要書類の中に含まれていません。

    車を売却するときは不要でも、新しく車を買ったときには、車庫証明を取得する手続きを行う必要があるのです。

    車庫証明に関して言えば、購入店側で代行してくれる場合が多いでしょうが、自分で手続きすることもできます。

    多少面倒な手続きではありますが、手数料分が節約できますから、挑戦しても良いのではないでしょうか。

    車庫証明の手続きの際には、過去に所有していた自動車をどうしたか説明しなければいけないので、必要書類としては売買契約書が挙げられるでしょう。

    車を持っている人なら入ることが義務付けられている自賠責保険ですが、これは還付の条件を満たしていれば自動車を引き払うときに保険金が還付されることがあるのです。

    気になる条件とは、自賠責保険の残り有効期限が一ヶ月以上あって、廃車にすることを決めた場合です。

    売却するときはお金は戻って来ません。

    それから、戻ってくるお金がある場合にも勝手に振り込まれるわけではないのです。

    自らが保険会社に対して手続きをしてはじめて還付されます。

    自分が乗っていた愛車を売却する際には、できるだけ事前にきれいに掃除してから査定に出すことが大切です。

    きれいに掃除するわけは2つあります。

    1つめの理由としては、自動車査定士に車の扱いが丁寧であると好印象を抱いてもらえる可能性が高いところです。

    2つめは、車内にこびりついた汚れを落とすことでいやな臭いも少なくなるからです。

    車内でタバコを吸っていた人やペットを乗せたことがある人は、この辺は程度にもよって違いますが査定額に大きく影響すると考えて良いでしょう。

    車内に残っている汚れが臭いの元凶ですから、細部にわたって掃除を行うことでほぼ嫌な臭いの感じないところまで軽くする事ができるでしょう。