トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    ほとんどの中古車販売業者は良心的ですが、数は多くありませんが、中古車買取店舗の中には悪質なものも存在しています。

    その手口の一例を挙げると、見積もり査定を依頼する際に、「見積もりした後にその車を持ち帰っても良ければ査定額をアップさせることが可能ですよ」などと言われ、売却希望の車をなるべく早く引き取りできるように希望されて、車を引き取ったは良いが料金は支払われずに、その会社の連絡先がなくなっているという手口の詐欺も横行しています。

    一定の手続きを踏むことをしないで急いでその車を持って帰ろうとする会社は詐欺だと疑って掛かって良いでしょう。

    一般的に、中古車査定業務において査定する人が所持しなければならない国家資格はないのですが、民間の資格として国が後援する中古自動車査定士という資格があります。

    この資格は日本自動車査定協会(JAAI)によって認定される資格であり、中古自動車査定士は大型車と小型車の2種類存在します。

    学科試験や技能試験に受かることが必要で、半年以上の実務経験がないと取れませんから、この中古自動車査定士の資格所持者は、車の査定の腕前が一定以上であることがうかがえるのです。

    現在所有している車を手放そうと思案したときにお勧めしたいのが、インターネット上の車一括査定サイトで見積もりを出す事が選択肢としては有効です。

    複数の業者の見積もりを一度に比較検討出来ますから、自分であれこれお店に行って査定してもらわなくても高値で取り引きしてくれる会社をピックアップする事ができてしまうのです。

    もちろん、その上所有する車の資産価値が概算で今の段階でどのくらいの金額があるのかの目安を知ることができます。

    一括査定サイトなどに登録している業者は大抵、夜間でも無料で出張査定に来てくれます。

    夜間査定のほうが昼間の自然光よりもボディの傷が目立たないため、査定には有利であるという話も聞かれます。

    しかし、あまり気にする必要はないというのが本当のところだと思います。

    夜の査定は手元灯を駆使しなければいけない部分が増えますし、雨天も査定士にとっても厳しい状況ですから見落とす査定士もいるかもしれません。

    こまめに洗車してワックスコートが充分な車なら、晴天の屋外の方が光沢があって新しく見えますし、どちらが良いとは一概には言えません。

    一般的に年度末で決算でもある3月や賞与支給後の9月というのは酷暑も一段落した時期で、自動車のように高額な品物の売れ行きも良いものです。

    どの中古屋でも期間中になるべく多く売るには、仕入れも多くなければいけないと考えています。

    ですから査定金額も自然と上向きになります。

    いつまでに売らなければいけないというリミットがないなら、このチャンスを逃す手はありません。

    逆に決算終了後の4月には査定額が全般に下がり気味になります。

    修理しようもない状態になった車は全損扱いになりますが、一口に全損といっても2種類に大別できます。

    まずは大幅に修理不能な物理的全損と、あとひとつは修理費が車両保険で賄えない状態になってしまった経済的全損です。

    普通、保険会社から支払われる給付金の額は、流動的な市場評価額を基準にどんどん変わっていきます。

    JAAI(日本自動車査定協会)が発行するデータブックを使い、保険会社は相場の現況を知るようにしています。

    市場価格と保険会社が提示した金額に差があるなど疑問を感じた際は、そのままにせず、交渉に持ち込むという手もあります。

    乗っている車を手放そうとする際には、万が一故障している場合には査定スタッフに申告するようにしましょう。

    だからといって、査定前に修理することを勧めているのではありません。

    故障の程度によってマイナス査定にはなるでしょうが、予め修理を依頼してから査定に出すのでは逆に損をする結果になることが多いのです。

    買取業者が故障車を修理に出す費用と個人が修理するために出す費用では、業者が修理に出す方が大幅に安いのです。

    結局のところ、あらかじめ修理した費用以上の査定額アップは望めないため損してしまうのです。

    自動車を売ろうとする際に、業者に売るのではなくて、個人同士で売り買いするというケースもあります。

    中間業者が介在しない分だけ、売却する側はなるべく高く、購入する側はなるべく安く売り買いすることができます。

    双方に利益があると言っても、契約に関することは全部個人間でのやり取りですから手間暇を惜しまない姿勢が必要になりますし、支払いに関するトラブルが起きる危険性も増すでしょう。

    代金の支払い方法に関して言えば、なるべく分割払いを避けるとトラブルを避けることが出来るようになりますね。

    既に支払いを済ませた自動車税が月割りで戻ってくる場合があります。

    これはどのような時かというと、普通自動車を売りに出したりしないで廃車にしたときだけです。

    反対に軽自動車に関しては、自動車税は戻りません。

    そうはいうものの、税金を払ったばかりなどで残り期間がたくさんあるなどのケースでは、税金分を買取業者が査定アップしてくれる場合があります。

    しかしながら、自動車税のことについてしっかりと説明してくれるところばかりではないのです。

    じっさいに売ってしまう前に必ず聞いておくと良いでしょう。