トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    車を一円でも安く手に入れて、なるべく高く売るのが中古車販売店勤務の営業マンの仕事でしょう。

    買取販売店の従業員のセールストークをまるっきり信用してしまうのも考え物で、本来もっと高値で取り引きできたかもしれないケースも沢山出てくるかもしれません。

    前もってその車の査定金額の相場が何円相当かしっかりと調査しておいて、相場価格よりも安く提案された際に自分の方から駆け引きするつもりでいると従業員の売り文句に一矢報いることが出来るかもしれません。

    中古車売買に際して、1年1ヶ月以上車検が残ったままだと、買取店舗によっても多少の違いはあるでしょうが、だいたい数万円ほど見積金額が上乗せされます。

    しかしながら、車検まで1年以下しか残っていないときには車検までの残りがあったとしても見積もりに影響しません。

    残りの車検が長い方が査定に良い影響を及ぼすといっても、売る前に車検を実施してもあらかじめ車検をするために掛かった以上の金額が査定価格にプラスされることはありませんから、あらかじめ車検を実施してから売却するのは無駄だと言えるでしょう。

    修理したことがある車を修理歴車と呼称しますが、一般的には事故車と呼んでいます。

    そしてこの修理歴車は中古車査定においてかなり見積もりを下げてしまう元凶となります。

    しかし、修理したことがある全部の中古車が修理歴車として扱われるというわけではないのです。

    ボディーの骨格相当部分に修理が施されていなければ、外装のへこみなどを板金塗装してあったとしても通常の修理歴車扱いにはなりません。

    でも、修理歴車というレッテルは貼られなくても、査定時に修理した履歴がある車は見積額を低くされてしまうことも多いに考えられます。

    いくら売却したいと思っていても、査定のために業者のところに直接、車で行こうというのは良い方法とは言えません。

    他店での価格や市場相場に疎い状態で行くわけですから、足元を見られることもあり得ます。

    ただ、ひとつだけ有難いのは、「スピード」の一点に絞られるでしょう。

    現物はすでに店舗に乗ってきているのですから査定を待つばかりですし、契約に必要な印鑑(実印。

    軽は認印可)や書類一式が手元にあれば、乗り付けた日のうちに契約なんてことも充分可能です。

    訪問査定で車の現物を見る際、ペットやタバコのニオイがついたままの状態ではどうしてもマイナス査定になってしまいます。

    自分では臭いと思わなくても、いつも乗っているため車のにおいに慣れてしまって、他人に指摘されて初めて気づくことが多いです。

    こういうものは第三者の方がわかるので、身近な方に確認をお願いするのも良いかもしれません。

    消臭剤や芳香剤を使用しても消し切れるものではありませんから、マットや灰皿など洗えるものは洗い、車内はとことん拭き掃除をすることです。

    業者は年式や色といった机上データのほか、独自のポイントシステムで車の買取査定を行うのが普通です。

    その項目が基準点からどれだけ良いか悪いかを見た上で、客観的な価格決めを行うわけです。

    では、具体的にどのようなところがチェックされるのかというと、事故歴、修理歴、傷、故障、走行キロなどで、当然ながらメーター付け替えは違法です。

    これまで多くの査定をしてきたプロが査定するので、キズの目立ちにくい夜に査定に来てもらったり、なにかしら隠蔽工作を行っても、隠しおおせるとは思わない方がいいです。

    大変重要なことなのですが、契約書の文章をよく読んで内容を充分に理解することは、何も自動車の売り買いに関したことだけではなくていろいろな売買契約を行う際に非常に重要になってきます。

    サインをしたり印鑑を押してしまえば、契約書の内容はすべて法律的に有効になってしまうのです。

    契約書に書かれている自動車の状態は正しいか、お金に関するところで分かりにくい記載はないか、充分にみていくことが肝心です。

    疑問点が生じたら遠慮せずにスタッフなどに質問する姿勢は大事にした方が良いですよ。

    たとえ新しかったり高級車であっても事故歴があったり、10万km以上走っている過走行車などは、中古車屋からも引き取れないと言われてしまうことが多いです。

    残された選択肢はというと、少々面倒ですが廃車手続きをすれば自動車税の還付を受けることもできますし、事故車でも過走行車でも引き取るという業者を探してみるのも良いかもしれません。

    そのような店舗は使える部分の有無を見ていき、個別に査定を行うので必ず値段がつきます。

    専門業者と廃車ではそれぞれ異なるメリットがあるので、後悔がない方を選びたいものです。

    年間に1万kmという数値が、自動車業界が考えている標準の走行距離になります。

    但し、この数値はあくまで目安ですから、古い年式の自動車だったら1年間の走行距離数は幾分短く考えられるものです。

    車を買い取りに出す場合には走行距離数が少ない方が有利です。

    そうは言っても、車も機械ですから定期的に動かさないと却って不調になることが多いのです。

    走行距離数があまりにもその車の年式と釣り合わないと、単純に走行距離数が少ない方が査定額アップが大きいとは言えなくなってきます。