トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    中古車買取業者と自分との間に起きる可能性のあるとトラブルは幾つか存在しますが、トラブルの中には大変たちの悪いものもあるのです。

    例えば、査定金額を表示して納得して車を手放した後になって、ふたたび確認したら問題になる箇所が出たなどといわれて実際の買取金額は随分低くなってしまったケースも多いのです。

    最も悪質と思われる業者の場合は、その車だけを引き取って提示された金額が振り込まれないこともあるのです。

    詐欺まがいのケースに遭遇したときには、泣き寝入りせずに直ちに消費者生活センターなどに行ってください。

    ちょっとでも安価に買い取り、ちょっとでも高価に売るのが実際にプロと呼ばれるに相応しい中古車店の社員でしょう。

    販売店のスタッフの話を鵜呑みにするのもどうかというところがあって、買取相場よりもずっと低く売る羽目になる場合もあり得ます。

    実際の査定の前に適正な査定金額がおおよそ幾らぐらいか調べておいて、事前調査の価格よりも低く提示された場合に自分から交渉する心構えをしておくとプロのセールストークを上手にかわすことが可能になるでしょう。

    以前事故や故障を起こして修理などをしたことがある車というのは、万が一隠して買取査定に持って行っても直ぐにそれと分かってしまうのです。

    軽い損傷程度で済んでいて、適切な処理が施されているならば修理車と見なされない場合もあったりしますので、隠さずに素直に申告した方が良いでしょう。

    もし多くの買取業者で同じように「買取金額は0円です」と査定されてしまったときには、事故車や故障車を専門に扱う中古車買取店に持って行くと良いでしょう。

    売却査定において、タイヤの状態は所有者が思っているほどさほど価格に影響を及ぼすものではありません。

    とはいうものの、もしスタッドレスを履いているままなら、出来るだけノーマルタイヤに付け直しておくことをおすすめします。

    もしスタッドレスタイヤを履いた車を買い取ったら、冬場に路面に雪が残るような寒い地域以外ではノーマルタイヤの方が需要があるので、交換してからでなければ販売できません。

    ですから業者としてはスタッドレスは歓迎しませんし、タイヤ交換費の分をあらかじめ査定額から引いているというわけです。

    これから中古車買取り業者に査定をしてもらおうという場合はあらためて用意すべき書類等はないものの、売却する業者が決まって契約となると、最新の納税証明、車検証、自賠責保険証といった複数の書類を求められるでしょう。

    印鑑証明は軽乗用車なら不要ですが、普通乗用車の場合は役所にとりにいかねばなりません。

    さらに、苗字が結婚などの理由で変わっている時や、転居で住所地の確認が必要なときは提出書類は増えます。

    中古車屋に売ると決めたらあらかじめ書類を揃えておくと、売却手続きに要する時間を減らすことができます。

    ベビーシートやジュニアシートなどを取り付けたマイカーを査定するために業者が来るのであれば、はずしてから査定に臨む方がいいです。

    実車査定ではたとえブランド物のチャイルドシートすら採点される項目には含まれていないからです。

    ただ、チャイルドシートというのは中古でも人気が高い品物ですから、はずして単品で売却すればそこそこ良い価格がつきます。

    一部のブランド品などはこちらが思っているより高額で売れることがあります。

    中古自動車の売却の時には、もし故障しているところがあったらスタッフに言うべきです。

    申告は必要ですが、査定する前に修理しておくことはお勧めできません。

    どの程度故障しているかによっても評価が違ってきますが、あらかじめ修理することは逆に損をする結果になることが多いのです。

    買い取った後でお店側が修理に出すときにかかる費用と自分自身で修理してもらうときの金額とでは、買取業者が修理依頼する方がかなり安くなるのです。

    結局、事前に修理して査定額アップを狙ってもかかった費用分の上乗せは期待できないのですね。

    車を査定してもらうときには車検証だけあれば良いのですが、いざ売却するときには複数の書類が必要になってきます。

    普通自動車を売却するときには車検証のほかに印鑑証明書や実印、納税証明書や自賠責保険証やリサイクル券を用意しなくてはなりません。

    これらのうち納税証明書の紛失に気付いたときには、一般的な普通自動車と軽自動車の場合では再発行してくれるところは異なってきます。

    売ろうとしている車が普通自動車だったら都道府県の税事務所ですし、普通自動車以外の軽自動車は市役所などが受付窓口になるのです。

    場合によるのですが、自動車を売却したお金は課税対象となることがあるのです。

    個人所有の自動車であり、いつも通勤するために使っていた車ならば所得税はかからないようになっています。

    車の使用目的がレジャー等にまで広がってくると、所得税を支払う可能性もあります。

    車を売却した金額の方が、購入した金額よりも50万円以上高くなったときには所得税の課税対象です。

    個人事業主の場合で、その車を日常以外で業務使用しているときにはまた異なるルールがあるので、不明点は確定申告のときに税理士に相談するなどして対応してください。