トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    大きな中古車買取店のほとんどが、いつも様々なキャンペーンを展開しているといっても良いでしょう。

    これらの多くは車売却の際に受け取れるのが一般的ですが、中にはただで査定するだけで貰えるものもあるのです。

    もっと具体的にいうと、ある特定のWebサイトから無料査定を行うと一定のポイントが貰えるなどです。

    無料見積もりを行うだけで買取をしなくても特に問題はありませんから、査定だけでポイントがもらえるキャンペーンを見付けたら自分も実施してみると、ポイントがたまって相場も分かって2倍お得ですね。

    過去に修理を行った形跡がある車を修理歴車と呼びます。

    この修理歴車は中古車査定時に見積額が大きくマイナスされる要因の一つになるのです。

    しかしながら、修理歴のある車が全部修理歴車の扱いを受けるというものでもありません。

    車のいわゆる骨格に相当する部分にまで修理が及んでいなければ、車体の傷やへこみを板金塗装したりドア交換したりしてもとくに修理歴車になるわけではないのです。

    そうは言っても、修理歴車には相当しなくても、過去に修理した履歴がある車は減額対象になるケースが多いのです。

    一般論を言うと、買取専門店などに車を売った際に査定書は出してもらえず、望んでもくれない場合が大半です。

    資産証明(自己破産申告や遺産相続などで必要)をする場合などで車の査定金額が明記された証明書が入り用になったときには、日本自動車査定協会、通称JAAIに車の査定をお願いしなければいけません。

    日本自動車査定協会の事業所は国内に50ヶ所以上あって、無料で査定してくれるわけではありません。

    さらに、少々面倒ですが、事前予約制となっているのです。

    延べ走行距離が10万キロ近いかそれ以上の車は、いわゆる過走行車という扱いになり、査定サイトなどを使って売ろうとしてもタダ同然になることが多いです。

    車は命を預ける乗り物ですから、安全性を考慮して過走行車や事故車は敬遠されるのが普通です。

    そんな時は最初から普通の買取業者ではなく、走行距離数の多い車を専門に扱う業者や事故車を取り扱っている販売店などに相談するなどの工夫が必要です。

    もしくは買取りはあきらめて、ディーラーでの買い替え時に下取りに出せば、「今後のお客様」相手ですから、それなりの価格を提示してくれるでしょう。

    車の現物を見て査定してもらう時は、買取業者のところに車で行くのではなくて、自宅まで来てもらうといった手段もありますから、考慮してみてはいかがでしょう。

    中古車買取業者のほとんどが無償で出張査定を行っています。

    ですから同じ日に何社かに来てもらい、いわゆる相見積もりの状態にすることも出来ます。

    競争心が生じるわけですから、結果的に高額査定に結びつくのです。

    査定結果に納得し、これから契約書にサインして売買手続きを進めるとなると、必要に応じていくつかの書類を整えることになります。

    また、軽自動車は認印で契約できますが、普通乗用車は実印と印鑑証明書が必須といった違いがありますから、不明点があったら営業担当者に確認してください。

    必ず必要になるのは車検証で、そのほか車の自賠責保険証、リサイクル預託証明書(もしくは自動車リサイクル料金の預託状況でも代用可)、(軽)自動車税の納税証明書が必須です。

    また普通乗用車の場合は実印と印鑑証明が必要で、軽自動車ならスタンプ印以外であれば認印で構いません。

    よって印鑑証明書も不要です。

    親友などに愛車を買い取ってもらう場合には、ややもすると支払いの約束などが適当になりがちです。

    自動車を売ると言うことは多額のお金が動く事柄ですね。

    どんなに親しい間柄だったとしても、いつまでに車の名義変更をするのかやいくらで売るのか、その支払い方法はそうするのかなど、重要項目についてはきちんと書面に書き残しておくべきです。

    口頭で軽く言い残すだけの人とは、いくら親しい友人でも後からトラブルが起きる可能性が高いので、いい加減な気持ちで売買するのはやめるべきです。

    大変重要なことなのですが、契約書の文章をよく読んで内容を充分に理解することは、何も自動車の売り買いに関したことだけではなくていろいろな売買契約を行う際に非常に重要になってきます。

    サインと捺印をすれば、契約書の内容は全部法律的な効力を持ったことになるのです。

    書かれている車の状態は間違っていないか、トラブルになりやすい金銭面でのあいまいな部分はないか、丁寧に一つ一つ確認していくことが必要でしょう。

    何か引っ掛かる点があったら遠慮せずに担当者に相談したり質問したりすることも重要になってきます。

    基本的に改造した車は車検を通すことができませんが、このような車でも買取りしてもらうことはできます。

    但し、普通の買取専門店では必ずしも買ってくれるとは約束できませんし、査定額が期待できない事を肝に銘じておいた方が良いかも知れませんね。

    このようなときには改造車に理解があって、ちゃんと販売ルートも持っている改造車専門店で売却する方がメリットが多いでしょう。

    程度にもよりますが、一般の買取店では出せないような高い査定額を提示してくれる可能性があります。