トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    オンラインの車一括査定サイトを使うときの要注意項目として、一番高値で見積もった業者が必ずしも優良業者ではないかもしれないと言うことが挙げられます。

    多くの中古車買取業者の査定を見比べたときに、査定金額の平均よりも一段飛び抜けた高値を表示してくる店舗があればちょっと注意した方が良いです。

    取り引きを実際にする際、中古車買取の契約が先に済んでからあれこれ難癖を言われてしまい事前に見積もった金額よりも実際の買取額が極端に低くなるかもしれないのです。

    買取希望の車のボディーにへこみなどがあるケースでは査定の際に低く見積もられることが大半です。

    そうはいっても、それを回避しようとして買い取りに出す前に個人でキズなどを修復することは止めた方が良いでしょう。

    自分でキズやへこみを直したといっても、修理費用以上に査定額が上昇する場合はあまりないからです。

    売却予定の車を個人で修理するよりも、その中古車を引き取った後に、販売店の方で提携の修理業者にお願いした方が修理費用を低くできてしまうから、買取金額をアップしてくれる可能性は低いのです。

    なるべく手持ちの車を高く売ろうとして中古車の買取専門店と査定金額の交渉を行う際に肝心になってくるのは、簡単に自分から希望の金額を口にしないことです。

    査定相場金額を確認した上で交渉に臨んでいるのならば良いのですが、相場の金額を確認していないのならば相場の価格よりもずっと低い価格を自分で提示してしまうかもしれないので、このようなときには絶対損をします。

    価格交渉をスタッフとしようと思っているのならば、交渉する前にはきちんと下調べして相場を把握しておかないといけませんね。

    見積りに来てくれた中古買取業者から好条件の見積りを引き出す秘訣は何だと思いますか。

    ただヨロシクお願いしますではいけません。

    金額の折り合いがつけばすぐにでも契約する姿勢を見せて、好条件を引き出すのです。

    商品となる車の引取りの日にちがここで決定するとなると業者としてはこれからの販売見込みがはっきりするので、提示価格への上乗せを求めても比較的うまくいくわけです。

    過失ゼロの状態で追突事故に遭い、その後、修理して乗るというケースは案外多いものです。

    ただ、それはそれでつらいですが、あとでディーラーの下取りや中古車買取に出す際は事故車扱いになりますから、事故歴がない車と比べて査定額が極端に下がることも予想されます。

    原因となった事故の相手にこの損失について補償を求めるとなると、ケース別に判例が多すぎてなんとも言えません。

    保険だけで解決しようとする場合、当事者間で話し合っても当の保険会社としては何ら支払いをしてくれない場合が多いです。

    やむをえず訴訟に踏み切ることも視野に入れた上で弁護士事務所などと話し合ったほうがいいかもしれません。

    中古車を売却した場合、業者からの入金はその車の売買契約を結んだ日から一週間程度かかるのが普通です。

    もし査定金額に満足してその場で契約を決めた場合でも、実印がなかったり必要書類が不足していれば本契約したことにはなりません。

    出来る限り最短で売却代金を手にしたいのであれば、業者による査定の前に、納税証明や印鑑証明などの書類を準備しておくことが大事です。

    必要な書類は軽自動車と普通乗用車の場合とで異なりますから、注意してください。

    また、住所や姓などの個人情報が変わっている人も別途書類が必要になります。

    自動車保有者の全員が加入を義務づけられているのが自賠責保険ですが、この保険は一定の条件が整えば車を引き払う際に保険金の還付を受けることが可能なのです。

    気になる条件とは、そのまま廃車にする場合で、そのとき自賠責保険の残りがひと月以上余っているケースです。

    自動車買い取りに出したりして売る場合には保険金は還付されません。

    更に、保険金の還付があったとしても勝手に振り込まれるわけではないのです。

    保険会社に対して自分自身で書類の手続きをしなければ還付されるものではありません。

    中古車売買は査定に始まり売却で終わります。

    流れとしては、手始めに査定サイトなどから申し込み、現物確認なしの仮査定額をチェックします。

    次に実物の状態を業者が確認した上で、実際の査定額(買取額)が提示されます。

    思ったより低い額なら断って別の業者に来てもらうこともできますが、いずれにせよ満足な価格になったところで契約書を交わします。

    引渡日当日になったら業者に車とカギを渡し、無事に手続き全般が終わったところで売主の口座に売却代金の振込があります。

    自己所有の中古自動車を査定に出す際には、ボディーに目立つ傷や凹みなどがあるときには減点されます。

    目立ってしまう傷や凹みを自分で修理しようとするのは良くありません。

    修理の腕に長けていなければ、パッと見たときには素人目で綺麗でもプロの目からすれば綺麗に見えないこともあるからです。

    でも、見積もりに出す前に車の修理を依頼する方が良いという事ではないのであらかじめ知っておくと良いでしょう。

    プロの腕で修理した費用分以上に見積額が高くなるとは考えられず、結果的に自分が損をしてしまうだけだからです。