トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    たいていの場合、中古車買取専門店においては、車を査定するために要する時間というのは単純に待っているだけの時間を除外すると10分少々です。

    これは現時点における車種ごとの中古車オークション相場などを参考にして事前にベースになる中古車の査定金額が決められており、ベースになる査定額から車のパーツの状態、それに走行距離などを目視して、これらに応じた加算や減算をすることによって最終的な価格を決定することが可能だからです。

    買取査定のために各店舗に行く時間がない場合などには、多くの店舗が、業者の方から自宅などに来てくれる出張査定があります。

    自動車査定スタッフが実際の車の在る場所まで出向いて査定をしてくれて、見積金額を教えてくれます。

    出張査定は一気に沢山の会社に来てもらうこともできます。

    このように複数の会社に同時に依頼することで時間も節約可能ですし、同じ時刻に居合わせたスタッフの間で査定額の競争が行われるので最終的にその車の査定金額が高く提示される可能性が出てくるのです。

    自分の中古車をちょっとでも良いから高く買い取ってもらいたいならば、実際に査定に出す前にしっかりとキレイにしておくことが重要です。

    以前修理してもらった箇所や事故歴は消せませんし、隠そうとしてもすぐにバレてしまいます。

    一方、嫌な臭いだったり、汚れたシートやカーペットなどはセルフメンテである程度は消滅可能なのです。

    それから、車中は禁煙にすることがもはや常識のようなところがあるので、タバコ臭が残留しているとそれだけで査定が低くなるので、できるだけ除去しておくようにしましょう。

    もしチャイルドシートをつけたままの自動車を売却するのでしたら、はずしてからのほうが良いでしょう。

    基本的にチャイルドシートは査定の際にプラスになることはまずないからです。

    そもそもベビーシートやチャイルドシートは需要が高いため、それだけで売りに出してもきちんと値段がつくものですし、美品のブランド製品などは思いがけず高値で処分できる場合もあります。

    車の査定を夜間や雨の日にしてもらうと総じて査定額が高くなるという俗説があります。

    晴天ほど車体のキズがくっきり見えるわけではないので、減点を受けにくく、結果として高額になりえるという理屈です。

    現実的な目で見れば、そこまで細かく考えず、来てくれるならいつでもという構えで数多くの買取業者に車を見てもらい、値段をつけてもらう方が良いに決まっています。

    誰だって自分が契約を取りたいに決まっていますから、査定の金額も高くなるからです。

    スリップサインが見え始めたような使い込まれたタイヤでも、査定のためにタイヤを交換するのは意味のないことです。

    車本体は交換が効きませんがタイヤならすぐ替えられますし、中古車販売店の方で別のタイヤに交換してから売るのが一般的ですから、交換した甲斐がありません。

    タイヤは交換が容易な消耗品ですから、車全体の査定額に及ぼすマイナスは微々たるものです。

    タイヤを交換するなと言うわけではありませんが、もし交換しても査定額アップは期待できないですから、掃除するだけに留めるほうが無難です。

    支払った自動車税が月割りで戻ってくるのは、普通自動車(軽自動車は含まない)を売らずに廃車にしたときだけです。

    反対に軽自動車に関しては、還付金はありません。

    しかし、自動車税を支払ったばかりで残りの期間が相当月ある場合などは、残っている税金分を査定額アップという形で買い取ってくれることもあります。

    税金分を上乗せしてくれる業者があると言っても、税金分の扱いについてきちんと説明してくれる買取会社ばかりではないでしょう。

    売却の契約を交わす前に確認しておきたいことのひとつと言えます。

    当然かもしれませんが、自動車を売買するときには、車体にキズなどがないに越したことはありませんね。

    かといって、素人が個人で直してしまおうと頑張っても、専門家の目で見たら余計に傷が浮いてしまうようなことがあるのです。

    きれいに乗っていても勝手に付いてしまう薄い傷などは、あまり査定額減少の対象とはならないケースが多いのです。

    自動車修理をしたことが無い人がほとんどでしょうから、頑張って自分でやってみようと思わずに、そのまま見積もりに出した方が良いかも知れません。

    大きな契約の時には特に、充分な注意力を払っているでしょうがそれでもなお、事前に予測できないいざこざに遭遇してしまうケースがあるのです。

    車を売るときにたまに見かけるケースとしては、売却成立後に何か問題点が見つかったので買取金額から差し引くと通達される場合があるのです。

    売却する際に売り手側が事故歴などを隠蔽していたのならばわざと申告していなかった売り手側が悪いです。

    わざと隠し立てしていたりしなければ、査定するときにあらかじめ確認しなかった方が責任を取るのが普通ですから、自ら承服する必要はないと言えます。