トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    特別に車の査定に関してだけではなくて、ジャンルの如何にかかわらず言えることですが、レビューには絶対と言って良いほど否定的なものがあります。

    何個かの否定的なレビューを見付けたとしても、数個の悪いコメントだけに左右されてしまうと何も出来ない状態になってしまう場合もあるでしょう。

    皆さんのレビューはあくまで参考程度にとどめて、まずは一歩を踏み出して無料査定を申し込んでみて、その瞬間に自分が持った印象を判断材料にしていくことがより良い選択ができる要となるのです。

    売却予定の車を査定に出したときに、残念ながら買取額はつきませんと言われるケースもままあります。

    売却予定の車が走行距離10万km以上だと過走行と呼ばれる状態で査定が0円だったり、大きな事故を起こして修理したことがある車などは買い取り金額がつかない可能性が出てくるのです。

    多くの中古車買取店を回ったとしても同様に査定額がつかないケースでも、廃車専門店へ買い取り依頼することもできますから、買い取ってもらうことを断念する事はないのですよ。

    あちこちの中古車買取店を回ることなく、たくさんの買取店の査定額を比べることが可能なのが、インターネットを利用した一括査定サイトの利点です。

    時間的余裕がない人でも、複数の査定がいっぺんに出来てしまうのは素晴らしいですね。

    しかしながら、いっぺんに沢山の買取業者に見積もりを依頼している以上、メリットばかりだけではなくて、電話連絡が複数の会社から一気にかかってくるでしょう。

    そのうち電話に出ることが嫌になってしまったり、何度も何度も電話をかけてくる業者が存在するデメリットもあることを承知した上で利用すべきでしょう。

    中古車を買い取る業者から出来るだけ高額な査定を得るためにはそれなりの努力が必要です。

    業者はせっかく来たからには契約を取り付けて帰りたいわけで、金額さえ満足なら即決してもいい位の意思がある旨をアピールすることです。

    買取対象車を引き取る日時を決めてしまえば営業マンも中古車として販売する前の下準備の段取りがだいたい描けるので、買取金額アップを持ちかけてもスムーズにいく可能性が高くなるのです。

    買取業者が車の代金を振り込んでくるのは、契約日から数日、ないし一週間後とみておけば良いでしょう。

    実車の査定に訪れた日に契約の意思を伝えていても、用意すべき書類が足りないと本契約したことにはなりません。

    売却代金を早く受け取りたいと思ったら、中古車買取業者に査定に来てもらう以前に納税証明や印鑑証明などの書類を準備しておくことが大事です。

    それと、普通乗用車は軽自動車とは必要書類が違い、実印も必要ですから業者のホームページなどで確認しておくことをお勧めします。

    過失ゼロの状態で追突事故に遭い、自分の車が大破。

    それだけでも深刻なのに、事故歴があるとして下取りでも買取査定でも、査定額が全然違うというのは珍しいことではありません。

    恨めしいところですが、事故の相手にはこのマイナス分は請求できるのでしょうか。

    それはまさにケースバイケースで、どのような判定になるかはわかりません。

    保険だけで解決しようとする場合、当事者間で話し合っても当の保険会社としてはその部分については保険対象外とすることが殆どです。

    やむをえず訴訟に踏み切ることも視野に入れた上で弁護士事務所に相談する以外、手はありません。

    車の売却を済ませた後から、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金の減額もしくは契約の解除などを通達してくる事があるのです。

    事故歴や故障歴を隠蔽して売却したのならば自分の方が非難されるべきですが、査定スタッフが見落とししていたことに起因するものであれば売る側に何も責任は無いでしょう。

    業者が納得いかない言い分を通そうとしている場合には、近くの消費生活センターなどに行き、買取業者ともめている旨を相談してみるときっと良い方に解決するはずです。

    自動車というものは頻繁に乗らなくても維持費は一様にかかってくるものです。

    公共の交通機関が自宅周辺に沢山あって、車を持っていなくてもそれ程困難を感じないのならば売りに出してしまうことで家計がかなりスマートになるでしょう。

    維持費の内訳を見てみると、自動車税や自動車保険料、車検や定期検査の代金、別に借りている場合には駐車場代などがあります。

    以上の合計金額を計上すると、およそ年間数十万円にもなる場合だって珍しくありませんからビックリですよね。

    全部を自分自身で手続き可能な予備知識と時間さえあったなら、個人間の取り引きの方が間に業者を介在させないため一番高値になりやすいでしょう。

    個人売買するときにいざこざが起きやすいのが名義変更関連と支払い関連なのです。

    前者については、双方が決めた月日までに必ず行ってもらうことを念書にしたためるようにして下さい。

    後者の場合には1回目だけ支払ってそれ以降は逃げられてしまうことがないとも限りませんので、現金一括払いのみで対応すると余計な金銭トラブルは起きないでしょう。