トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    買取業者に見積もりを出してもらうときに入り用になる書類は、車検証と自賠責保険証明書の二つなので誰でも直ぐ分かるところにあるでしょうから、あれこれ必要書類をかき集めることはしなくて大丈夫でしょう。

    売買契約を結ぶときには車の名義変更が必要になってくるので、印鑑証明書や自動車税納税証明書などの何種類かの書類が入り用になってきます。

    引越や結婚などで姓や住所が違って、車検証や印鑑証明の記載内容と違ってしまっている場合には追加の書類が何枚か必要になってくるので、身辺の移動があったときには売却に関しての必要書類を早めに確認しておくと良いでしょう。

    買取業者との間で車の売却の時に発生するかもしれないトラブルには何個かあるでしょうが、中にはとても酷いケースもあります。

    例えば、査定金額を表示して納得して車を手放した後になって、再度チェックしたら問題が出てきたと実際の買取金額は随分低くなってしまったケースも多いのです。

    最も悪質と思われる業者の場合は、中古車だけ取られてお金が入ってこない場合もあるのです。

    詐欺まがいのケースに遭遇したときには、泣き寝入りせずに直ちに消費者生活センターなどに行ってください。

    知っておいて損はないでしょうが、中古車買取の市場においては、大手の買取会社と小中規模の買取店舗では査定するときの姿勢が違って当然だと言うことです。

    お金を沢山持っているし、専用の販売ルートもある大手の場合は、積極的に買取を行っていきます。

    その一方で、基準に則った買取価格しか表示できず、価格の交渉をしようにもあまりその余地がないのが一般的です。

    反対に小規模の買取業者などは一車種ごとに競りで販売することが主ですから、その車を査定した従業員の判断に任される部分が大きいので、これはイケるだろうと思ってもらえればかなり見積金額が高くなる事もあり得るのです。

    見積りに来てくれた中古買取業者から好条件の見積りを出してもらうにはある種のコツが不可欠です。

    業者はせっかく来たからには契約を取り付けて帰りたいわけで、金額の折り合いがつけばすぐにでも契約する意思がある旨をアピールすることです。

    商品となる車の引取りの日にちがここで決定するとなると業者としては今後の販売プロセスが明確になりますから、買取金額アップを持ちかけてもスムーズにいく可能性が高くなるのです。

    ジュニアシートやベビーシートなどを付けた乗用車を査定するために業者が来るのであれば、はずしてから査定に臨む方がいいです。

    車の査定は車本体が対象であってチャイルドシートの有無は無関係なのが普通だからです。

    しかしながらチャイルドシートのように使用時期の限られるものは購入希望者は多いため、はずして単品で売却すればそこそこ良い価格がつきます。

    一部のブランド品などはこちらが思っているより高額で売れることがあります。

    中古車として改造車を売却する際、改造はどう査定に響くのかというと、実際に車を見てみなければ何とも言えません。

    仮に改造に使ったパーツが売れ筋商品であれば評価も多少加点してもらえる可能性があります。

    しかし後付けパーツですから本体とは劣化の仕方も違い、状態が悪ければ外す必要があるので、その分だけ減点されるはずです。

    それから、買い手が躊躇するほどエキセントリックなものも、買い取って販売することを目的とする業者としては、迷わず減点対象にするはずです。

    減点対象は少ないほど良いので、改造車は極力ノーマルの状態にして査定を受け、市場ニーズのあるパーツはカスタムショップやオークションで売ると良いでしょう。

    支払った自動車税が月割りで戻ってくるのは、普通自動車(軽自動車は含まない)を売らずに廃車にしたときだけです。

    反対に軽自動車に関しては、還付金はありません。

    しかし、自動車税を支払ったばかりで残りの期間が相当月ある場合などは、残っている税金分を査定額アップという形で買い取ってくれることもあります。

    税金分を上乗せしてくれる業者があると言っても、税金分の扱いについてきちんと説明してくれる買取会社ばかりではないでしょう。

    売却の契約を交わす前に確認しておきたいことのひとつと言えます。

    当然かもしれませんが、自動車を売買するときには、車体にキズなどがないに越したことはありませんね。

    かといって、素人が個人で直してしまおうと頑張っても、専門家の目で見たら余計に傷が浮いてしまうようなことがあるのです。

    きれいに乗っていても勝手に付いてしまう薄い傷などは、あまり査定額減少の対象とはならないケースが多いのです。

    自動車修理をしたことが無い人がほとんどでしょうから、頑張って自分でやってみようと思わずに、そのまま見積もりに出した方が良いかも知れません。

    大きな契約の時には特に、充分な注意力を払っているでしょうがそれでもなお、事前に予測できないいざこざに遭遇してしまうケースがあるのです。

    車を売るときにたまに見かけるケースとしては、売却成立後に何か問題点が見つかったので買取金額から差し引くと通達される場合があるのです。

    売却する際に売り手側が事故歴などを隠蔽していたのならばわざと申告していなかった売り手側が悪いです。

    わざと隠し立てしていたりしなければ、査定するときにあらかじめ確認しなかった方が責任を取るのが普通ですから、自ら承服する必要はないと言えます。