トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    ウェブ上の中古車一括査定サイトの中には、個人の名前などの情報を記載せずに査定可能なサイトもあります。

    せっかく査定を依頼しても結果の連絡を受けなくては意味がないので、結果を知る連絡手段だけは記載しなければなりませんが、なるべく個人情報を開示したくないという人には便利なサービスですね。

    それから、電話なども公開せずに相場が前もって分かるためには、売却予定の車種などを製造メーカーのホームページの専用フォーマットに入力すれば、おおよその相場を知ることができます。

    参考価格が分かると言っても、ザックリしたものでしかありませんから、個々の車の事情を加味したものではないので、あまり参考にはならないことでしょう。

    オンラインで簡単に申し込める中古車の無料一括査定サイトを利用すると、売っても良いと考えている車のおおよその査定相場を知ることが可能なのですごく便利ですね。

    ネット環境が整っていれば端末は何でも良いので、電車やバスの移動中など少しのスキマ時間でも充分に利用できます。

    しかし、注意しなければいけない点は、申し込んだ買取業者から電話攻勢が一斉に来るようになるため、一気に電話で連絡されるのが嫌だったら、連絡手段がメールのところを探して利用するようにしてください。

    高い値段で中古車売買するコツは、一軒だけの見積もりで納得してしまわずに見積もりを多数の店舗で行ってもらうのが最も良い方法でしょう。

    ほかの会社が出した査定額を提示することで査定金額が変化することがたくさんあります。

    多くの会社に一度に査定依頼をするには無料一括査定サイトを利用するのが有効ですが、この際にやたらと高い金額を表示してくる会社はもしかすると詐欺に遭う可能性もありますから十分注意する必要があります。

    車を売却する一括査定サイトがあるように、自動車保険専門の一括見積サイトといったものも登場しています。

    すべての自動車保険は年限が限られており貯蓄性はなく、共済と同じように掛け捨てタイプなので、続けるほど得というものではありません。

    ということは、好条件を提示している他社があるのならさっさと乗り換えても、なんら損することはありません。

    自動車保険一括見積りサイトの運営費は協賛各社から出ているため、無料で利用でき、たった一度の入力で複数の保険会社の掛金や保障内容を見ることができ、時間も手間も格段に減らすことができる点は魅力的です。

    あとで後悔しないために、中古車屋と売買契約を結ぶ際はけして疎かにしてはいけない点があります。

    そんなことぐらいと思われるかもしれませんが、契約書によく目を通して内容を把握することです。

    細かい文字まで読まないという人も多いですが、契約書というものは本人が署名押印していれば読んで了承したことになり、法的にも有効です。

    口頭で説明されたとおりのことが契約書に記載されているか、ことに値段、手数料といった金額に関連した文言はかなり注意して読まなければいけません。

    細かいところまで読んでから必要であれば質問して、納得してから契約に進みましょう。

    車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は買取り業者による査定の際は、走った分だけ減点評価されるのが普通です。

    あくまでも業界のセオリーではありますが、5万キロ超走った車は多走行車という扱いでマイナスがつきます。

    極端なところでは10万キロ以上走った車は過走行車と言われ、ほとんどの業者はゼロ円を提示してくるでしょう。

    しかしまったく売却不能というわけではなく、まだ道は残されています。

    中古車買取店の中には過走行車をメインに扱う業者というのもありますので、そこに査定を頼むと細かくパーツ分けした査定を行って、それなりの額で買い取ってくれるでしょう。

    どの程度残っているかにより事情は違いますが、車検は自動車査定の金額に影響を与えます。

    当たり前かも知れませんが、車検が切れてしまっている自動車よりも車検が長く残っている自動車の方が良いに決まっています。

    しかしながら、車検の残りも1年残っていないようだと査定金額にはほとんど影響しないと言えます。

    車検期間が短いと査定アップしないからといって、車を手放す前に車検を通すようなことはしない方が良いでしょう。

    車検にかかる費用と査定価格に上乗せされる価格とでは、前者の方が高く付くケースが多いため結果的に損をしてしまう可能性が高いのです。

    車を売却しようと考えたときに取り得る行動としては、買取業者に売ること、第二にディーラーに下取りしてもらう方法があり、自ら自動車オークションに出してしまう方法も存在します。

    オークションをするときには、売ろうとする車の画像や説明文をなるべく他人が読んで分かりやすく表記することが面倒なトラブルを回避する上で避けては通れない事柄です。

    さらに言えば、売却が成立してしまう前にその自動車の現物を観察してもらうことは重要です。

    その他の大切だと思ったことは書面にしたためてサインや印鑑を押してもらって、二人が持っているようにすれば良いでしょう。

    自分の車を買取会社に買い取ってもらうのと、ディーラーに下取りしてもらうののどちらが良いかは、あなたが何を優先するかによってどちらが良いかが変わります。

    優先順位が楽な方が良いということであれば、ディーラーに下取りに出した方が簡単です。

    車を売ることと買うことの両方が一緒にできるので、楽チンですよね。

    それに対して、ちょっとでも高く車を買い取ってもらいたいという希望があるならばディーラーよりも中古車買取業者にお願いする方がベストな選択です。

    一社で納得せずに、多くの買取業者に査定を依頼する事で、査定額を上げることも可能になります。