トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    ほとんどの場合、大企業の中古車買取店舗では、多くのキャンペーンを常時開催していることでしょう。

    景品等の多くは車を売ることで受け取ることができますが、中にはただで査定するだけで貰えるものもあるのです。

    詳細は、ある決まったホームページから無料の中古車査定を実施するとネットで使えるポイントが受け取れる等のシステムです。

    無料見積もりを行うだけで買取をしなくても特に問題はありませんから、こんなキャンペーンを行っているのを見付けることがあればぜひ査定してみるとお得ですね。

    中古車を少しでも高く査定してもらいたいときには、実際に査定に出す前に思いっきりクリーニングしておくと良いでしょう。

    修理や事故の記録は残りますから、隠し通すことはできません。

    しかし、車についた汚れや臭いなどに関しては幾らかは個人個人で対処することにより落としたり消したり出来るでしょう。

    中でも喫煙の習慣があった人は、悪臭が漂っていると減額対象になりやすいので、消臭スプレーなどで取り除く努力をしましょう。

    中古車の査定額の基準はいろいろあります。

    その中でも、非常に大きく関係するのが走行距離です。

    一般的には、走行距離が伸びるにしたがって、徐々に査定額がダウンしていくことになります。

    5万kmを越えた車は一般的に多走行車と呼んでいて、中古車の見積額をマイナスにする要因となり始めることがあるのです。

    総走行距離が10万kmより多い車は「過走行車」と呼ばれて、ゼロ円査定になってしまうケースもままあります。

    車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は業者の査定ではマイナスとなります。

    共通認識として多走行車は5万km以上走った車で、減点対象で安くなってしまいますが、さらにその上をいく過走行車は走行キロ数10万以上で、価格がつかないこともあります。

    しかしまったく売却不能ということではないので安心してください。

    中古車買取店の中には過走行車をメインに扱う業者というのもありますので、そこに査定を頼むと使用可能な部位ごとに価格を算出していき、相応の値段をつけて引き取ってくれます。

    自動車の年間走行距離というと、自家用車に限って言えば1年で普通、10000kmが目安と言われます。

    走行距離が50000kmを超えたあたりで多走行車という扱いになって業者が査定をする際もそこは減点対象にしますし、過走行車といって走行距離が10万キロ以上の車は査定額は限りなくゼロに近づいてしまいます。

    その一方で、走行距離が短い車というのも問題です。

    マシンの状態を正常に保つにはある程度の駆動が必要で、年式に比して走行距離が極めて少なかったりすると、逆に駆動部分が極端にへたっていたり、状態が悪化している場合があり、あまり歓迎されません。

    なるべく高く売りたいなら複数の業者に競合見積もりさせるべきですが、そのためには車の買い取りの一括査定サービスを行っているサイト等を有効利用すべきです。

    PCだけでなくスマホからも申し込めるため、外出先で友達と相談しながら、あるいは自宅でのんびりしながらマイペースで査定依頼できます。

    簡易査定の数字が出たら、査定額の高いところから順に価格や条件の交渉をします。

    たまに執拗な勧誘を繰り返す業者がいますが、そのようなところはあとで嫌な思いをしないためにも早いうちに断るほうが良いかもしれません。

    もう既に支払い済みの自動車税が残りの月数分返却される事があり、これは普通自動車を売却しないで廃車にしたときだけです。

    普通自動車ではなく軽自動車の場合には、税金の還付はありません。

    しかし、自動車税を支払ったばかりで残りの期間が相当月ある場合などは、買取店側が税金分を査定金額に上乗せしてくれるケースが多いでしょう。

    良心的な業者があると言っても、査定の時に税金分はどうするかについてしっかりと説明してくれるところばかりではないのです。

    売却契約をする前に確認しておきたいことの一つですね。

    車を売却しようとしてウェブ上の見積りサイトで査定依頼を出すと、実車査定を勧める電話がひっきりなしにかかってきます。

    面倒であれば、同じ査定サイトでもメール連絡のみのところをあらかじめ利用するようにすると良いでしょう。

    非常識な買取店になると相手の都合も時間帯も完全に顧みず電話攻勢をしかけてくる場合もないわけではありません。

    連絡先をメールにしておくと、家族や仕事先に迷惑をかける心配もありません。

    自動車を売却する際には書類が何点か必要になります。

    そうは言っても、車に関わる書類を紛失したりせずに一箇所にまとめて保管していて、且つ結婚などによる姓の変更や引っ越しなどで住所の変更がないのであれば、自分で新しく取ってくる必要があるのは印鑑証明だけなのです。

    また、印鑑証明書は車を売却する際だけではなくて車を買うときにも必要になってくるので、2枚同時に取ってくると手間が省けて賢いですね。

    また印鑑証明書の有効期限は発行した日から3ヶ月間となります。

    車を実際に売ることを決定したらすぐに取得しておくと、あとから売買の手続きがスムーズに行くことを実感できるでしょう。