トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    中古車買取の業者が出してきた査定金額に自分が納得できなかったときに、売るのを止めても特に問題は発生しません。

    多数の業者に査定してもらい一番高い査定額を表示してくれた店舗で契約する方が賢い選択です。

    その一方で、現実的に契約を結んでからのキャンセルはできないか、キャンセルできても賠償金を請求される事が多いでしょう。

    賠償責任の有無などに関しては契約書に詳細を明記する決まりですので、契約するときはどんな時でも全文に目を通すクセを付けた方が良いでしょう。

    専門家の査定士には簡単な嘘はあっと言う間にバレてしまいますよ。

    実際には事故を起こしたり修理をしたことがあるのに、査定金額が低くなってしまうのが嫌でそんなことはないと言ったとしても嘘は調べれば分かるものです。

    それに、ウソをついてしまったという事実があると担当者との信頼関係はもう絶望的になるでしょう。

    結果的に、厳しい見積額を提示される可能性が起きても何ら不思議はありませんから、査定する車の状態については隠し立てしないようにした方が良いですね。

    中古車売買の金額をアップさせるために車の買取専門業者と査定金額の交渉を行う際に需要となってくることは、簡単に自分から希望の金額を口にしないことです。

    価格交渉以前に相場を確認しているのなら構わないでしょうが、確認してないのならば実際の査定相場よりもグッと低い金額を自分から言ってしまう可能性が出てくるので、価格を低めに言ったときには確実に損します。

    査定金額についてちょっとでも業者と交渉しようと考えているならば、交渉前に充分に下調べしてから行かないとみすみす損をしますよ。

    夕方以降や雨天など暗い時を狙って車の査定に来てもらった方が金額的に有利だという意見は根強いようです。

    ボディのキズやへこみが薄暗さに紛れてしまうため、マイナスポイントがつきにくいというのがその根拠だそうです。

    とはいうものの、見逃す程度の擦りキズが大幅に査定に響くことは考えられません。

    実際にはいつ来ても構わないという気持ちで数多くの買取業者に車を見てもらい、値段をつけてもらう方が利益は大きいのではないでしょうか。

    来たからには見積りに勝って契約をとりつけて帰りたいという競争心が働きますし、査定の金額も高くなるからです。

    見積りに来てくれた中古買取業者から好条件の見積りを出してもらうにはある種のコツが不可欠です。

    ただヨロシクお願いしますではいけません。

    売主側は査定金額さえ良ければいつでも契約するアピールをしてみせ、その上で誠意ある対応を求めるのです。

    中古車買取業者の立場からすると車の引き取り日が決まればその後の補修や清掃といった販売前のスケジュールがほぼ本決まりとなるため、お互いに金額交渉が円滑に進められます。

    複数の中古車屋からゼロ円査定されてしまったとなると、あとに残された選択肢は多くはありません。

    残しておいてもしょうがないので廃車にするか、普通の中古車屋ではなく廃車専門の業者に査定してもらうかは、本人次第です。

    業者はそういった車を中古車市場に流すことはせず、パーツ分けして修理屋に売却するなどして収益金を得ている点が一般の中古車屋とは違います。

    ですから、よそで引き取ってもらえないような車でもそれなりの評価で値段をつけることが可能なのです。

    業者は廃車手続きの代行もしてくれるので、どうしたら良いか分からないという人でも安心です。

    中古車の査定において、一度に多くの業者に予約を入れて出張査定に来てもらい、同時刻に一様に査定してもらうことを相見積もりと呼びます。

    相見積もりによるメリットは、その場に居る査定スタッフ同士が価格競争をして見積額の引き上げを狙えることでしょう。

    中古車買取会社の中には相見積もりを快く思わないところもあるのですが、さほど相見積もりを嫌がらない業者は実際に購入しようとする意欲が高いところで、業者間の査定額競争が厳しくなることを期待しても良いと言えますね。

    幾らかでも高く車を売るためには抜群に効果的な方法なのです。

    全部というわけではありませんが、車を売ったお金には税金がかかることがあります。

    一個人が持っている車であり、通勤に専用に使っていた車であれば所得税の対象外となります。

    通勤以外でレジャーなどに行くときにも乗っていたのならば、今度は所得税を払わなければならない可能性が出てくるのです。

    具体的な数字を言うと、車を売ったお金が買ったお金より50万円以上上回った時です。

    個人事業主として業務で使っている車は売却時のルールが別にありますから、良く分からないところがあったら確定申告をする際に申告署の作成時にきちんと税理士に確認しましょう。

    車の売却に関して、車検期間がほとんどそのまま残っている場合には、見積もりの際に金額がアップすることが多いです。

    でも、車検の有効期間が一年を切ってくると価値もドンドン下がっていって、車検の残り期間が数ヶ月となるともはやプラス査定の材料にはならなくなります。

    そうはいっても、見積金額を高くしようと考えて売却前に車検を通す必要性は低いのです。

    たとえ車検の有効期限がフルで残っているような場合でも、車検を通すためにかかった費用分を見積金額のアップで取り戻すことは困難なのです。