トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    中古車売買に際して、1年1ヶ月以上車検が残ったままだと、業者によっても違ってくるかもしれませんが、おおよそ数万円くらい査定額がアップします。

    しかし、車検の残りが一年以下の場合では幾分残りがあったとしても見積もりに影響を及ぼしません。

    そうは言っても、売る前に車検を実施しても事前に車検をするのにかかったコスト以上の金額が見積価格にプラスされることはありませんから、あらかじめ車検を実施してから売却するのは無駄だと言えるでしょう。

    ネットを利用してオンラインの中古車無料一括査定をしたいと思っているが、個人情報はなるべく公開したくないというときには名前を記載せずに利用できるサイトで一括査定すれば良いのです。

    しかしながら、無料査定までしか匿名では実施することができません。

    実査定(実際に査定士に車を見てもらう)を行うときや、売買契約を結ぶときには、絶対個人情報の公開をしなければならないのです。

    中古車買取業者は「古物営業法」に基づいて、契約を交わした相手の個人情報を記録に残しておく義務が発生するので仕方のないことです。

    通常、事故車と呼ぶことが多い修理歴車は、中古車査定においてかなり見積もりを下げてしまう原因の一種になってしまうのです。

    かといって、査定前に修理したことがある全部の車のことが同じように修理歴車になるわけではないのです。

    ボディーの骨格相当部分に修理が施されていなければ、車体やドアなどを板金で直してあっても修理歴車とは呼ばないのです。

    そうは言っても、修理歴車には相当しなくても、以前板金などを行って修理したことがある車は査定の際にマイナスされる可能性が高いです。

    年式を問わず車体の外装のキズ、へこみ、塗装剥がれ(浮き)は、買取額の見積時に隅々まで確認されるのが普通です。

    誰が見てもわかるような目立つ傷は査定としては減点になるものの、普通に走っていていつのまにかついているような小さな傷でしたら、あまり査定には影響しないようです。

    いざ査定となると今まで気にならなかったへこみや小傷までもが目についてくるものですが、仮に修繕に出しても修理屋が身内価格でやってくれない限り、査定アップで修理代をまかなえる可能性はまずないと考えて良いでしょう。

    修理費には業者価格と個人価格があり、個人では高くついてしまうからです。

    中古車屋の査定というのは、外観や走行キロ数などいくつかの項目で標準値を設定し、マイナス1、プラス2などと採点して総合的な査定額を算出します。

    これは確実にマイナス評価になるだろうというポイントは、車体の外観の瑕疵(へこみ、中規模以上のキズ)でしょう。

    けれども素人手でなんとかしようと修理に手を出したりすると、業者からするとマイナス査定をつけざるを得ない事態になりかねません。

    相応の知識と修理経験があればキズの深さによっては何とかなるかもしれませんが、一般の方の場合はキズがあるままで売ったほうが出費も少なくて済みます。

    個人使用の乗用車の場合、走行距離は一年あたり1万キロ前後と想定されています。

    走行距離が50000kmを超えたあたりで多走行車という扱いになって査定時にもその程度ごとに減点対象となり、やがて10万キロを超えるようになると過走行車といってゼロ円査定などという可能性もあります。

    ただ、走行距離が少ないほど良いとは言えません。

    総走行キロ数が車の年式の割に少なすぎる時には、稼働パーツが劣化していても気づかないケースもあり、リスク回避で低い値付けになる場合があります。

    「不動車」とは完全に動かなくなってしまった自動車のことを指します。

    この不動車も、買取りしてもらうのをハナから諦めてしまう必要性はないでしょう。

    不動車にもいくらか値段がつくことがあるのです。

    パーツごとで考えれば故障してないものもあるでしょうし、まだ動くパーツに価値を見いだしてくれて査定して買取を行ってくれるところはあります。

    一般的な中古車買取店では不動車を扱わないケースも多いため、事前調査して不動車を査定してくれる業者に査定をお願いして買取りしてもらうと良いですね。

    自動車売買に関する手続きの全てを他人に頼らずに自分の手で行える知識と時間があれば、車を個人同士で売買する方が業者を介さないので最も得をする売り方でしょう。

    しかし、個人同士で車を売買するとどうしてもトラブルに発展しやすく、特に起きやすいのが名義変更とお金の支払いに関することです。

    前者については、双方が決めた月日までにしっかりと名義変更してくれるように紙にしたためることで解決します。

    お金関連のトラブルは、1回目の支払いだけちゃんとして2回目以降は支払ってくれない事がないように原則一括払いのみで売ることが重要になるでしょう。

    車を売ろうと思い立ったら、ネットで無料中古車一括査定サイトを検索して利用すると、売ろうと考えている車の価格相場が一瞬で把握可能なのでとてもメリットが高いです。

    相場の値段は把握できますが、実際にいくらの価値があるのかは実物を査定に出してみるまでは知ることができないのです。

    ボディや内装のキズや凹みの程度、および車検があとどれくらい残っているかなどによって、実際の査定金額は大きく変わってしまう可能性が高いのです。

    車を査定してもらうときには、無料中古車一括査定サイトで出た金額をあまり過信するのも考え物です。