トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    ネットを利用してオンラインの中古車無料一括査定をしたいと思っているが、個人情報はなるべく公開したくないというときには名前を記載せずに利用できるサイトで一括査定すれば良いのです。

    ただ、名前を記載せずに利用できるのは無料査定までの話です。

    実査定(実際に査定士に車を見てもらう)を行うときや、売却する際には、絶対個人情報の公開をしなければならないのです。

    中古車買取業者は「古物営業法」に基づいて、契約を結んだ相手の住所や名前などをしっかりと記録しておく義務があるからです。

    特別な乗り方をしていなくても普通に付いてしまう幾分かのキズや微細なヘコみなどは、減点対象として査定されないことがほとんどですから、さほど神経質に気にする必要はないでしょう。

    明らかに爪が引っ掛かるくらいのキズがあったり充分に分かる程度のへこみ、それから塗装がはげていたりすれば査定時に減額されますが、マイナス査定されるのを避けようとして個人で直したとしても自分で出した修理費用より査定金額の方が高くなる事はないのです。

    一般的にほとんどの中古車買い取り店では、見積もりに要する時間は待っているロスタイムを除いて15分かかるかかからないかです。

    これは現時点における車種ごとの中古車のオークションの相場などを基本として基礎となっている中古車の査定額が定められていて、ベースになる査定額から車のパーツの状態、それに走行距離などを目視して、中古車の状態による査定のアップダウンをすることで、すぐに査定額を決定出来てしまうからに他なりません。

    修理しようもない状態になった車は全損扱いになりますが、実際に全損には2種類の意味があります。

    修理屋がさじを投げた物理的全損がまずあって、次に、経済的全損といって車両保険の給付金をもってしても修理費が払いきれない状態もまた全損と言います。

    自動車保険の給付金の金額というのは、生命保険のように確定しているものではなく、その時の市場の評価額を元に算定されます。

    国内の自動車保険各社のほとんどは日本自動車査定協会が出している市場データの冊子を参照して適正な金額を算定します。

    保険会社の決めた額と実際の額に隔たりがあるようでしたら、必要に応じて金額交渉したほうが良いかもしれません。

    個人所有の車を手放すにあたり選択できる手段は、下取りと売却の2種類に尽きるでしょう。

    売りに出すなら出来るだけ多くの買取店舗から相見積りをとることで業者間の競争心を煽り、高い買取額を狙うというのもありです。

    ディーラーの下取りサービスを利用する場合は、価格競争の必要がないので競争による高値買取りのようなものは期待できません。

    そのかわり同じ店舗で売却も購入も済んでしまうというのは魅力的です。

    どちらを選ぶかは車の持ち主次第です。

    買取対象の車を直接見て査定してもらうためには、買取業者のところに車で行くのではなくて、家などに出張して査定してもらうという方法も選ぶことができます。

    中古車買取業者のほとんどが出張査定は無料としています。

    出張査定であれば同時に多数の業者に訪問してもらい、各社同時に査定ということもできないわけではありません。

    単独の時にはない競争原理が働きますから、比較的高い価格で買い取ってもらえる可能性が高くなります。

    自動車に掛かる税金の話をすると、毎年4月1日の時点でその車を所有している人に1年分が請求されます。

    しかしながら、車を手放すときには、税金の残っている月数分に相当する金額が見積もりに上乗せされるようになっているので、損したと思うようなことはないのです。

    自動車税は戻って来ますが、自動車重量税は廃車にする場合を除いて還付されると言うことはないのです。

    還付制度はないとは言え、支払った税金の期間が残っている場合には上乗せして見積もってくれる場合もなきにしもあらずです。

    査定スタッフと交渉するとお得に売却できる可能性がアップします。

    自動車が欲しいという人が多い時期は、売る方からみても高値で取り引きできるチャンスです。

    車の需要が高ければその分供給が必要になるのは必須ですから、それにつられて買取価格も上昇していきます。

    3月と9月は企業の決算月にあたるので通常よりもお店は車の販売に力を入れてきますから、買取店での価格交渉も有利に行える可能性が高いのです。

    さらに9月は、夏のボーナスの影響もあって順調な売れ行きを見せることが多いため売り時と言えるでしょう。

    自動車売買に関する手続きの全部を行うことができる知識と暇があるのでしたら、個人間の取り引きの方が最も高値で取り引きできる売却方法だと言えます。

    でも個人売買するとトラブルが起きやすいのも事実です。

    その中でも頻繁に起きるのが車の名義変更に関連したことと料金の支払いです。

    車の名義変更に関しては、両方が話し合って決めた日までにしっかりと名義変更してくれるように紙にしたためることで解決します。

    お金関連のトラブルは、1回目の支払いだけちゃんとして2回目以降はそのまま逃げられることもあり得ますので、原則一括払いのみで売ることが重要になるでしょう。