トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    自分で買い取り店に行くことなく、多くの買取店の査定金額を中古車の一括査定サイトを使えば比べることができます。

    何かと忙しい現代人には時間の節約になって大変便利です。

    但し、多数の店舗に一括査定しているため、致し方ない面もあるのですが、後から後から、数多の買取業者から電話が来ることになるはずです。

    そのうち電話に出ることが嫌になってしまったり、強引に取り引きを要求する会社があるかもしれない欠点があるので注意が必要です。

    たくさんの中古車査定業者から見積もりしてもらうことを一般的に相見積もりを取るといいます。

    相見積もりを自宅などに居ながらにして出来るのが、ウェブ上で瞬時に行える中古車一括査定サイトでしょう。

    一括査定サイト以外にも相見積もりという言葉を使うことがあり、同日同時刻に多くの査定スタッフに現実的に車を見積もってもらい、査定金額を提示してもらうという意味もあるのです。

    これを嫌がる買取業者も中には存在しますが、大部分は相見積もりをOKして貰えることでしょう。

    車を売りに出したいというときに最善の方法のひとつに、インターネット上の車一括査定サイトで見積もりを出す事が選択肢としては有効です。

    たくさんの業者の査定額を比較できますから、ひとつひとつの会社に見積もりを出してもらわなくても最も高い金額を提示してくれる店舗をピックアップする事ができてしまうのです。

    もちろん、それにも増して自分の車種の資産価値が今の段階で大体どのくらいあるのかが分かります。

    曇天の日や雨が降っているときなどは、晴天時に比べて車のボディの傷や汚れが見づらいので、減点されにくいと言われています。

    ただ、実績を積んだプロが見落とす可能性は低く、逆に天候に左右されない査定を身に着けている可能性は高いです。

    それに晴れだってメリットがないわけではありません。

    洗車済みの車は天気の良い日にはその美しさが際立ちます。

    以前から天気と査定の関係はいろいろ言われていますが、各々どちらが良いということは言えませんのでいまさら査定日と天気を関連付けて考える必要はあまりないでしょう。

    年式を問わず車体の外装のキズ、へこみ、塗装剥がれ(浮き)は、中古車の売却査定の際に確認される部分です。

    見た目にわかるキズは減額要因になるものの、乗っていれば普通につく薄い傷程度ならあまり査定には影響しないようです。

    それから、傷を気にしてリペアに出すべきか悩む人は少なくありませんが、修理費の出費は大きく、いくらか査定額が増えたところでペイできる可能性は極めて少数でしょう。

    数年に一度しか使わない個人と大口顧客である中古車屋相手では修理価格は大幅に違いますから、わざわざ高い支払いをするよりは傷ありで売る方がお得です。

    いままで乗っていた車を売却すると、次の車が納入されるまでに時間的な差があるというのは珍しいことではありません。

    家族の車や公共交通機関などで対応できればよいのですが、どうしても車が必要だという人の場合は代車の手配をしないことには車を売ることができません。

    とは言うものの、中古車買取店ならどこでも代車の手配をやってくれるかというと、そうでもありません。

    あとになって慌てないよう、一括査定を申し込む時に代車を条件に上げ、担当者に聞いておくと安心です。

    実際の査定に出して提示された最終的な買取金額は、ずっと有効なわけではないのです。

    常に変化しているのが中古車の価格相場なので、査定額には一定期間の保証を付けている買取会社がほとんどです。

    売却予定車の査定金額を見せられたときにその場で売ることを決心できないときにはいつまでならその査定額で買い取りして貰えるのかきちんと確認するべきです。

    交渉次第で査定金額の補償期間が延びる場合もあるでしょうが、あまり長い期間同じ査定金額で買い取りして欲しいと交渉するのは難しいでしょう。

    何かしらの理由で所有する自動車を査定してもらいたい時には車検証だけあれば良いのですが、実際に売却すると決まったら必要書類をいくつか準備しなければなりません。

    売却したい車が普通自動車ならば車検証以外に印鑑証明書や実印、納税証明書や自賠責保険証やリサイクル券が必要になってきます。

    万が一納税証明書を紛失してしまった時には、軽か普通自動車かで納税証明書再発行の手続きをする場所が違うことを知っていると良いでしょう。

    売却する車が普通自動車ならば都道府県の税事務所で、軽自動車の場合には役所の窓口に行って再発行を依頼するようにしましょう。

    いっぺんに多くの中古車買取業者に予約を入れて、時を同じくして中古車を査定してもらうことを「相見積もり」といいます。

    「相見積もり」を依頼する長所と言えば、皆に価格競争をしてもらって査定額を引き上げることです。

    買取業者の中には相見積もりをしたがらないところもありますが、相見積もりを快諾してくれる業者は購入意欲が高い会社が多いようで、業者間の査定額競争が厳しくなることを期待しても良いと言えますね。

    一円でも高く車を売るために効果覿面であると言って良いでしょう。