トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    中古車に限らず、インターネットでは買い取ってもらいたい車の見積もりを一度に複数の企業にお願いできてしまう、一括査定サイトがたくさんあるのです。

    査定額を出してもらったら売却するべきという決まりはありません。

    しかも、たくさんの会社に行く時間が取れない人にも有効です。

    でも、査定してもらった会社の中には車を自分のところで売却しないかとしつこく電話される事もありますから、自分に直接電話連絡されたら面倒だという方は、メールが連絡手段となっているところを利用すればしつこい勧誘電話を避けることが出来ます。

    たくさんの中古車査定業者から見積もりしてもらうことを「相見積もり」といいます。

    相見積もりを自宅などに居ながらにして出来るのが、Webで利用可能な車の一括査定サイト。

    それ以外にも、相見積もりの意味はあって、時を同じくして多くの買取業者に売却希望車を実際に見積もってもらって、みんなで査定額を出し合ってもらうという意味もあります。

    中には相見積もりをお願いすると断られるところもあるようですが、大方引き受けてもらえるはずです。

    一般的に中古車の買取市場において言えることは、大手の買取会社と小中規模の買取店舗では査定スタンスが少々違ってきます。

    資金力が豊富な大手の買取業者は、自前の販売ルートを通して売ることも多いですから、次から次にドンドンと買取を行うでしょう。

    しかし、買い取りの基準は社内規定で厳しく決められていることが多く、いったん示された査定金額に対し、価格交渉する余地は低いのが現状です。

    反対に小規模の買取業者などは一車種ごとに競りで販売することが主ですから、関与した査定士によるところが大きく、高く売れるだろうと思ってくれれば査定価格が上昇する可能性が大きいかもしれません。

    下取りではなく中古車買取業者に車を売却する際は、一括査定サイトに見積りを申し込むと、登録している会社からどんどん電話がくるはずです。

    現物を確認しなければ見積額は決まらないから、訪問査定に来たいという内容ばかりです。

    何度もしつこく電話を入れてくる担当者もいるみたいですから、目に余る場合はもう売却済みですと伝えるのも賢い方法です。

    さもなければ電話連絡以外の選択肢(メールなど)のある見積サイトを使うと、こうした事態は避けられます。

    タイヤが古くなってスリップサインが出るようになっても、わざわざ査定の前にタイヤを新しくする必要はありません。

    もともとタイヤというのは消耗品と考えるのが普通ですし、中古車販売店の方で業界値段で仕入れたタイヤに交換してしまうことも極めて普通に行われているからです。

    ですから、見積額への減点査定は微々たるものです。

    手持ちのタイヤを自分で交換するなら構わないですが、実際にそれで逆に損するケースがほとんどです。

    最近はいろいろな一括見積り(査定)サイトがあり、中古車査定もそのひとつですが、車の保険にも一括見積りできるサイトがあります。

    毎年更新される自動車保険というのは貯蓄部分がなく、戻ってくるお金が満期時にも解約時にもない掛け捨て保険です。

    したがって、掛金が同等レベルだったらサービスが充実しているところに早々に乗り換えてしまうほうがユーザーには利があるということになるわけです。

    生命保険一括見積りサイトの自動車保険版といえばわかりやすいかもしれませんが、無料で利用でき、たった一度の入力で複数の保険会社の掛金や保障内容を比べることもできます。

    常に最新の保険データなのも嬉しいところです。

    自動車を売り払った後になって、「瑕疵担保責任」を言い訳にして買取店舗が契約を解除したり買取金の減額を告げられることがあります。

    事故を起こした車だと言うことを隠して売りつけたのならば売却側に非があると言えるのですが、見積もり時に確認ミスがあったからであれば自分に非はないのです。

    どうしても納得いかないときには、国民生活センターへ赴いて、車の売却でトラブルになっていると旨を相談してみるときっと良い方に解決するはずです。

    乗り換えで新しい車を買う際に、これまで乗っていた車をディーラー下取りに出すことがあります。

    同時に売却と購入ができてしまうため、わざわざ別の中古車買取店に売るのと違い、スピーディーかつ手軽に車の処分ができます。

    とはいえ、実際の買取価格で比べると中古車専門店による買取とディーラー下取りでは、ディーラー価格は業者価格より安くなってしまうという事実があることは忘れてはいけません。

    安い値段で下取りされると後悔が残りますし、高く売るつもりならやはり買取業者に勝るものはありません。

    中古車の査定をするときに必要になってくるのは車検証のみですが、実際に売ろうとするときには幾つか書類を用意する必要があるのです。

    売却したい車が普通自動車ならば車検証以外に納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、印鑑証明書、実印を準備しなければいけません。

    万が一納税証明書を紛失してしまった時には、軽自動車と普通自動車では納税証明書の再発行を依頼するところが違ってきます。

    普通自動車のケースでは県などの税事務所で、それ以外の軽自動車のケースでは役所の窓口で再発行してくれます。