トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    中古車の見積もり金額には、車の色もかなり重要になってきます。

    定番カラーである白や黒は安定した人気があるので、査定に良い印象を与えるケースが大半でしょう。

    反対に原色に近い赤や青などのビビットカラーは好きな人は好きですが、嫌がる人もいますから、人気の定番色と比較して査定額を減額される要因になるケースが多いと言えます。

    しかしながら、中古車の査定価格は査定時点でのオークションの相場によって変動するものなので、その時の流行によってある一定の色にプラスの見積もりがなされる可能性があるのです。

    買取業者に見積もりを出してもらうときに入り用になる書類は、車検証及び自賠責保険証明書だけであるため、たぶん誰でもすぐ用意可能で、特別に前もって準備することはないでしょう。

    しかし、車の売却をするときには車の名義変更をしなくてはいけないので、印鑑証明、および自動車税納税証明など専門的な幾枚かの重要書類が必要になるのです。

    引っ越しをしていたり結婚したりして姓や住所が違って、車検証や印鑑証明の記載内容と違ってしまっている場合には記載内容の変更のためにさらに必要な書類が増えますから、スムーズに売却するために、事前に準備しておくとベターですね。

    今持っている売却予定の車にこの程度の価格では売れないと思うような査定を業者側から提示されたときには、もちろん何が何でも売らなければならないわけではないので、売却の取りやめをしてもOKです。

    中古車の査定をしたからといって、どうしても契約しなければならない決まりはないのです。

    提示された最初の価格ではうなずけないと言うとノーと言った時点から、査定金額アップのやり取りが可能になる場合もあるでしょうし、もっと高く査定可能な買取会社が存在する可能性も少なからずあるのです。

    自分が納得できない金額を表示されたら「嫌だ」といっても良いのです。

    前の車を中古車買取業者に売却するとすぐ引き取りに来るため、一時的に(次の車が納車されるまで)車が使えない期間が生じるおそれがあります。

    なければないなりに過ごせる人はいいのですが、仕事や通勤などで車が必須であれば必要に応じて代車を用意してもらうことになります。

    けれどもすべての中古車取扱業者が代車手配を受けてくれるというものではありません。

    次の車の納車まで間が空きそうなら、買取査定をお願いする時に代車手配が可能かどうか一社ずつきちんと確認しておかなければなりません。

    ある程度を超えて走行した車というものは、中古車業界では減点査定の対象となります。

    あくまでも業界のセオリーではありますが、5万キロ超走った車は多走行車という扱いでマイナスがつきます。

    過走行車と呼ばれる走行距離10万キロ以上の車だと、価格がつかないこともあります。

    とは言うものの全くの無価値だとか売れないといったわけではなく、まだ道は残されています。

    過(多)走行車や事故車などを扱う専門業者でしたら、使用可能な部位ごとに価格を算出していき、それなりの額で買い取ってくれるでしょう。

    自分に落ち度はなくても追突され、自分の車が大破。

    のちのち車を下取りに出そうにも、事故歴のある車として扱われ、そうでない車とは比べ物にならないほど低い査定額になってしまう場合があります。

    では、その損失分を事故の相手方に払ってもらえるのかというと、まさにケースバイケースで、どのような判定になるかはわかりません。

    個人間で調整したとしても保険会社としてはそこまで支払い対象にすることはまずありません。

    どうしてもというのであれば、裁判も辞さない覚悟で弁護士と協議したほうがいいでしょう。

    新しい車を買う時に古いほうの下取りをディーラーに依頼するのは珍しくありません。

    購入した店で引き取ってくれて、しかも新車は割引になるので、自分で買取業者を見つけて売るのと違ってスピーディーかつ手軽に車の処分ができます。

    とはいえ、ディーラー下取りと中古車屋の買取を金銭的な損得で比較すると、中古車屋による買取りの方が高額になるといった違いがあります。

    同じ処分するのでも安いと高いでは気分も違います。

    高額査定を期待するのでしたら中古車買取業者に依頼する方が良いのは言うまでもありません。

    車の売却を済ませた後から、「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」を理由として業者側が車の買取金額を減額したり契約解除を言い渡してくる事がなきにしもあらずです。

    もし自分が事故歴などを隠蔽して売ったとしたら自分の方が非難されるべきですが、査定士が見積もり時に傷などを確認していなかったのならば売る側に何も責任は無いでしょう。

    どうしても納得いかないときには、最寄りの国民生活センターへ行って、車の売却でいざこざになっていると相談することが最善でしょう。

    自分が所有する車を売却しようと考えているならば、傷が目立ったり凹みがある車体の方が査定額は低くなります。

    かといって、素人が個人で直してしまおうと頑張っても、専門家目線では余計に傷が浮き出ているようなケースがあるので無理に直そうとするのは良くありません。

    きれいに乗っていても勝手に付いてしまう薄い傷などは、ほぼ査定額に影響しないことも多々あります。

    自動車修繕などを手がけたことのない人であるならば、大変な思いをして自分で修理しようとしないで、傷やへこみのあるまま査定に出してしまった方が良い結果を生むことが多いです。