トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    これから売却しようと考えている車にこれでは売却したくないと考える査定金額を店舗側から提示された場合、売却は不可能だと正直に話しても良いのです。

    査定の申し込みをしたからと言って、車を絶対に手放さなければならないという法律はありません。

    最初の段階の見積もりでは納得できないと伝えると一回断ったことで金額交渉のチャンスが生まれる場合もあるでしょうし、より高値で査定してくれる会社がないとも限りません。

    自分が納得できない金額を表示されたら「嫌だ」といっても良いのです。

    ネット上に沢山ある中古車一括査定サイトを使うと、自分が所有している車の大体の査定相場が分かるので大変有益です。

    携帯やスマホから申し込むことができますから、空き時間や移動時間など少しの空き時間でも有効に活用することができますね。

    ただ一点言えることは、査定を依頼した複数の会社から一度にたくさん電話連絡が来るようになるので、電話攻勢が気になるならメールで連絡可能なサイトを活用すると良いですよ。

    所有する中古車を買取りしてもらおうと思って店舗に行くと、残念ながら買取額はつきませんと言われるケースもままあります。

    走行距離が10万キロメートル以上の「過走行車」や、事故を起こしてかなりの部分修復した車などの場合は0円査定になってしまうケースも良くあることです。

    たくさんの会社で査定してもらったとしても同様に査定額がつかないケースでも、廃車にすることを前提として買い取る業者に引き取りを依頼する事もできますから、気落ちして売ることを断念することもないでしょう。

    消費(購入)が専門と思われがちな国民生活センターですが、中古自動車に関連した相談が寄せられています。

    特に中古車売却についての事案は右肩上がりに増えています。

    よくある例としては、買取一括査定のサイトを利用したら、夜間や仕事中にも電話がくる、契約するまで帰らないと言われ、押しきられる形で不本意な契約をしたといったものです。

    おかしいなと思ったら、消費生活アドバイザーなどがいる窓口へ相談するのが大事です。

    諦めてはいけません。

    訪問査定が済むと、金額を提示した業者は即決を促すでしょう。

    もし即決なら見積りに色をつけても良いといった商談が展開されるでしょうが、乗せられないように気をつけてください。

    ディーラー下取りでなく中古車業者に売却する際は、複数業者に査定させることが良い査定額を引き出すコツなのです。

    当初の予定通り複数の買取業者に見積もり金額を出してもらうことが大事で、材料が手元にそろってから交渉しても遅くはありません。

    普段使っている車を売る際は、次の車が納入されるまでに時間的な差があるというのは珍しいことではありません。

    週末ドライバーならあまり気にならないかもしれませんが、仕事や通勤などで車が必須であれば一時的でも代車の手配をお願いしなければいけません。

    けれどもすべての中古車取扱業者が代車手配を当然のようにしてくれるわけではないのです。

    次の車の納車まで間が空きそうなら、買取査定をお願いする時に代車手配が可能かどうか会社ごとに聞いておくと良いでしょう。

    同時に多数の車買取会社のスタッフに出張査定予約を入れて、その場に居る全員に同時に査定をしてもらうことを相見積もりと呼んでいます。

    この方法を選択する利点としては、価格競争を起こさせて査定額を上げることですね。

    中古車買取会社の中には相見積もりを快く思わないところもあるのですが、さほど相見積もりを嫌がらない業者は車を購入したいという意欲が高いところがほとんどで、業者同士の価格競争が激化することに期待が持てますね。

    一円でも高く車を売るために効果が高い方法といえますね。

    普通自動車でも軽自動車でも車を所持していると、たとえ使う頻度が少なかったとしても維持費は同じようにかかるのです。

    自動車税は毎年かかりますし、車検は二年に一度実施しなければいけませんし、その上自動車保険費用も必要になってきます。

    もっというと、駐車スペースが自分の敷地に確保できない場合には、別に駐車場代金も必要になってくるのです。

    自分が持っている車を手放そうかどうしようか悩んでいる場合には、これら少額ではない維持費を払ってでも車を持っている必要があるのかどうか充分に検討してみれば、売却した方が結局は得かどうかがハッキリしやすいでしょう。

    月々のローンの返済がまだ残っている場合でも売却する方法がないわけではありません。

    ただ、車検証の所有者欄が売却する人と同じであるという条件がクリアできるならの話です。

    所有者のところにローン(信販)会社の名前が記載されている状態だと、残債を返済しきるまでの間は実質的な車の所有者はローン会社ということになるので、ローンが終わってからでなければ売ろうにも売ることが出来ないのです。

    ただ、ローン会社の許可さえあれば、売却と同時にその利益をもって完済するという方法もあります。