トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    中古車売買に際して、1年1ヶ月以上車検が残ったままだと、業者によっても違ってくるかもしれませんが、おおよそ数万円くらい査定額がアップします。

    しかし、車検の残りが一年以下の場合では幾分残りがあったとしても見積もりに影響を及ぼしません。

    そうは言っても、売る前に車検を実施しても事前に車検をするのにかかったコスト以上の金額が見積価格にプラスされることはありませんから、あらかじめ車検を実施してから売却するのは無駄だと言えるでしょう。

    ネットを利用してオンラインの中古車無料一括査定をしたいと思っているが、個人情報はなるべく公開したくないというときには名前を記載せずに利用できるサイトで一括査定すれば良いのです。

    しかしながら、無料査定までしか匿名では実施することができません。

    実査定(実際に査定士に車を見てもらう)を行うときや、売買契約を結ぶときには、絶対個人情報の公開をしなければならないのです。

    中古車買取業者は「古物営業法」に基づいて、契約を交わした相手の個人情報を記録に残しておく義務が発生するので仕方のないことです。

    通常、事故車と呼ぶことが多い修理歴車は、中古車査定においてかなり見積もりを下げてしまう原因の一種になってしまうのです。

    かといって、査定前に修理したことがある全部の車のことが同じように修理歴車になるわけではないのです。

    ボディーの骨格相当部分に修理が施されていなければ、車体やドアなどを板金で直してあっても修理歴車とは呼ばないのです。

    そうは言っても、修理歴車には相当しなくても、以前板金などを行って修理したことがある車は査定の際にマイナスされる可能性が高いです。

    車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の走行距離は一年に普通、10000kmが目安と言われます。

    総走行距離数が5万キロを超えたところで走行距離が長い多走行車と言われるようになり、査定時にもその程度ごとに減点対象となり、これが10万キロともなれば過走行車扱いでタダ同然の査定になり、場合によっては引き取りを拒否されることもあります。

    それなら走行距離が短いほどよいのかというと、そうとは言えません。

    マシンの状態を正常に保つにはある程度の駆動が必要で、年式に比して走行距離が極めて少なかったりすると、却ってパーツが劣化して故障寸前になっていることも充分考えられるからです。

    中古車買取業者の査定を受ける際は、タバコ臭やペット臭がある車だとどうしてもマイナス査定になってしまいます。

    ほとんど無臭のつもりでいても感覚が鈍化してしまっている状態で、わからないということもあります。

    査定前に誰かにニオイチェックを頼むというのも手です。

    芳香剤や消臭剤、消臭スプレーといった「隠す系」のものでは付着したにおいはとれませんので、拭き掃除をしっかり行い、発生源を断つことが大事です。

    車を処分する際の査定にはタイヤのコンディションは買値に影響しないのが普通です。

    けれどもスタッドレスタイヤを使用しているなら、面倒でもノーマルタイヤに戻した上で売るべきです。

    もしスタッドレスタイヤを履いた車を買い取ったら、北陸や北海道などの豪雪地域の冬ならいざ知らず、一般的には業者は通常のタイヤにつけかえてから市場に出すというプロセスが加わります。

    従ってその手間賃と実費の分、見積額から引いておくわけです。

    手元に普通タイヤがある人ならぜひ交換しておくべきです。

    中古車の売却をする前にしておきたいことといえば、最低限このふたつに尽きます。

    最初にしておきたいのは車の一括査定サイトなどを使った相場チェックです。

    相場に関する知識もないまま取引すると、もっと高値で売れたのにとあとから後悔することもありえるからです。

    あと一つしておくべきことは、車磨きです。

    外側は普段と同等で構いませんから、内部を徹底的に掃除するのです。

    拭ける部分は拭きマット類は洗ってよく乾燥させましょう。

    臭いがあるとすかさず査定時に減点されてしまいます。

    一般的に決算時期やボーナス時期には業者も買取に力を入れてくるので、中古車を通常よりも高値で売りやすいタイミングはあるのです。

    車を買いたいと考える人が多くなる時期には一緒に買取価格も上昇するからです。

    売却に適したタイミングがあると言っても、車を売ろうとする時期が決算時期やボーナス時期とかけ離れていた場合に、その時期が来るまで待った方が良いとは言いきれません。

    じっさいの売却時期が遅くなれば車の全式も当然ながら進んでいきます。

    買取相場が高くなる恩恵を受けるよりも、年式が進むことによる価格下落幅の方が大きくなることだって多いに予想できるのです。

    実車査定で正式な買取額を知りたいなら、車で買取店舗に直接行くか、でなければ出張査定サービスを利用するのもありです。

    車を売ることが近所には知れてしまうかもしれませんが、それでも良ければ査定士に出張してもらうことは、高値売却を狙えるということで利用者には有利です。

    ひとつの店に持ち込むのと違って同じ日に幾つもの業者から見積りをとれます。

    よって、どうしても他社と競合せざるを得なくなり見積額があがって、高値売却が見込めるのです。