トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    売却希望の車が今どれくらいで買取して貰えるかを知ろうと考えたときに、ウェブを通して行う無料の中古車一括査定サイトを使って知る手段もありますが、売却希望の車のメーカーサイトで見積額の参考値を確認することが可能です。

    メーカーのWebサイト上で参考価格を確認するだけならば匿名でOKで車種や年式だけで確認可能なところもあるので、車の一括査定サイトを利用したときのように勧誘の電話攻撃に悩まされることはなくなります。

    中古車の見積もりを行う場合に、カーナビゲーションシステムなどのオプションがついていると査定金額が高くなることが多いでしょう。

    しかしながら、最近発売された車にはカーナビが付いていない方が珍しいので、最新式のカーナビでない場合には大きく見積額がプラスになるとは思えません。

    また、カーナビが付いているのが当然の時代ですから、もしも、カーナビがない場合にはマイナス査定されてしまうこともあるでしょう。

    一軒一軒実際の店舗に見積もりに行かなくても、多くの買取店の査定金額を中古車の一括査定サイトを使えば比べることができます。

    忙しい人にはうってつけのサービスです。

    但し、多数の店舗に一括査定しているため、仕方ないと言えばそれまでですが、たくさんの買取業者から一斉に連絡が来ることになるかもしれません。

    やがて着信音を聞いただけでうんざりしたり、何度も何度も電話をかけてくる業者が存在する欠点があることを覚悟しておくと良いかもしれません。

    一般に乗用車というのは初年度の登録から数えて、「何年落ちの車」などと言って古さを表します。

    実際には製造年からカウントするのでなく、あくまでも初度登録年から数えますから、要注意です。

    年式の古い車は査定額が落ちるのが普通で、10年目からは値段がつかない車も出てきます。

    販売する方にとっては安すぎて利益が出ない商品ですが、購入者視点で考えると状態次第ではそうした車は宝の山とも言えます。

    できるだけ多くの買取業者に見積りを出してもらうことは、高額査定を引き出すコツと言われています。

    実際に何社以上の見積りをとれば良いのかと聞かれると、交渉次第というところもあって単純には決められません。

    わざわざ複数の査定を受ける目的は明らかで、比較検討するためと、他にも競争相手がいるということで全体的に査定額が高くなることを期待したものです。

    そこさえ押さえておけば、査定は何社から受けようと意義があるということになります。

    時間と手間を考慮して決めると良いでしょう。

    いつでもどこでもアクセスできるのが中古車一括査定サイトからの見積り依頼です。

    わずか数分の手間で何十という買取業者の査定額を手に入れることができるので、比較検討が格段にラクになります。

    しかしそれにはデメリットもあるようです。

    それは電話連絡です。

    夜遅い時間に査定サイトに登録したところ、深夜でも電話対応している業者から突然、電話が殺到したりする可能性もゼロではありません。

    仕事時間にかかってきて困るという人もいますし、登録する電話番号は選んだほうが良いでしょう。

    自家用車を手放そうと決めたら、出来るだけ綺麗に清掃してから車を売りに出すことです。

    きれいに掃除するわけは2つあります。

    先ず1つめは、愛車を雑に扱わない人だという印象付けができることです。

    2つめは、車内にこびりついた汚れを落とすことでいやな臭いも少なくなるからです。

    ペット臭や煙草の臭いがする車は、その具合によっても異なりますが、大きく減額されると思ってよいでしょう。

    車の内部に汚れがこびりついていると嫌な臭いを発してしまうので、細部にわたって掃除を行うことでなるべく臭いのない車にすることが可能なのです。

    愛車を手放した後から、買取業者から瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金を下げられたり、契約解除を言い渡してくる事がなきにしもあらずです。

    万が一事故や故障などで修理した履歴があるのに隠していたのならば売却側に非があると言えるのですが、査定士が見積もり時に傷などを確認していなかったのならば自分は何も責任を取る必要はないのです。

    納得できない理由で買取額の減額や契約解除を迫ってくるときには、消費生活センターや国民生活センターなどへトラブルが起きている旨を相談してみるときっと良い方に解決するはずです。

    一般的に中古車を見積もりする場合には、傷などが大きく目立つと見積もり時に減額対象となってしまうでしょう。

    目立ってしまう傷や凹みを自分で修理しようとするのは良くありません。

    自動車修理の技術が優れていなければ、パッと見た際にはキレイに見えたとしてもプロの目からすれば綺麗に見えないこともあるからです。

    自己流の修理ではいけないからと言って、売る前にきちんと修理をお願いした方が良いということとは違いますから注意しましょう。

    修理した事による査定額アップはあまり期待できず、修理に出す手間がかかる上に割に合わない結果となってしまうからです。