トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    車体に凹みやキズがある中古車は査定の際に低く見積もられることが大半です。

    だからといって、査定額がマイナスにならないように事前に個人修理することは止めた方が無難です。

    事前に自分で修理しても、修理に要した費用以上にグッと査定金額がアップするとは思えないからです。

    車を自分で直そうと考えるより、中古車買取成立後に、買取業者の方で提携先の修理会社に依頼した方が修理費用を低くできてしまうから、買取金額をアップしてくれる可能性は低いのです。

    現在所有している車を手放そうと思案したときにお勧めしたいのが、中古車の無料一括査定サイトを使うことが上手な方法といえます。

    同時に数多くの買取業者の見積もり額を比べてみることが出来てしまうので、あっちこっちの店舗に出向いて査定してもらわなくても一番高い額で買い取りしてもらえる企業をピックアップする事ができてしまうのです。

    もちろん、さらには自分が持っている車の価値が概算で今の段階でどのくらいの金額があるのかの目安を知ることができます。

    インターネットを介して中古車の無料一括査定を利用したいけれども、名前などを書かずに査定を依頼したいという場合には名前を記載せずに利用できるサイトで一括査定すれば良いのです。

    しかし、匿名で実施可能なのは無料で行える査定までです。

    実査定の時や、車を実際に売るときには、必ず個人情報の記載を求められます。

    車の買取専門店は古物営業法という法律に従って、契約を結んだ相手の住所や名前などをきちんと記載しなければならない義務があるから致し方ないのです。

    個人レベルでどれだけ頑張ろうと、車の扱いに長けた査定士からすると車の修理歴、ましてや事故歴などは隠しきれるものではないです。

    虚偽申告は査定担当者に不信感を持たせますし、査定額アップの交渉なんてもってのほかでしょう。

    そして査定で申告対象となるような車の状態を隠蔽するのは法律上では告知義務違反に相当する大問題で、バレたときには減額されたり、返金を求められます。

    実際、契約書の中にも虚偽申告に関連した記載がかならずあるものです。

    買取業者というのは大概、19時以降などの夜間でも訪問査定をしてくれます。

    車のボディの傷や小さなへこみなどは、昼に比べて夜間は目立たないですから、査定には有利であるという話も聞かれます。

    しかし、あまり気にする必要はないというのが本当のところだと思います。

    夜間は屋内照明があっても自然光には及びませんし、雨天も査定士にとっても厳しい状況ですから担当者の不注意を誘発しやすいでしょうが、実際のところはそう甘くないかもしれません。

    その一方で、磨き上げられてピカピカの車体は昼間の自然光でこそ美しさが際立ちます。

    ですから、気象条件で査定が変わるような業者では逆に困るのではないでしょうか。

    査定士に買取対象となる車を直接見てもらうなら、買取業者のところに車で行くのではなくて、家などに出張して査定してもらうやり方もあり、利用する人も少なくありません。

    たいていの業者というのは無償で出張査定を行っています。

    ですから同じ日に何社かに来てもらい、同日中に各社の見積額を出させることも可能です。

    単独の時にはない競争原理が働きますから、比較的高い価格で買い取ってもらえる可能性が高くなります。

    車の売却についての一連の流れを説明すると次のようになります。

    最初にウェブから査定を依頼し、現物確認なしの仮査定額をチェックします。

    次に買取対象となる車を実際に業者が採点していき、その業者が出せる査定額が決定します。

    安いと思ったら断るか、もしくは交渉を経てOKなら正式に契約します。

    契約締結後に車を業者に引き渡し、それから先方による書類上の手続き等を経て指定した口座に売却代金が振り込まれます。

    中古車の査定をするときに必要になってくるのは車検証のみですが、実際に売ろうとするときには幾つか書類を用意する必要があるのです。

    普通自動車を売るのだったら車検証に加えて納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、印鑑証明書、実印が必要書類と言うことになります。

    これらのうち納税証明書の紛失に気付いたときには、一般的な普通自動車と軽自動車の場合では再発行してくれるところは異なってきます。

    一般的な普通自動車の場合は都道府県の税事務所に行けば良いですし、軽自動車だったら役所の窓口に行って再発行の手続きを取るようにしてください。

    自動車が欲しいという人が多い時期は、自動車を売ろうと考えている人から見ても高値で取り引きできるチャンスです。

    車の需要が高ければその分供給が必要になるのは必須ですから、買取価格は自然と上がります。

    企業の決算月である3月と9月は中古車販売店は通常の月よりも売ることに注力していますから、見積額の交渉も上手く行くことが多いと言えるでしょう。

    さらに9月は、夏のボーナスの影響もあって車の売れ行きは良くなるので売却に適した時期と言えますね。