トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    ボディーカラーは中古車買取査定において結構重要な項目です。

    白や黒は定番色で、どんな時も需要が安定しているので、多少高めに見積もって貰える場合がほとんどです。

    反対に原色に近い赤や青などのビビットカラーは人によって好みが分かれてしまうので、減額査定される可能性が高くなってしまいます。

    原色系は嫌われやすいと言っても、車の見積金額は中古車オークションの相場のタイミングにより常に流動的なものですから、その流行のタイミングによっては一定のカラーが査定で高値が付くことも充分考えられるのです。

    一般的に、中古車査定業務において査定者が所持すべき国家資格は特にありません。

    でも、中古自動車査定士と呼ばれる民間資格があり、これは国が後援しています。

    中古自動車査定士の資格は日本自動車査定協会によって認定されるものであり、この資格は小型車と大型車の2種類あるのです。

    半年以上の実務経験があることが必要ですし、学科や技能試験もパスしないと取れませんから、中古自動車査定士の資格がある人は、車の査定の腕前が一定以上であることがうかがえるのです。

    一般的に中古車の買取市場において言えることは、中規模や小規模の企業と、業界大手の企業では中古車査定時の姿勢がちょっと違ってくるのです。

    大手の業者は中古車販売の独自のルートもありますし、資金力もありますから、次から次にドンドンと買取を行うでしょう。

    その一方で、基準に則った買取価格しか表示できず、価格の交渉をしようにもあまりその余地がないのが一般的です。

    反対に小規模の買取業者などは一車種ごとに競りで販売することが主ですから、査定したスタッフの判断によるところが大きく、高く売れると判断されればかなり見積金額が高くなる事もあり得るのです。

    忙しい人には便利なのが24時間アクセスできるインターネットの良さですが、中古車の査定依頼もウェブだったら簡単にできてしまいます。

    いくつかの業者の見積りを短い時間で入手できるので、高値で売却しやすい点が好評です。

    ただ、不便なところもないわけではありません。

    それは電話連絡です。

    夜遅い時間に査定サイトに登録したところ、深夜でも電話対応している業者から突然、電話がかかってくるなどということもあるそうです。

    営業努力とはいえ迷惑ですので、連絡先の選択は注意するポイントです。

    ボディのヘコみ、バンパーなどの擦りキズは、中古車の売却査定の際にかならずチェックされるはずです。

    誰が見てもわかるような目立つ傷は査定としては減点になるものの、言われて初めて気づくような薄いキズ等はあまり査定には影響しないようです。

    査定前には僅かなキズでも気になるかもしれませんが、修理に出したところで修理屋が身内価格でやってくれない限り、査定アップで修理代をまかなえる可能性は「十中八九ない」と断言できます。

    個人と業者では修理コストが違うのですから当然です。

    一般に乗用車というのは初年度の登録から数えて、この車は何年落ちだなどと言います。

    実際には製造年からカウントするのでなく、あくまでも初度登録年から数えますから、間違えないようにしましょう。

    価格は年数が進むほど安くなり、10年落ちともなれば過走行車ということで非常に低い価格になるのが普通です。

    売っても儲けは僅かでしょうが、購入者視点で考えると状態次第ではそうした車は宝の山とも言えます。

    自分が乗っていた車を買い取りに出す場合に、査定項目の中にタイヤの溝の磨り減り具合も入っているため、残りが少なくなっていたら査定金額からマイナスされます。

    しかし、売却する前に新品のタイヤに変更してもかかった費用以上の上乗せは見込めないので、新品のタイヤに履き替えるのは無意味と言って良いでしょう。

    でも、履いているタイヤがスタッドレスならば、じっさいに見積もりを出してもらう前に通常のタイヤに戻しておいた方が良いでしょう。

    需要のある時期と季節が限られているスタッドレスタイヤは、査定額が下がってしまう原因になるのです。

    年間に1万kmという数値が、自動車業界が考えている標準の走行距離になります。

    しかしながら、1万キロメートルというのは目安で、古い年式の自動車だったら大抵の場合年間走行距離数はもうちょっと短いのが通常の考え方です。

    車売却の際にはできるだけ走行距離数が短い方が加点対象になります。

    走行距離が少ない方が良いのですが、車の機械の一種ですから定期的に乗らないとかえって何かしら不具合が生じやすいものなのです。

    年式に対して走行距離数が極端に少ないと、査定額アップの幅は少なくなってしまうのが実情です。

    自動車の売却などの際には、自分が充分に注意していても、予期しないトラブルに巻き込まれてしまうことがあるでしょう。

    中古車を売る時に時折見られる事案としては、既に契約が成立してから、問題が見つかったからと言われて買取額を下げるケースがあるので注意した方が良いでしょう。

    売却する際に売り手側が事故歴などを隠蔽していたのならば悪いのは売り手側です。

    でも、隠し事をしていたりしないのであれば、事前に査定で見落としをしてしまった方が責任を取る必要があるので、自分に落ち度がない以上認めなくても構わないのです。