トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    中古車を出来るだけ安価に入手し、ほんの少しでも高価に売るのが中古車販売店勤務の営業マンの仕事でしょう。

    中古車販売の営業さんの話を鼻から信じ込んでしまうと、売買相場よりも買い叩かれることもあります。

    売却の前に自分の車の査定相場が大体このぐらいの金額になると確認しておき、下調べした金額よりも安く言われたときに自分から交渉する心構えをしておくと営業マンのセールストークを鵜呑みにしなくても良くなります。

    オンラインで中古車一括査定サイトを利用するときのにデメリットになることは、査定サイトに登録されている中古車買取店舗から電話攻撃が一斉に始まることがあります。

    はじめは自分で利用したわけですし、一概に悪いことだとは言えないでしょう。

    しかし、非常にしつこく困ってしまう場合には、現実的に売却予定が立っていなくてもとっくに車を売ってしまって手元にないと出任せを言うのが上手に断る手段だと言えます。

    中古車買取業者といっても皆一様ではなくて、軽自動車を専門的に扱ったり、輸入車や事故車を扱うなど、特定ジャンルの車の販売を得意としていたり、もしくは専門で販売している会社というものがあります。

    もし自分が売ろうとしている車が軽自動車だったら、やはり軽自動車の販売に長けている店舗に売却した方が高く引き取ってもらえる可能性が出てきますよね。

    ある特定のジャンルに秀でた業者はネット上の無料一括査定サイトを使ったときに、そのほかの買取専門店よりも査定額が幾分高く表示されますので、その点で他と判別することができるのです。

    一括査定サイトなどに登録している業者は大抵、夜間でも無料で出張査定に来てくれます。

    夜間査定のほうが昼間の自然光よりもボディの傷が目立たないため、査定には有利であるという話も聞かれます。

    しかし、あまり気にする必要はないというのが本当のところだと思います。

    夜の査定は手元灯を駆使しなければいけない部分が増えますし、雨天も査定士にとっても厳しい状況ですから見落とす査定士もいるかもしれません。

    こまめに洗車してワックスコートが充分な車なら、晴天の屋外の方が光沢があって新しく見えますし、どちらが良いとは一概には言えません。

    一般的に年度末で決算でもある3月や賞与支給後の9月というのは酷暑も一段落した時期で、自動車のように高額な品物の売れ行きも良いものです。

    どの中古屋でも期間中になるべく多く売るには、仕入れも多くなければいけないと考えています。

    ですから査定金額も自然と上向きになります。

    いつまでに売らなければいけないというリミットがないなら、このチャンスを逃す手はありません。

    逆に決算終了後の4月には査定額が全般に下がり気味になります。

    修理しようもない状態になった車は全損扱いになりますが、一口に全損といっても2種類に大別できます。

    まずは大幅に修理不能な物理的全損と、あとひとつは修理費が車両保険で賄えない状態になってしまった経済的全損です。

    普通、保険会社から支払われる給付金の額は、流動的な市場評価額を基準にどんどん変わっていきます。

    JAAI(日本自動車査定協会)が発行するデータブックを使い、保険会社は相場の現況を知るようにしています。

    市場価格と保険会社が提示した金額に差があるなど疑問を感じた際は、そのままにせず、交渉に持ち込むという手もあります。

    年間に1万kmという数値が、自動車業界が考えている標準の走行距離になります。

    ただ、1万キロというのは目安としかならず、旧型の自動車の場合には大抵の場合年間走行距離数はもうちょっと短いのが通常の考え方です。

    愛車を売ろうという場合にはあまり走っていない車の方がプラスの査定結果が出ます。

    走行距離が短い方が有利ですが、機械は長い間動かさないでいるとかえって何かしら不具合が生じやすいものなのです。

    その車の年式に対し走行距離数があまりにも短い場合には、査定時にアップされる金額は少なくなってくるのです。

    自動車の売却などの際には、自分が充分に注意していても、予期しないトラブルに巻き込まれてしまうことがあるでしょう。

    車を売るときにたまに見かけるケースとしては、売ることが決まってから「実は問題点が見つかりました」等の話をされて買取額を目減りさせると通達される場合があるのです。

    売るときに事故や故障の履歴などを隠していたのならば悪いのは売り手側です。

    しかし、自分が何も悪くないときには、見積もりを出すときにきちんと確認しなかった方が悪いのですから、後から何か言われても了承する必要はないのです。

    個人で所有する車を手放す時に、買取業者に売却するのではなくて、中古車買取店ではなくて個人に売るというのもひとつの方法です。

    中間業者が入らない分、売却側と購入側双方が得するように売買可能になるのです。

    双方に利益があると言っても、契約に関することは全部個人間でのやり取りですから大変煩雑ですし、金銭関係でトラブルになるかも知れない可能性が高まります。

    お金に関することは、できるだけ分割での支払いをしないようにすると後からトラブルにならなくて済むようになるでしょう。