トップページ > goto

    このページではgotoで輸入車のオンライン査定ができるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて高額で買取をしてくれるgotoの車買取店に売りたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取専門店をチェックしてみてください。

    輸入車を高く査定してもらうために大事なことは「gotoにある複数の車買取会社で査定をしてもらう」ということ。1社のみとかなじみのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら明らかに損をするので注意してください。

    車買取のオンライン一括査定なら2分位で入力できるのでカンタンです。gotoにある複数の車買取店からの査定額を比べられるので、輸入車(外車)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の車一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい有名なので安心して利用できます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な数!オンライン上で最大50社へ輸入車の買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話がかかってこないので安心です。
    もちろん、goto対応で利用は無料。

    「輸入車を少しでも高く売りたいからオンライン査定で買取相場がいくらか知りたいけど、電話で営業されるのは…」ということならメール連絡で査定額を教えてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが乗っている輸入車の買取査定相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという車買取業界では新しいサイト。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、5万キロ以上走った輸入車でもgotoで高額買取してくれる買取業者が分かります。

    一般的な車査定一括サービスであれば、申し込むと複数の会社から電話で連絡があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。オンライン上でたった45秒あれば入力が完了しますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「オンライン上で簡単に数年落ちの輸入車の買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した提携業者だけが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取業者から電話がかかってきたらすぐに即決することなく、gotoに対応している複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車でも高価買取の可能性が高くなります。

    最大10業者が輸入車の買取査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる有名なオンラインの車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社が輸入車の査定額を出してくれます。

    1社だけでなく複数の業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることが可能になるので、gotoに対応している複数の買取業者に依頼をして長年大事に乗ってきた輸入車を少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、サポート体制も充実していますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車・外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定はgotoにも対応していて出張査定費用は無料です。

    外車王は輸入車・外車専門の外車買取店なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高く売ることができる可能性大です。
    なので、輸入車を高く売りたいのであれば、とりあえずランキング上位の車買取の一括査定サイトを利用して買取査定額を比較してみてください。

    いろんな中古車買取店に査定をしてもらった後で、最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。







    中古車の査定は少しでもアップさせたいものです。

    それならば、これから査定に出すぞというときに思いっきりクリーニングしておくと良いでしょう。

    事故や修理があったことは消せないですし、自分で言わなくても分かってしまうのです。

    しかしながら、付着した臭いや汚れなどに関してはセルフメンテである程度は消すことが出来るでしょう。

    それに、車内においてタバコを吸っていた人に関しては、悪臭が漂っていると減額対象になりやすいので、消臭スプレーなどで取り除く努力をしましょう。

    売却希望の車を見積もりする場合には、カーナビシステム等の付属品がついた状態だと査定にプラスされることが多いようです。

    しかし、最新モデルの車にはカーナビシステム非搭載の方がめずらしいので、新しい型のカーナビシステムが付いていないと査定額がグンとアップするとは考えにくいのです。

    それから、カーナビ標準装備が当たり前の現代、カーナビシステム非搭載の時にはマイナス査定されてしまうこともあるでしょう。

    自分で買い取り店に行くことなく、いっぺんに多くの業者の見積もりを比較検討出来るのが中古車一括査定サイトの良いところです。

    忙しい人にはうってつけのサービスです。

    しかしながら、いっぺんに沢山の買取業者に見積もりを依頼している以上、メリットばかりだけではなくて、後から後から、数多の買取業者から電話が来ることになるはずです。

    業者からの電話にほとほと嫌気が差したり、単なる査定だけでは済まされない雰囲気で売却を迫る会社があるデメリットがあることを知った上で賢く利用する事が必要でしょう。

    車体のキズやへこみ、塗装の擦れなどは買取のための査定を行う時点で隅々まで確認されるのが普通です。

    誰が見てもわかるような目立つ傷は査定としては減点になるものの、普通に走っていていつのまにかついているような小さな傷でしたら、「少しありますね」と言われるかもしれませんが、実際に査定額に響くことはないようです。

    時々、査定前に修理すべきかと質問されることがあります。

    しかし修理費の出費は大きく、いくらか査定額が増えたところでペイできる可能性はないと言えます。

    個人と業者では修理コストが違うのですから当然です。

    下取りではなく中古車買取業者に車を売却する際は、一括査定サイトに見積りを申し込むと、さまざまな業者から電話がかかってきます。

    実車を見ないと確実な査定額は出せないので、「すぐにでも伺いたい」「訪問の時間を決めたい」と、先着順と言わんばかりの勢いです。

    時には電話を再三かけてくる迷惑な営業マンもいないわけではないので、断るのが大変なら別の会社と契約してしまったと答えるのが効果的です。

    もしくは初めから連絡はメールだけの一括査定サービスを利用するのも手です。

    車関連の一括見積りサイトというと中古車の売却が頭に浮かびますが、車の保険にも一括見積りできるサイトがあります。

    毎年更新される自動車保険というのは貯蓄部分がなく、共済と同じように掛け捨てタイプなので、続けるほど得というものではありません。

    ということは、掛金が同等レベルだったらサービスが充実しているところにさっさと乗り換えても、なんら損することはありません。

    自動車保険一括見積りサイトの運営費は協賛各社から出ているため、利用料、登録料などを請求されることは一切ありません。

    24時間いつでも複数の会社の保険内容や金額を分りやすく比較できるため、検討にはもってこいです。

    支払った自動車税が月割りで戻ってくるのは、普通自動車(軽自動車は含まない)を売らずに廃車にしたときだけです。

    反対に軽自動車に関しては、還付金はありません。

    しかし、自動車税を支払ったばかりで残りの期間が相当月ある場合などは、残っている税金分を査定額アップという形で買い取ってくれることもあります。

    税金分を上乗せしてくれる業者があると言っても、税金分の扱いについてきちんと説明してくれる買取会社ばかりではないでしょう。

    売却の契約を交わす前に確認しておきたいことのひとつと言えます。

    当然かもしれませんが、自動車を売買するときには、車体にキズなどがないに越したことはありませんね。

    かといって、素人が個人で直してしまおうと頑張っても、専門家の目で見たら余計に傷が浮いてしまうようなことがあるのです。

    きれいに乗っていても勝手に付いてしまう薄い傷などは、あまり査定額減少の対象とはならないケースが多いのです。

    自動車修理をしたことが無い人がほとんどでしょうから、頑張って自分でやってみようと思わずに、そのまま見積もりに出した方が良いかも知れません。

    大きな契約の時には特に、充分な注意力を払っているでしょうがそれでもなお、事前に予測できないいざこざに遭遇してしまうケースがあるのです。

    車を売るときにたまに見かけるケースとしては、売却成立後に何か問題点が見つかったので買取金額から差し引くと通達される場合があるのです。

    売却する際に売り手側が事故歴などを隠蔽していたのならばわざと申告していなかった売り手側が悪いです。

    わざと隠し立てしていたりしなければ、査定するときにあらかじめ確認しなかった方が責任を取るのが普通ですから、自ら承服する必要はないと言えます。