トップページ > goto

    このページではgotoで輸入車のオンライン査定ができるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて高額で買取をしてくれるgotoの車買取店に売りたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取専門店をチェックしてみてください。

    輸入車を高く査定してもらうために大事なことは「gotoにある複数の車買取会社で査定をしてもらう」ということ。1社のみとかなじみのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら明らかに損をするので注意してください。

    車買取のオンライン一括査定なら2分位で入力できるのでカンタンです。gotoにある複数の車買取店からの査定額を比べられるので、輸入車(外車)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の車一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい有名なので安心して利用できます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な数!オンライン上で最大50社へ輸入車の買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話がかかってこないので安心です。
    もちろん、goto対応で利用は無料。

    「輸入車を少しでも高く売りたいからオンライン査定で買取相場がいくらか知りたいけど、電話で営業されるのは…」ということならメール連絡で査定額を教えてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが乗っている輸入車の買取査定相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという車買取業界では新しいサイト。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、5万キロ以上走った輸入車でもgotoで高額買取してくれる買取業者が分かります。

    一般的な車査定一括サービスであれば、申し込むと複数の会社から電話で連絡があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。オンライン上でたった45秒あれば入力が完了しますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「オンライン上で簡単に数年落ちの輸入車の買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した提携業者だけが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取業者から電話がかかってきたらすぐに即決することなく、gotoに対応している複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車でも高価買取の可能性が高くなります。

    最大10業者が輸入車の買取査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる有名なオンラインの車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社が輸入車の査定額を出してくれます。

    1社だけでなく複数の業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることが可能になるので、gotoに対応している複数の買取業者に依頼をして長年大事に乗ってきた輸入車を少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、サポート体制も充実していますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車・外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定はgotoにも対応していて出張査定費用は無料です。

    外車王は輸入車・外車専門の外車買取店なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高く売ることができる可能性大です。
    なので、輸入車を高く売りたいのであれば、とりあえずランキング上位の車買取の一括査定サイトを利用して買取査定額を比較してみてください。

    いろんな中古車買取店に査定をしてもらった後で、最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。







    大きな中古車買取店のほとんどが、いつも様々なキャンペーンを展開しているといっても良いでしょう。

    これらの多くは車売却の際に受け取れるのが一般的ですが、中にはただで査定するだけで貰えるものもあるのです。

    もっと具体的にいうと、ある特定のWebサイトから無料査定を行うと一定のポイントが貰えるなどです。

    無料見積もりを行うだけで買取をしなくても特に問題はありませんから、査定だけでポイントがもらえるキャンペーンを見付けたら自分も実施してみると、ポイントがたまって相場も分かって2倍お得ですね。

    過去に修理を行った形跡がある車を修理歴車と呼びます。

    この修理歴車は中古車査定時に見積額が大きくマイナスされる要因の一つになるのです。

    しかしながら、修理歴のある車が全部修理歴車の扱いを受けるというものでもありません。

    車のいわゆる骨格に相当する部分にまで修理が及んでいなければ、車体の傷やへこみを板金塗装したりドア交換したりしてもとくに修理歴車になるわけではないのです。

    そうは言っても、修理歴車には相当しなくても、過去に修理した履歴がある車は減額対象になるケースが多いのです。

    一般論を言うと、買取専門店などに車を売った際に査定書は出してもらえず、望んでもくれない場合が大半です。

    資産証明(自己破産申告や遺産相続などで必要)をする場合などで車の査定金額が明記された証明書が入り用になったときには、日本自動車査定協会、通称JAAIに車の査定をお願いしなければいけません。

    日本自動車査定協会の事業所は国内に50ヶ所以上あって、無料で査定してくれるわけではありません。

    さらに、少々面倒ですが、事前予約制となっているのです。

    正式な価格を出すために訪問査定を依頼すると、金額を提示した業者は即決を促すでしょう。

    いま決めてもらえたら金額を上乗せするといった熱いトークが始まるのですが、即断するのは間違いです。

    中古車売却時には複数の会社から見積もりをとって競合させるのが高額査定を得るためのセオリーだからです。

    心が動くかもしれませんが、まずは多くの見積額を手にすることを優先的に考え、金額の比較ができるようになってから次の交渉段階に進めばいいのです。

    けして焦りは禁物です。

    修理しようもない状態になった車は全損扱いになりますが、全損はおおまかにふたつに分けられます。

    物理的全損といって修理すら出来ないお手上げ状態が1つめで、他には修理費がかかりすぎて車両保険で賄い切れない経済的全損もあります。

    普通、保険会社から支払われる給付金の額は、生命保険のように確定しているものではなく、その時の市場の評価額を元に算定されます。

    国内の自動車保険各社のほとんどは日本自動車査定協会が出している市場データの冊子を参照して支給額と市場相場に乖離がないように努めています。

    市場価格と保険会社が提示した金額に差があるなど疑問を感じた際は、実際例を示して交渉してみるのもありです。

    なるべく高く売りたいなら複数の業者に競合見積もりさせるべきですが、そのためには車の買い取りの一括査定サービスを行っているサイト等をうまく使うに越したことはありません。

    スマートフォンからのアクセスにも対応していますから、いつでもどこでも査定を申し込むことが可能です。

    必要事項を入力して査定結果が出てきたら、高額の見積りをつけてくれた上位何社かと交渉に入ります。

    代車手配の有無もこの時に聞くと良いでしょう。

    中には常識はずれな営業電話をかけてくる業者がいるようですが、あとで嫌な思いをしないためにも早いうちに断るほうが良いかもしれません。

    場合によるのですが、自動車を売却したお金は課税対象となることがあるのです。

    売却した車の所有者が個人で、通勤専用車であれば所得税はかかりません。

    使用目的がレジャー等でも使うということになると、所得税の課税対象となるケースが出てくるので注意しましょう。

    車を売却した金額の方が、購入した金額よりも50万円以上高くなったときには所得税の課税対象です。

    仕事でも使っている車体を売却するときには、また別途違う決まりがあるので、良く分からないところがあったら確定申告をする際に税理士に相談するなどして対応してください。

    近頃市場に出回っている自動車はオプションでなくて最初からカーナビが装備されているものが多くなりました。

    こういうわけで、単にカーナビが搭載されていてもそれ程プラス評価が付くことはなくなったのです。

    標準的なカーナビでなくて、後から高額なカーナビをつけたような場合に限り評価してくれる可能性が高くなります。

    カーナビを外すのにさほど手間がかからないのならば、事前に外してしまってカーナビだけでオークションなどで売ったほうが利益が出る場合もあるでしょう。

    自動車を売却する際には書類が何点か必要になります。

    でも、車に関連した書類をなくさずにきちんと全部管理していて、かつ結婚などで姓が変わったり引っ越しなどで住所が変わっていなければ、新しく必要になるのは印鑑証明書だけです。

    車を売るときだけでなくて、印鑑証明は自動車購入の際にも入り用になってきますから、2枚同時に取ってくると手間が省けて賢いですね。

    印鑑証明書は取得した日から3ヶ月間は有効です。

    車を売ることを思い立ったらすぐに取りに行くようにすれば、後々の契約手続きなどが滞りなく完了します。