トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    その程度も関係してくるので一般論ですが、煙草臭が売却予定の車の中に漂っている場合には買取の見積もりをする際にマイナスになります。

    車内にタバコを吸っていた形跡がある車というものは、禁煙車を希望している人には売ることは至難の業だからです。

    この煙草の臭いの元は、ヤニ汚れで、その車のどこかに付着しています。

    中古車買取店に持って行く前に車の中を入念に清掃すれば、少なからずタバコの臭いを消すことが可能になるでしょう。

    持っている車を売ろうと決心したときには、一番最初にすることは、今の時点でのおおよその相場価格を知ることです。

    相場が分かっていることによって異様に安く買い取りされる危険性を大分減少させることが可能ですし、車の査定相場よりも高い金額を提示してくれた会社に即決することも可能になるというものです。

    多数の買取業者にネットを利用して一括査定可能なサイトがあるので、ネット環境が整っていれば、自分の車の査定相場を知ることは簡単ですね。

    中古車買取において、業者に査定依頼する際に必要になる書類は、車検証と自賠責保険証明書の二つなので誰でも直ぐ分かるところにあるでしょうから、あちらこちら書類を集めたりする手間は掛からないと言えます。

    売買契約を結ぶときには車の名義変更が必要になってくるので、それから、印鑑証明書及び自動車税納税証明書等の幾枚かの重要書類が必要になるのです。

    近頃、転居や結婚などの身辺変化があって車検証などの内容が現在の住所や姓になっていないときには記載内容の変更のためにさらに必要な書類が増えますから、姓や住所の変更などがあった人は、なるべく早く必要な書類を準備しておくと滞りなく売却が出来るでしょう。

    車の査定依頼を中古車販売店にする場合は、お金をとられることはまずありませんが、カーディーラーに下取り査定を頼むときには、ちゃっかり査定費用が盛り込まれていることがあります。

    査定手数料は現金で支払うことはなく下取額から引くのが普通ですが、無料査定が基本の中古車業者のCMなどを見た後には特に忘れがちなことですので、契約書にサインする前に査定手数料は必要なのかをあらかじめ確かめておくようにしましょう。

    無償ではないことがわかれば、交渉によって下取額の増額や手数料の無償化も期待できるからです。

    車の買取業者から代金が振り込まれるのは、契約書に署名捺印してからだいたい一週間後となります。

    訪問査定当日に契約を約束したところで、所有者側で用意する書類が足りなかったり、実印が見当たらないなんてことになれば、その場では契約は成立しません。

    印鑑証明などは役所に行かなければ取れませんし、早く入金してほしければ、中古車買取業者に査定に来てもらう以前に必要書類を集めておくと良いでしょう。

    それと、普通乗用車は軽自動車とは必要書類が違い、実印も必要ですから業者のホームページなどで確認しておくことをお勧めします。

    業者が提示した買取額で了解し、売買契約に署名捺印するとなれば、売主が用意しなければいけない書類がいくつかあります。

    軽と普通車では印鑑の違いがあったり、個人情報に変更があれば必要書類も増えるので気をつけてください。

    普通車でも軽でも必要なものといえば車検証で、あとはリサイクル券(預託済みの場合)、自賠責保険の保険証、直近の自動車税納税証明書が必要になります。

    それと、契約には実印と印鑑証明書が不可欠ですが、売却するのが軽自動車のときは認め印で済むので印鑑証明書も要りません。

    一度払った自動車税は還付されないと思っている人が多いでしょうが、月割りで還付されるケースがあります。

    これは、通常の普通自動車を買取に出したりしないでそのまま廃車にしてしまったときには還付されます。

    廃車にするのが軽自動車だったときには、税金の還付はありません。

    しかし、自動車税を支払ったばかりで残りの期間が相当月ある場合などは、買取店側が税金分を査定金額に上乗せしてくれるケースが多いでしょう。

    良心的な業者があると言っても、査定の時に税金分はどうするかについて充分に説明してくれる買取店ばかりではないのが現状です。

    特に税金分がたくさん残っている場合には、必ず契約前に質問しておきましょう。

    車に関する税金の話をしましょう。

    自動車税というものは、車の所有車に対して一年分の請求が来ます。

    そして毎年4月1日の時点での所有車に対してかかってきます。

    そうは言っても、車を売ろうとする場合には、残っている月数分の税金額が査定に加算されるようになっているので、勿体ないと感じることはありません。

    自動車税は戻って来ますが、自動車重量税は廃車にする場合を除いて返却される制度はないのです。

    しかし、還付される決まりはなくても、支払い月数分の残りをプラス査定してくれるケースもあるのです。

    自動車重量税に関しては買取業者と直接交渉してみると良いですね。

    買取業者に車を売る際の手続きを具体的にあげると以下の通りです。

    初めにネットの一括査定サイトを活用して、現物確認なしの仮査定額をチェックします。

    次に買取業者による現物査定が行われ、実際の査定額(買取額)が提示されます。

    安いと思ったら断るか、もしくは交渉を経て価格や条件に不満がなければ売買契約を締結します。

    契約締結後に車を業者に引き渡し、それから所有者の移転登録等の手続きがひと通り終わった後で業者から売却代の振込があるのが普通です。