トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    車を一円でも安く手に入れて、なるべく高く売るのが中古車販売店勤務の営業マンの仕事でしょう。

    買取販売店の従業員のセールストークをまるっきり信用してしまうのも考え物で、本来もっと高値で取り引きできたかもしれないケースも沢山出てくるかもしれません。

    前もってその車の査定金額の相場が何円相当かしっかりと調査しておいて、相場価格よりも安く提案された際に自分の方から駆け引きするつもりでいると従業員の売り文句に一矢報いることが出来るかもしれません。

    中古車売買に際して、1年1ヶ月以上車検が残ったままだと、買取店舗によっても多少の違いはあるでしょうが、だいたい数万円ほど見積金額が上乗せされます。

    しかしながら、車検まで1年以下しか残っていないときには車検までの残りがあったとしても見積もりに影響しません。

    残りの車検が長い方が査定に良い影響を及ぼすといっても、売る前に車検を実施してもあらかじめ車検をするために掛かった以上の金額が査定価格にプラスされることはありませんから、あらかじめ車検を実施してから売却するのは無駄だと言えるでしょう。

    修理したことがある車を修理歴車と呼称しますが、一般的には事故車と呼んでいます。

    そしてこの修理歴車は中古車査定においてかなり見積もりを下げてしまう元凶となります。

    しかし、修理したことがある全部の中古車が修理歴車として扱われるというわけではないのです。

    ボディーの骨格相当部分に修理が施されていなければ、外装のへこみなどを板金塗装してあったとしても通常の修理歴車扱いにはなりません。

    でも、修理歴車というレッテルは貼られなくても、査定時に修理した履歴がある車は見積額を低くされてしまうことも多いに考えられます。

    一箇所ならぬ複数のところから査定ゼロという返答が来た場合、所有者が選ぶ道は2通りあります。

    いずれ廃車にするつもりであと何年か乗るか、廃車に近い車を専門に扱う業者に売却するかのどちらかでしょう。

    廃車買取専門店というのは、買取後に車を売るわけではなく、パーツ分けして修理屋に売却するなどして商売しています。

    だからこそ普通の業者で断られるような車も値段をつけてくれるのです。

    大事に乗ってきた車ですから値段がつけば嬉しいものです。

    また、ほとんどの業者は廃車手続き代行も行っています。

    たいていの買取業者は夕方以降の暗い時間帯にも家まで出向いて査定してくれます。

    明るい昼間より夜間の査定のほうが車体のキズが見えにくいので、高めの査定結果になりやすいといった噂もありますが、屋外照明が蛍光灯や豆球の懐中電灯だった頃ならともかく、いまとなっては昔話です。

    指摘のとおり夜間の査定は骨が折れるものですし、雨の日や曇天なども薄暗いので噂のようなこともあるかもしれませんが、業者もそれは承知なので厳しく減点している可能性もあります。

    それに、車が綺麗な場合には晴天のほうが見栄えがしますし、査定は総合評価ですから、天候云々では期待するほど査定額に違いはないでしょう。

    車の売却査定を依頼する際は所有者側で何か書類などを整える必要はまだありません。

    ただし、買い取り先を決めて本契約となったら、最新の納税証明、車検証、自賠責保険証といった複数の書類を求められるでしょう。

    普通乗用車であれば印鑑証明書が必須ですし、書類と現在の姓が違っている人はもとより、現在の住民票の住所とその他の書類の住所が異なる際は、提出書類は増えます。

    売却の意思が堅いのでしたら早めに書類を準備しておくほうがあとの手続きはラクです。

    一般的に自動車業界が考慮する走行距離のスタンダードは年間で1万キロメートルとなっています。

    しかし、あくまでも目安ですから、古い年式の自動車だったら通常は年鑑の走行距離数がいくらか短くなると考えられます。

    自動車を売るときにはなるべく走行距離が少ない方が査定額は高くなります。

    走行距離が短い方が有利ですが、機械は長い間動かさないでいると何かしらの不具合が出てきやすいのです。

    走行距離数があまりにもその車の年式と釣り合わないと、車を査定するときに大幅にプラスにならないというのを覚えておくと良いかも知れません。

    自分の持っている自動車を売りに出す前にキレイに洗っておくことは、直接査定には響きませんが車を高く査定してもらうには効果があるのです。

    現実的にはピカピカに洗車してあってもそうでなくても、自動車の見積額が上乗せされるケースはほぼないのです。

    でも、愛車を丁寧に扱うオーナーであると言うことを結果的にアピールすることに繋がるのです。

    車の扱いが丁寧でない持ち主よりも印象が良いですから、査定結果も良くなって結果的に得をすることになります。

    国内での流通実績の点からすると国産車に比べて外車は数が少な過ぎますから、同じ状態の車でも業者によって買取額が全然違います。

    よく確かめもしないで売るとあとで後悔するはめになりかねません。

    査定を依頼するなら輸入車専門の業者にした方が、外車に乗る客層のニーズを理解しているので査定額は全体的に高めになります。

    では外車専門店ならそれでいいかというとそうではありません。

    外車を扱うところは、MINIなどの英国車専門店、BMWやアウディのセダン中心など特色を打ち出した店が多いです。

    中古車の売却のための一括査定サイトなどもありますから、そういった情報を参照しつつ、売却対象車とのマッチングが良い業者を探すことから始めてみてはいかがでしょう。