トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    できるだけ多くの買取業者に買取の見積もりを出してもらってから実際に売却する会社を決定していくのが、高く車を売却するコツです。

    いっぺんに沢山の業者に見積もりに来てもらって、査定額を競争させるというのも自分にとってかなり有利にはたらきますね。

    数社に価格競争させるのは意外に良くあることですから、特に心配する必要などないのです。

    それから話は変わりますが、いざ契約となった時には取り引きの際の契約書の中味はきちんと読み込む事が大切ですね。

    車の査定は夜や雨の日に申し込んだ方が得策といわれることがあって、見積額が少々上がるという話を聞いたことがある人も居るかもしれません。

    夜間の査定は暗くてよく見えませんし、雨だと水滴が邪魔をして査定する車の汚れやキズなどのマイナス要因が判別しにくくなると言うのが理由となっているようです。

    でも、視界が良くないからと言う理由で高く査定をするほど甘めに見てくれる人がいる事は無いといって良いでしょう。

    それより逆に、本当に見落としてしまったときの場合に備えて、晴れた日中に査定する場合よりも少々査定額を抑えられてしまうこともあるでしょう。

    売却予定の中古車を査定するときには、カーナビやオーディオなどのオプション品が付いていると査定額が高くなる傾向にあります。

    でも、新型の車にはカーナビシステム非搭載の方がめずらしいので、新しい型のカーナビシステムが付いていないと大きく見積額がプラスになるとは思えません。

    さらに、同様の理由でカーナビ非搭載だと査定の際にかなり低く見積もられる可能性も出てきますね。

    思い立ったら時間を問わず可能なのが、インターネットの良さですが、中古車の査定依頼もウェブだったら簡単にできてしまいます。

    いくつかの業者の見積りを短い時間で知ることができます。

    ただ、ひとつだけ不自由に感じるところがあります。

    時間があったので深夜に査定サイトに登録したら、これから寝るぞという時に夜間営業の中古車屋などから電話が殺到したりする可能性もゼロではありません。

    夜の方が都合が良いという人もいますし、迷惑かどうかは個人の事情にもよるのですが、連絡先の選択は注意するポイントです。

    査定結果に納得し、実際に売却する手続きに入ると売主が用意しなければいけない書類がいくつかあります。

    軽と普通車では印鑑の違いがあったり、個人情報に変更があれば必要書類も増えるので気をつけてください。

    基本的に車検時に必要なものと同じですが、まず車検証、車の自賠責保険証、リサイクル預託証明書(もしくは自動車リサイクル料金の預託状況でも代用可)、納税証明書ですが、紛失している場合は再発行してもらってください。

    それから取引の際は実印と、業者の指定する期間内の印鑑証明書が必要です。

    しかし軽乗用車に限っては実印ではなくスタンプ印以外であれば認印で構いません。

    よって印鑑証明書も不要です。

    どこに査定を頼んでも値段がつかないと言われてしまった時は、出来ることは限られています。

    廃車にするまで乗り続けるか、過走行車や事故車など廃車手前の車を扱っている専門業者に売却するといったところでしょう。

    そのような業者では車をそのまま売ることは稀で、使用可能なパーツに分けて売るといった方法で利益を得ています。

    つまり、よそがやらない手間をかけているためにワケありの車も値段をつけてくれるのです。

    廃車手続きもしてくれるので、ダメ元で問い合わせてみるのもアリでしょう。

    車を買い換える際に古い車が不要になるので、ディーラーに下取りしてもらうというのはよく聞く話です。

    購入した店で引き取ってくれて、しかも新車は割引になるので、中古車屋に売る面倒も省けて大幅に時間も手間も少ないというメリットがあります。

    ただし、ディーラー下取りと中古車屋の買取を金銭的な損得で比較すると、業者に買い取ってもらうほうが高い値段がつくことが挙げられます。

    高値売却を望むのでしたら、少々手間をかけてでも買取業者に査定してもらったほうが良いでしょう。

    全部が全部という訳ではありませんが、課税対象に車の売却金が含まれるケースがあるのです。

    売却した車の所有者が個人で、完璧に通勤用となっていれば所得税の対象からは外れます。

    車の使用目的がレジャー等にまで広がってくると、課税対象になって所得税を支払うかもしれなくなります。

    具体的な数字では、車を売ったお金が買ったお金よりも50万円以上高くなったときに所得税を支払います。

    個人事業主の場合で、その車を日常以外で業務使用しているときにはまた異なるルールがあるので、わからないときには確定申告をするときに税理士などに質問して後からトラブルにならないようにすべきでしょう。

    思いつく限りの業者を当たってみても値段がつかないような時は、廃車手前の車を専門に扱う業者に相談してみるのも手です。

    他店で敬遠されがちな車でもそういった業者であれば、再利用可能な部品があるかどうかを見た上で、買い取ってくれる可能性が高いです。

    面倒だから廃車にしてしまおうと思うかもしれませんが、役所、スクラップ屋、運輸局の手続きの一切を自分でする位なら、業者に一任するほうが早く、確実です。

    廃車業者を利用するメリットは、面倒な廃車手続きの代行だけでなく、無償で車を処分してもらえるという点です。