トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    たいていの場合、中古車販売店の大手では、多くのキャンペーンを常時開催していることでしょう。

    景品などの恩恵は中古車売買時にプレゼントされることが可能ですが、その中には無料査定だけで受け取れるキャンペーンも存在します。

    もっと具体的にいうと、ある特定のWebサイトから無料査定を行うとネットで使えるポイントが受け取れる等のシステムです。

    無料見積もりを行うだけで買取をしなくても特に問題はありませんから、無料査定するだけでプレゼントが貰えるキャンペーンがあったらぜひ査定してみるとお得ですね。

    WEB上でどんな時でも一瞬で中古車査定ができてしまうのがたくさん存在している一括査定サイトのメリットと言えるでしょう。

    入力フォームに必要なことを記載すると瞬時に多くの買取業者からの見積もりがもらえて、売却予定車の今の価格相場が分かるのです。

    名前などの個人情報を極力知られたくない方は、名前を入力しなくても査定可能なサイトもあるので探してみましょう。

    これは中古車査定の場合だけではなくて、どんなことにでも同じ事が言えると思いますが、口コミには否定的なものが絶対あるのです。

    いくつかの否定的な意見があったとしても、それだけに左右されると結果的に何も手に付かない事になるでしょう。

    口コミはほどよく参考にする程度にして、頑張って無料査定をしてみて、その査定時に自らが持った感想で判断していくことが最善の方法なのです。

    買取業者に車の査定を出すのは気軽なもので、費用は一切かかりません。

    しかしどうせ車を買い替えるのだからとディーラーの言うがままに下取りに出すと、あとで査定手数料をとられていたことに気づいて憤慨することにもなりかねません。

    査定手数料は現金で支払うことはなく下取額から引くのが普通ですが、業者の無料査定を経験した人ほど忘れがちなことですので、ディーラーが下取り査定をする以前に、査定は無償なのかそうでないかを念のために確認するようにしてください。

    無償ではないことがわかれば、買取業者の方が有利ということで、ディーラーに価格交渉するネタになります。

    専門家である買取業者からすると、個人がいくら隠そうと努力してみても買取対象車の修復歴や事故歴は隠しおおせるものではありません。

    修理歴等を偽って深刻する行為は信頼関係を破綻させる原因として充分ですし、そうなると価格交渉どころではありません。

    修復歴をあえて隠すというのは法律的には告知義務違反となり、内容次第では減額や返還請求といったペナルティが課されることになります。

    こうしたトラブルを避けるため契約書の記載でも告知義務違反に関する項目は必ずあるはずです。

    査定の時に天気が悪かったりすると、査定対象となる車のヘコミや傷が目立たなくなるため、本来の価値よりも高めの査定額になりやすいとする説があるのですが、プロほど天候による差異などを熟知していて、むしろ念入りにチェックする傾向もあります。

    また、よく手入れされた車両というのは天気の良い日にはその美しさが際立ちます。

    お天気次第で同じくらいのメリット、デメリットを有するので、天候には頓着せず、好きなときに査定してもらうのが一番です。

    個人で所有する車を手放す時に、買取業者に売却するのではなくて、個人同士で売り買いするというケースもあります。

    中間業者が入らない分、売り手はより高く、買い手はより安く売買可能になるのです。

    しかしながら、契約書などの手続きを全て個人で行うことになるのでとても面倒ですし、お金に関するいざこざが起きやすくなるのは否めません。

    お金に関しては、なるべく一括払いで払ってもらうようにするといざこざに発展する可能性が低くなるでしょう。

    一度払った自動車税は還付されないと思っている人が多いでしょうが、月割りで還付されるケースがあります。

    これは、一般的な普通自動車を売らずにそのまま廃車にすると税金が戻って来ます。

    逆に軽自動車については別途決まりがあって、自動車税が月割で返金されることはないのです。

    でも、自動車税の残り期間がかなり残っている場合などは、買取店側が税金分を査定金額に上乗せしてくれるケースが多いでしょう。

    しかし、査定をするときに税金分の取り扱いについてきちんと説明してくれる買取会社ばかりではないでしょう。

    特に税金分がたくさん残っている場合には、必ず契約前に質問しておきましょう。

    自分の車の売却を考えている際に最近見かけるインターネット一括査定システムに登録すると、現物を見せてくださいという内容の電話が殺到し、対応に困ることも少なくありません。

    現実的な対策としては、連絡手段として「メールのみ」が選べるサイトで登録することをおすすめします。

    すべての中古車屋がそうだというわけではありませんが、勤務中でも夜でも一切顧みず電話攻勢をしかけてくる場合もないわけではありません。

    それなら最初からメールのみにしておけば、家族や仕事先に迷惑をかける心配もありません。