トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    高い値段で中古車売買するコツは、一軒二軒の査定で満足せずに多くの会社へ査定をお願いするのが手っ取り早い方法です。

    他社の見積金額を見せて交渉することで査定金額が変化することがたくさんあります。

    沢山の店舗にいっぺんに見積もりを依頼するには一括査定サイトの利用が便利で良いのですが、このときに妙に高く見積もってくるところは車だけ取られてお金が振り込まれない詐欺にあうかもしれないので十分注意する必要があります。

    知っておいた方が良いこととして、車の買取市場において言えることは、中規模や小規模の企業と、業界大手の企業では査定スタンスが少々違ってきます。

    大企業は資金力にも恵まれていますし、買い取った車は専用の販売ルートでさばくことができるので、積極的に買取を行っていきます。

    しかし、買い取りの基準は社内規定で厳しく決められていることが多く、提示された価格に対して交渉できる可能性はあまりありません。

    その一方で、中小の買い取り店舗は一車種毎にオークションで販売していく方式をとることがほとんどのため、関わった中古自動車査定士が「これはいける」と思えば見積もりがアップする可能性が大きいのです。

    普通は、車を売ったときに買取会社などから査定書が発行されることは珍しく、望んでもくれない場合が大半です。

    自己破産や遺産相続に関して資産証明が必要になることがありますが、このような場面で査定額が分かる証明書が必要になった際には、日本自動車査定協会、通称JAAIに査定を依頼する必要が生じます。

    JAAIは国内で50ヶ所以上の事業所を持っていて、車の査定には幾らかの料金が発生します。

    それから、事前に査定の申し込みが必要です。

    夕方以降や雨天など暗い時を狙って車の査定に来てもらった方が金額的に有利だという意見は根強いようです。

    ボディのキズやへこみが薄暗さに紛れてしまうため、マイナスポイントがつきにくいというのがその根拠だそうです。

    とはいうものの、見逃す程度の擦りキズが大幅に査定に響くことは考えられません。

    実際にはいつ来ても構わないという気持ちで数多くの買取業者に車を見てもらい、値段をつけてもらう方が利益は大きいのではないでしょうか。

    来たからには見積りに勝って契約をとりつけて帰りたいという競争心が働きますし、査定の金額も高くなるからです。

    見積りに来てくれた中古買取業者から好条件の見積りを出してもらうにはある種のコツが不可欠です。

    ただヨロシクお願いしますではいけません。

    売主側は査定金額さえ良ければいつでも契約するアピールをしてみせ、その上で誠意ある対応を求めるのです。

    中古車買取業者の立場からすると車の引き取り日が決まればその後の補修や清掃といった販売前のスケジュールがほぼ本決まりとなるため、お互いに金額交渉が円滑に進められます。

    複数の中古車屋からゼロ円査定されてしまったとなると、あとに残された選択肢は多くはありません。

    残しておいてもしょうがないので廃車にするか、普通の中古車屋ではなく廃車専門の業者に査定してもらうかは、本人次第です。

    業者はそういった車を中古車市場に流すことはせず、パーツ分けして修理屋に売却するなどして収益金を得ている点が一般の中古車屋とは違います。

    ですから、よそで引き取ってもらえないような車でもそれなりの評価で値段をつけることが可能なのです。

    業者は廃車手続きの代行もしてくれるので、どうしたら良いか分からないという人でも安心です。

    中古車買取店に車を売るためにネットの一括査定サービスなどを利用すると、やたらと営業電話がかかってきて驚きますし、度が過ぎれば対応しきれないこともあります。

    対応する手間と時間を省きたいのでしたら、電話連絡なしでメールのみの設定ができるところから査定を依頼したほうが良いでしょう。

    非常識な買取店になると相手の都合も時間帯も完全に顧みず電話攻勢をしかけてくる場合もないわけではありません。

    初めから電話連絡お断りにしておけばメールをチェックするだけでいいので、生活や業務に支障を来すこともないでしょう。

    「自賠責保険」は自動車を所有する全ての人に加入が義務づけられています。

    これは、還付の条件を満たしていれば自動車を引き払うときに保険金が還付されることがあるのです。

    一定の条件というのは、自賠責保険の残りが一ヶ月以上で車を廃車にするときです。

    廃車にせずに車を売却するときは還付されないのです。

    さらには、還付金が生じるケースでもオートマチックに口座などに入金されることはないのです。

    自らが保険会社に対して書類の手続きをしなければ還付されるものではありません。

    乗っていなくても所有しているだけで維持費がかかってしまうのが自家用車です。

    自宅近辺に使える公共の交通機関が充実しているなどの理由で、車を持っていなくてもそれ程困難を感じないのならば売却することで家計はかなり節約できるでしょう。

    自動車維持にかかる費用の内訳は、自動車税や保険料、さらには車検代、自分の家に駐車スペースがなければ駐車場の料金も維持費として挙げられます。

    これらを総合的に見ると、およそ年間数十万円にもなる場合だって珍しくありませんからビックリですよね。