トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    ほとんどの中古車販売業者は良心的ですが、ごくごく一部には、中古車買取店舗の中には悪質なものも存在しています。

    手法の例を挙げるならば、見積もり申し込みの段階において、見積もりの後に車を持っていくことが可能ならば査定金額を高く出来ますなどと言われて、売却希望の車をなるべく早く引き取りできるように希望されて、車を引き取ったは良いが料金は支払われずに、もう連絡も付かなくなってしまうと言う詐欺の手法があるのです。

    決められた一定の契約手続きを行おうとせずになぜだか妙に早く車を引き取りたがるスタッフに出会ったら厳重に注意してください。

    ボディーカラーは中古車買取査定において結構重要な項目です。

    白や黒は定番色で、どんな時も需要が安定しているので、査定に良い印象を与えるケースが大半でしょう。

    それとは逆に赤や黄色などの原色系は好みがハッキリと分かれる傾向があるので、査定時にマイナスされる傾向が出てきます。

    原色系はマイナス査定されやすいと言っても、査定価格はその時点でのオークションの相場によりけりなので、流行次第である特定の車体色が査定相場を引き上げることも考えられるのです。

    高い値段で中古車売買するコツは、一軒だけの見積もりで納得してしまわずに複数の買取業者に査定見積もりしてもらうことです。

    ほかの会社が出した査定額を提示することでその車の見積額が上がることは良くあることだからです。

    一斉に多数の買取業者に見積もり依頼するには中古車一括査定サイトを活用すると便利ですが、一括査定サイトで飛び抜けて高値を提示する店舗は車だけ取られてお金が振り込まれない詐欺にあうかもしれないので注意するに越したことはないでしょう。

    車を処分するためにネットの中古車一括査定サービスなどを利用すれば、各社一斉に電話がかかってきた経験はないでしょうか。

    現物を確認しなければ見積額は決まらないから、訪問査定に来たいという内容ばかりです。

    状況を説明しても執拗に何回も電話攻勢をしかけてくる会社もあるようですから、面倒なときはもう売却済みですと伝えるのも効くみたいです。

    でなければ、メール連絡のみで電話連絡が来ない査定サイトもありますから、面倒を避けるためにそうしたところを利用するのも良いでしょう。

    車を買い換える際、ディーラーに下取りを頼むと今までの車に乗ったまま次の車が納入するまで過ごすことができます。

    一方、ディーラー下取りではなく、中古車屋への売却の場合は話は別で、新車納入まで引き取りを待ってくれることはまずありません。

    代わりに自転車や公共交通機関が使えれば良いのですが、そうでない場合は業者に査定依頼する際に代車を利用する可能性があることを伝えておく必要があります。

    うっかりしていると業者次第で取扱いの有無は変わるので気をつけてください。

    中古車業者に車を売る際は、トラブル防止のために注意すべき点があります。

    簡単にいえば、契約書をよく読むことです。

    契約書というのはあとになって「よく読んでいなかった」と言っても、署名捺印が済んだ段階で法的な効力を持ちます。

    事前説明と異なる契約内容になっていないかなど値段、手数料といった金額に関連した文言はしっかり目を通す必要があります。

    裏の小さな文字の文章にも大事なことが書かれていますからすべてに目を通した上でそれで良ければハンコを押すようにしましょう。

    急かす業者は論外です。

    自分が乗っていた車を買い取りに出す場合に、査定項目の中にタイヤの溝の磨り減り具合も入っているため、残りが少なくなっていたら査定金額からマイナスされます。

    しかし、売却する前に新品のタイヤに変更してもかかった費用以上の上乗せは見込めないので、新品のタイヤに履き替えるのは無意味と言って良いでしょう。

    でも、履いているタイヤがスタッドレスならば、じっさいに見積もりを出してもらう前に通常のタイヤに戻しておいた方が良いでしょう。

    需要のある時期と季節が限られているスタッドレスタイヤは、査定額が下がってしまう原因になるのです。

    年間に1万kmという数値が、自動車業界が考えている標準の走行距離になります。

    しかしながら、1万キロメートルというのは目安で、古い年式の自動車だったら大抵の場合年間走行距離数はもうちょっと短いのが通常の考え方です。

    車売却の際にはできるだけ走行距離数が短い方が加点対象になります。

    走行距離が少ない方が良いのですが、車の機械の一種ですから定期的に乗らないとかえって何かしら不具合が生じやすいものなのです。

    年式に対して走行距離数が極端に少ないと、査定額アップの幅は少なくなってしまうのが実情です。

    自動車の売却などの際には、自分が充分に注意していても、予期しないトラブルに巻き込まれてしまうことがあるでしょう。

    中古車を売る時に時折見られる事案としては、既に契約が成立してから、問題が見つかったからと言われて買取額を下げるケースがあるので注意した方が良いでしょう。

    売却する際に売り手側が事故歴などを隠蔽していたのならば悪いのは売り手側です。

    でも、隠し事をしていたりしないのであれば、事前に査定で見落としをしてしまった方が責任を取る必要があるので、自分に落ち度がない以上認めなくても構わないのです。