トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    何も中古車販売店に限ったことではありませんが、売買に際して起こる可能性のあるトラブルは何個か考えることができますが、中にはとても酷いケースもあります。

    見積もりを出してもらってその車の引き取りが完了した後になって、更にチェックしたところ不備が出てきたなどと売却金額を下げられてしまう事も実際にたくさん見受けられます。

    もっと酷いケースになると、その車だけを引き取って提示された金額が振り込まれないこともあるのです。

    このような悪質な業者に出会ったときには、すぐに最寄りの自治体などの消費者生活センターなどに相談に行かれることをお勧めします。

    個人でインターネット上の中古車一括査定サイトを利用する場合にデメリットになることは、依頼した中古車買取会社から電話攻撃が一斉に始まることがあります。

    はじめは自分で利用したわけですし、仕方ないことだと言えなくもないのですが、ストレスをためてしまうよりは、未だに車の売却先が決まっていないとしてもとっくに車を売ってしまって手元にないと出任せを言うのが一番楽に断る方法でしょう。

    インターネット上には複数の業者に中古車を一括査定できるサイトがあります。

    そして、その中には、自分の名前を記載せずに査定を受け付けてくれる場合もあります。

    結果を連絡してもらうためにメールのアドレスや電話番号は記入する必要がありますが、やたらと個人の名前や住所は明かしたくない人には打ってつけでしょう。

    また、連絡先すら秘密にしたまま中古車の相場金額が分かるものとしては、製造メーカーのサイトで車種等の情報をフォーマットに入力すれば、現在の参考相場が分かる場合があります。

    でも、算出された価格はおおざっぱなものですから、信頼性に欠ける面があるのは否めないでしょう。

    自動車は国の検査と登録を経て初めて車検証が交付されます。

    そしてそれを基準に古さを表す意味で、何年落ちといった言い方をします。

    よく混同しやすいのですが、製造年ではなく初めて登録した年から数えるので要注意です。

    価格は年数が進むほど安くなり、10年落ちともなれば値段がつかない車も出てきます。

    中古車屋にとっては頑張って売っても僅かな利益しか見込めない商品ですが、いざ購入する立場で見てみると、10年落ちでも充分にメンテナンスされた車があれば、激安で高級車を手に入れることもできるわけです。

    中古車買取業者に車の査定を頼むと、たいていの業者は無償でしてくれます。

    けれどもどうせ車を買い替えるのだからとディーラーの言うがままに下取りに出すと、明細書に「査定費用」の項目があって驚いたという人も少なくありません。

    ディーラーでは査定代は下取額と相殺する形になるので現金での支払いは発生しませんが、中古車買取業者のときと同じ気持ちでいると、本来確認すべきことが疎かになってしまうため、ディーラーが下取り査定をする以前に、査定は無償なのかそうでないかをしっかり確認しておきましょう。

    査定は有料だと言うのであれば、買取業者の方が有利ということで、ディーラーに価格交渉するネタになります。

    一箇所ならぬ複数のところから査定ゼロという返答が来た場合、所有者が選ぶ道は2通りあります。

    いずれ廃車にするつもりであと何年か乗るか、過走行車や事故車など廃車手前の車を扱っている専門業者に売却するといったところでしょう。

    過走行車廃車専門の業者は引き取った車を単体で売ることはあまりなく、分解してパーツ単位として販売するといった手法で商売しています。

    つまり、よそがやらない手間をかけているためにワケありの車もそれなりの評価で値段をつけることが可能なのです。

    そのほか、廃車にする手続きも代行してくれるので、迷ったらこうした業者を利用すると良いでしょう。

    同時に多数の車買取会社のスタッフに出張査定予約を入れて、その場に居る全員に同時に査定をしてもらうことを相見積もりと呼んでいます。

    この方法を選択する利点としては、価格競争を起こさせて査定額を上げることですね。

    中古車買取会社の中には相見積もりを快く思わないところもあるのですが、さほど相見積もりを嫌がらない業者は車を購入したいという意欲が高いところがほとんどで、業者同士の価格競争が激化することに期待が持てますね。

    一円でも高く車を売るために効果が高い方法といえますね。

    普通自動車でも軽自動車でも車を所持していると、たとえ使う頻度が少なかったとしても維持費は同じようにかかるのです。

    自動車税は毎年かかりますし、車検は二年に一度実施しなければいけませんし、その上自動車保険費用も必要になってきます。

    もっというと、駐車スペースが自分の敷地に確保できない場合には、別に駐車場代金も必要になってくるのです。

    自分が持っている車を手放そうかどうしようか悩んでいる場合には、これら少額ではない維持費を払ってでも車を持っている必要があるのかどうか充分に検討してみれば、売却した方が結局は得かどうかがハッキリしやすいでしょう。

    月々のローンの返済がまだ残っている場合でも売却する方法がないわけではありません。

    ただ、車検証の所有者欄が売却する人と同じであるという条件がクリアできるならの話です。

    所有者のところにローン(信販)会社の名前が記載されている状態だと、残債を返済しきるまでの間は実質的な車の所有者はローン会社ということになるので、ローンが終わってからでなければ売ろうにも売ることが出来ないのです。

    ただ、ローン会社の許可さえあれば、売却と同時にその利益をもって完済するという方法もあります。