トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    中古車一括査定サイトなどを利用して知ることが可能な金額は、詳細な査定基準ではなく簡易的に導き出された査定金額です。

    自分と全く同じ車種の同じ年式の車だったとしても、一台一台ボディーの状態などは千差万別で当然ですから、具体的な実際の査定金額はその中古車を目前でチェックしなければ分からないのです。

    ですから、オンライン査定で得られた情報通りの価格が本当の買取金額になるわけではないので、この点を事前に覚えておきましょう。

    手持ちの車を査定に出すときには、ボディーカラーも重要です。

    定番色のホワイトやブラックはいつでも安定した人気を誇っているので、査定額が高めに出る傾向があります。

    定番色とは逆の原色に近い赤などのボディーカラーは、人によって好みが分かれてしまうので、減額査定される可能性が高くなってしまいます。

    原色系は嫌われやすいと言っても、車の見積金額は中古車オークションの相場のタイミングにより常に流動的なものですから、その時の流行によってある一定の色にプラスの見積もりがなされる可能性があるのです。

    都合で買取店に行く暇が取れない人でも、インターネットサイトで車を査定できるものはあちこちに見受けられます。

    もちろん、大まかな金額でなくて、詳細な査定金額は本当に売却する車を査定してみないことには算定不可能でしょうが、たくさんの買取業者の見積もりを同時に瞬時に知ることが可能ですから、今の段階でその車がどの程度の価格であるかの相場を知る上で有効な手段です。

    それに、妙に価格相場から外れた査定をする会社を候補から外して、それ以外の業者と取り引きしようと考えることも出来ますね。

    買い替えや処分などで車を手放す際に考えられる選択肢は、カーディーラーに下取りに出す方法と、中古車屋への売却でしょう。

    中古車として売却するのであれば同時に複数の買取店に査定依頼を出すことで相互に競争するように仕向け、結果的に高値で売却することも可能です。

    ではディーラーによる下取りはどうかというと、価格競争の必要がないので競争による高値買取りのようなものは期待できません。

    そのかわり一箇所ですべての手続きが終わるという利点もあります。

    状況に応じて選ぶと良いでしょう。

    チャイルドシートを設置している車を売ろうというのであれば、査定前にはずしておいた方が良いでしょう。

    実車査定ではたとえブランド物のチャイルドシートすら無関係なのが普通だからです。

    そもそもベビーシートやチャイルドシートは中古でも人気が高い品物ですから、タダで車と一緒に処分せずとも取り外して売れば、そこそこ良い価格がつきます。

    オークションでもブランド製で美品なら驚くほど高値で取引されていることもある位です。

    なるべく高い価格で車を売却したいと思うのであれば、たくさんの業者から査定を受けることが大事です。

    そうは言っても実際のところ、仕事が休みになるたびにいくつもの買取店舗を巡るというのはかなりの負担です。

    ネットにある中古車査定一括サイトを活用すると、時間も労力も使わないで済む点はありがたいです。

    最初に車の情報などを登録すれば所要時間5分で数十社から見積りをとることも可能で、同じ作業を人力でやることを考えると雲泥の差です。

    もっともデメリットもないわけではなく、たくさんの買取業者からいっぺんに電話がかかってきますから、あらかじめ何社かに絞って依頼したほうが良いでしょう。

    自動車のオーナーにかかる「自動車税」というものは、所有車に1年分の請求が来て、その認定日は毎年4月1日と定められています。

    そうは言っても、車を売ろうとする場合には、税金の残っている月数分に相当する金額が見積もりに上乗せされるようになっているので、月割りで税金を払うのと同じことになるので心配無用です。

    しかしながら、自動車重量税に関しては廃車にでもしない限り返却される制度はないのです。

    しかしながら、税金を支払った月数分の残りの金額をプラス査定してくれるケースもあるのです。

    査定スタッフと交渉するとお得に売却できる可能性がアップします。

    乗り換えで新しい車を買う際に、これまで乗っていた車をディーラー下取りに出すことがあります。

    同時に売却と購入ができてしまうため、自分で買取業者を見つけて売るのと違って買い替えにかかる手間は半分で済みます。

    ただ、買取(下取)金額という点で見るとディーラーと中古車屋では、一般に下取りのほうが安価になるのは確かです。

    下取りは強制ではありませんから、売却で利益を出したければ、買取業者に査定してもらった方が、満足のいく結果が得やすいです。

    残っている期間によっても異なりますが、自動車車検は見積価格を左右することがあります。

    「車検切れ」である車よりも車検が長く残っている自動車の方が良いに決まっています。

    しかしながら、車検の残りも1年残っていないようだと査定価格アップをそれほど期待できません。

    しかし、査定価格が上がらないからといって、売却前に車検を通すことは無意味であると言って良いでしょう。

    車検にかかる総費用と車検を通したことによってアップする査定額とでは、車検費用の方が高く付く場合がほとんどなので損するのが目に見えているのです。