トップページ > 静岡県

    このページでは静岡県で輸入車のオンライン査定ができるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて高額で買取をしてくれる静岡県の車買取店に売りたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取専門店をチェックしてみてください。

    輸入車を高く査定してもらうために大事なことは「静岡県にある複数の車買取会社で査定をしてもらう」ということ。1社のみとかなじみのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら明らかに損をするので注意してください。

    車買取のオンライン一括査定なら2分位で入力できるのでカンタンです。静岡県にある複数の車買取店からの査定額を比べられるので、輸入車(外車)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の車一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい有名なので安心して利用できます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な数!オンライン上で最大50社へ輸入車の買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話がかかってこないので安心です。
    もちろん、静岡県対応で利用は無料。

    「輸入車を少しでも高く売りたいからオンライン査定で買取相場がいくらか知りたいけど、電話で営業されるのは…」ということならメール連絡で査定額を教えてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが乗っている輸入車の買取査定相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという車買取業界では新しいサイト。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、5万キロ以上走った輸入車でも静岡県で高額買取してくれる買取業者が分かります。

    一般的な車査定一括サービスであれば、申し込むと複数の会社から電話で連絡があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。オンライン上でたった45秒あれば入力が完了しますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「オンライン上で簡単に数年落ちの輸入車の買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した提携業者だけが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取業者から電話がかかってきたらすぐに即決することなく、静岡県に対応している複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車でも高価買取の可能性が高くなります。

    最大10業者が輸入車の買取査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる有名なオンラインの車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社が輸入車の査定額を出してくれます。

    1社だけでなく複数の業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることが可能になるので、静岡県に対応している複数の買取業者に依頼をして長年大事に乗ってきた輸入車を少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、サポート体制も充実していますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車・外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は静岡県にも対応していて出張査定費用は無料です。

    外車王は輸入車・外車専門の外車買取店なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高く売ることができる可能性大です。
    なので、輸入車を高く売りたいのであれば、とりあえずランキング上位の車買取の一括査定サイトを利用して買取査定額を比較してみてください。

    いろんな中古車買取店に査定をしてもらった後で、最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。







    車の買取を専門にする業者の中には特徴があって、軽自動車専門だったり、事故車や輸入車など、あるジャンル限定の車販売が得意だったり、若しくは専門としている買取業者が存在します。

    一例を挙げると、売りたい車が軽自動車なら、当たり前ですが、軽自動車販売が得意な店舗に依頼した方が高く見積もってくれることでしょう。

    そういった会社は中古車の無料一括査定サイトを使った際にも、一般の買取会社よりも幾らか高値で取り引きしようとしてきますから、判別することができるでしょう。

    自分が所有している車のおおよその査定相場を確認したいときに、ウェブを通して行う無料の中古車一括査定サイトにて知る方法もあるのですが、売却希望の車のメーカーサイトで査定金額の参考値を調べることができます。

    メーカーサイト上で参考値を知るだけならば個人情報は必要なく車種や年式だけで確認可能なところもあるので、一括査定サイトを活用した場合のような営業電話がしつこく何回も掛かってくる可能性は低いのです。

    中古車一括査定サイトなどを利用して知ることが可能な金額は、あくまでも簡単な査定方法にて算出した査定額となっています。

    同じ年式の同じ車種だったとしても、個々の車によって状態は同じではありませんから、個々の細かい事情を考慮した査定金額は車を目の前で査定しないことにはなんとも言えません。

    このようなわけで、ウェブ上で示された相場と同じ金額が本当の買取金額になるわけではないので、この点を事前に覚えておきましょう。

    買取業者に車の査定を出すのは気軽なもので、費用は一切かかりません。

    しかしどうせ車を買い替えるのだからとディーラーの言うがままに下取りに出すと、あとで査定手数料をとられていたことに気づいて憤慨することにもなりかねません。

    査定手数料は現金で支払うことはなく下取額から引くのが普通ですが、業者の無料査定を経験した人ほど忘れがちなことですので、ディーラーが下取り査定をする以前に、査定は無償なのかそうでないかを念のために確認するようにしてください。

    無償ではないことがわかれば、買取業者の方が有利ということで、ディーラーに価格交渉するネタになります。

    専門家である買取業者からすると、個人がいくら隠そうと努力してみても買取対象車の修復歴や事故歴は隠しおおせるものではありません。

    修理歴等を偽って深刻する行為は信頼関係を破綻させる原因として充分ですし、そうなると価格交渉どころではありません。

    修復歴をあえて隠すというのは法律的には告知義務違反となり、内容次第では減額や返還請求といったペナルティが課されることになります。

    こうしたトラブルを避けるため契約書の記載でも告知義務違反に関する項目は必ずあるはずです。

    査定の時に天気が悪かったりすると、査定対象となる車のヘコミや傷が目立たなくなるため、本来の価値よりも高めの査定額になりやすいとする説があるのですが、プロほど天候による差異などを熟知していて、むしろ念入りにチェックする傾向もあります。

    また、よく手入れされた車両というのは天気の良い日にはその美しさが際立ちます。

    お天気次第で同じくらいのメリット、デメリットを有するので、天候には頓着せず、好きなときに査定してもらうのが一番です。

    中古車を売ろうとするときには、もしも故障している場所があるのならば自動車査定士に告げるようにしてください。

    しかしながら、あらかじめ故障箇所を修理する必要はないのです。

    故障箇所の状態によってはマイナス評価を受けることになりますが、事前に修理したからといって反対に損をする結果を招くケースが多いようです。

    買取成立の後でお店が故障箇所を直すのにかける金額と個人が修理するために出す費用では、前者の方がグッと安くて済むのです。

    ですから、実際の修理費よりも査定額に反映される金額の方が少なくなってしまうのです。

    一律と言うわけではないのですが、中古車の売却金は課税対象になるケースがあることを覚えておきましょう。

    個人所有の自動車であり、通勤専用車であれば所得税の対象にはなりません。

    レジャーなどに行くときにも利用していた車であれば、今度は所得税を払わなければならない可能性が出てくるのです。

    具体的な数字を言うと、車を売ったお金が買ったお金より50万円以上上回った時です。

    個人事業主の場合で、その車を日常以外で業務使用しているときにはまた異なるルールがあるので、不明瞭な点があったら確定申告を行う際に申告書を提出する前に税務署のスタッフなどに相談してみましょう。

    事故車や過走行車と呼ばれる総走行距離が10万キロ超の車の場合、中古車屋からも引き取れないと言われてしまうことが多いです。

    しかし諦めるのはまだ早いです。

    解体業者への持ち込みと廃車手続きを自分ですれば、屑鉄代と重量税の還付金が手元に残ります。

    そのほか、事故車でも過走行車でも引き取るという業者を探してみるのも良いかもしれません。

    専門業者ならではの方法で再利用可能なパーツごとに値つけをしてくれるため、引き取れないと言われることはまずありません。

    廃車にする労力やコストを考えた上で金額的にも結果的にトクする方を選んでください。