トップページ > 静岡県

    このページでは静岡県で輸入車のオンライン査定ができるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて高額で買取をしてくれる静岡県の車買取店に売りたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取専門店をチェックしてみてください。

    輸入車を高く査定してもらうために大事なことは「静岡県にある複数の車買取会社で査定をしてもらう」ということ。1社のみとかなじみのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら明らかに損をするので注意してください。

    車買取のオンライン一括査定なら2分位で入力できるのでカンタンです。静岡県にある複数の車買取店からの査定額を比べられるので、輸入車(外車)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の車一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい有名なので安心して利用できます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な数!オンライン上で最大50社へ輸入車の買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話がかかってこないので安心です。
    もちろん、静岡県対応で利用は無料。

    「輸入車を少しでも高く売りたいからオンライン査定で買取相場がいくらか知りたいけど、電話で営業されるのは…」ということならメール連絡で査定額を教えてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが乗っている輸入車の買取査定相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという車買取業界では新しいサイト。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、5万キロ以上走った輸入車でも静岡県で高額買取してくれる買取業者が分かります。

    一般的な車査定一括サービスであれば、申し込むと複数の会社から電話で連絡があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。オンライン上でたった45秒あれば入力が完了しますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「オンライン上で簡単に数年落ちの輸入車の買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した提携業者だけが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取業者から電話がかかってきたらすぐに即決することなく、静岡県に対応している複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車でも高価買取の可能性が高くなります。

    最大10業者が輸入車の買取査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる有名なオンラインの車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社が輸入車の査定額を出してくれます。

    1社だけでなく複数の業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることが可能になるので、静岡県に対応している複数の買取業者に依頼をして長年大事に乗ってきた輸入車を少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、サポート体制も充実していますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車・外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は静岡県にも対応していて出張査定費用は無料です。

    外車王は輸入車・外車専門の外車買取店なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高く売ることができる可能性大です。
    なので、輸入車を高く売りたいのであれば、とりあえずランキング上位の車買取の一括査定サイトを利用して買取査定額を比較してみてください。

    いろんな中古車買取店に査定をしてもらった後で、最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。







    中古車一括査定サイトなどを利用して知ることが可能な金額は、詳細な査定基準ではなく簡易的に導き出された査定金額です。

    自分と全く同じ車種の同じ年式の車だったとしても、一台一台ボディーの状態などは千差万別で当然ですから、具体的な実際の査定金額はその中古車を目前でチェックしなければ分からないのです。

    ですから、オンライン査定で得られた情報通りの価格が本当の買取金額になるわけではないので、この点を事前に覚えておきましょう。

    手持ちの車を査定に出すときには、ボディーカラーも重要です。

    定番色のホワイトやブラックはいつでも安定した人気を誇っているので、査定額が高めに出る傾向があります。

    定番色とは逆の原色に近い赤などのボディーカラーは、人によって好みが分かれてしまうので、減額査定される可能性が高くなってしまいます。

    原色系は嫌われやすいと言っても、車の見積金額は中古車オークションの相場のタイミングにより常に流動的なものですから、その時の流行によってある一定の色にプラスの見積もりがなされる可能性があるのです。

    都合で買取店に行く暇が取れない人でも、インターネットサイトで車を査定できるものはあちこちに見受けられます。

    もちろん、大まかな金額でなくて、詳細な査定金額は本当に売却する車を査定してみないことには算定不可能でしょうが、たくさんの買取業者の見積もりを同時に瞬時に知ることが可能ですから、今の段階でその車がどの程度の価格であるかの相場を知る上で有効な手段です。

    それに、妙に価格相場から外れた査定をする会社を候補から外して、それ以外の業者と取り引きしようと考えることも出来ますね。

    車を売りたいので価値が知りたいという人は多いでしょう。

    その際、プロの査定を受けるやり方は簡単に分けると2種類です。

    ひとつはカーディーラーで車を買い、同時に下取りとして査定してもらうことです。

    もっとも手軽で新しい車と入れ替えに古い車の引取りを行うので、車がないという不便さも感じなくて済みます。

    ただ、一社だけという手軽さがアダになり、価格競争がないので当然ながら低い買取り価格になるようです。

    そして2つ目は一括見積りサイトなどを使って複数の買取業者に査定を依頼するやり方です。

    品物を欲しいと思う複数の業者間で競争原理が働くので、買取価格がディーラーより上がるのが普通です。

    中古車買取り業者に査定を頼む際には、特に用意するものはありませんが、買い取り先を決めて本契約となったら、車検証や自賠責保険証、納税証明など複数の書類を整えなければいけません。

    普通乗用車であれば印鑑証明書が必須ですし、姓の変更があった場合や現在の住民票の住所とその他の書類の住所が異なる際は、それを証明する書類が追加されます。

    中古車屋に売ると決めたら早めに書類を準備しておくほうがあとの手続きはラクです。

    パーツを交換したり付加するといったいわゆる改造車は、中古車市場ではあまり良い査定を得られないと言いますが、状態やニーズ次第です。

    付加価値の高い人気パーツならば評価も多少加点してもらえる可能性があります。

    しかし後付けパーツですから本体とは劣化の仕方も違い、状態が悪ければ外す必要があるので、その分だけ減点されるはずです。

    ほかに、斬新すぎたり極端な外観のものも売りにくいものとして敬遠され、買い取って販売することを目的とする業者としては、迷わず減点対象にするはずです。

    ですから改造車はノーマルの状態に戻して査定してもらい、はずしたパーツは専門店やオークションなどで売却するのが正解です。

    乗っている車を手放そうとする際には、万が一故障している場合には査定スタッフに申告するようにしましょう。

    だからといって、査定前に修理することを勧めているのではありません。

    故障の程度によってマイナス査定にはなるでしょうが、予め修理を依頼してから査定に出すのでは逆に損をする結果になることが多いのです。

    買取業者が故障車を修理に出す費用と個人が修理するために出す費用では、業者が修理に出す方が大幅に安いのです。

    結局のところ、あらかじめ修理した費用以上の査定額アップは望めないため損してしまうのです。

    自動車を売ろうとする際に、業者に売るのではなくて、個人同士で売り買いするというケースもあります。

    中間業者が介在しない分だけ、売却する側はなるべく高く、購入する側はなるべく安く売り買いすることができます。

    双方に利益があると言っても、契約に関することは全部個人間でのやり取りですから手間暇を惜しまない姿勢が必要になりますし、支払いに関するトラブルが起きる危険性も増すでしょう。

    代金の支払い方法に関して言えば、なるべく分割払いを避けるとトラブルを避けることが出来るようになりますね。

    既に支払いを済ませた自動車税が月割りで戻ってくる場合があります。

    これはどのような時かというと、普通自動車を売りに出したりしないで廃車にしたときだけです。

    反対に軽自動車に関しては、自動車税は戻りません。

    そうはいうものの、税金を払ったばかりなどで残り期間がたくさんあるなどのケースでは、税金分を買取業者が査定アップしてくれる場合があります。

    しかしながら、自動車税のことについてしっかりと説明してくれるところばかりではないのです。

    じっさいに売ってしまう前に必ず聞いておくと良いでしょう。