トップページ > 福岡県

    このページでは福岡県で輸入車のオンライン査定ができるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて高額で買取をしてくれる福岡県の車買取店に売りたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取専門店をチェックしてみてください。

    輸入車を高く査定してもらうために大事なことは「福岡県にある複数の車買取会社で査定をしてもらう」ということ。1社のみとかなじみのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら明らかに損をするので注意してください。

    車買取のオンライン一括査定なら2分位で入力できるのでカンタンです。福岡県にある複数の車買取店からの査定額を比べられるので、輸入車(外車)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の車一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい有名なので安心して利用できます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な数!オンライン上で最大50社へ輸入車の買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話がかかってこないので安心です。
    もちろん、福岡県対応で利用は無料。

    「輸入車を少しでも高く売りたいからオンライン査定で買取相場がいくらか知りたいけど、電話で営業されるのは…」ということならメール連絡で査定額を教えてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが乗っている輸入車の買取査定相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという車買取業界では新しいサイト。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、5万キロ以上走った輸入車でも福岡県で高額買取してくれる買取業者が分かります。

    一般的な車査定一括サービスであれば、申し込むと複数の会社から電話で連絡があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。オンライン上でたった45秒あれば入力が完了しますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「オンライン上で簡単に数年落ちの輸入車の買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した提携業者だけが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取業者から電話がかかってきたらすぐに即決することなく、福岡県に対応している複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車でも高価買取の可能性が高くなります。

    最大10業者が輸入車の買取査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる有名なオンラインの車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社が輸入車の査定額を出してくれます。

    1社だけでなく複数の業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることが可能になるので、福岡県に対応している複数の買取業者に依頼をして長年大事に乗ってきた輸入車を少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、サポート体制も充実していますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車・外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は福岡県にも対応していて出張査定費用は無料です。

    外車王は輸入車・外車専門の外車買取店なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高く売ることができる可能性大です。
    なので、輸入車を高く売りたいのであれば、とりあえずランキング上位の車買取の一括査定サイトを利用して買取査定額を比較してみてください。

    いろんな中古車買取店に査定をしてもらった後で、最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。







    出来るだけ自分の車を高値で売却する為に車の買取専門業者と査定金額の交渉を行う際に肝心になってくるのは、こちらから軽々しく価格を口にしないことでしょう。

    交渉前に査定相場をチェックしているのなら構いませんが、相場を知っていないならば相場の価格よりもずっと低い価格を自分で提示してしまうかもしれないので、価格を低めに言ったときには確実に損します。

    買取業者と価格交渉を行おうと思っているならば、交渉する前にはきちんと下調べして相場を把握しておかないといけませんね。

    沢山の会社に車の一括査定を依頼できるサイトがインターネット上には多くあります。

    そして、名前を明記しなくても査定をお願いできるものもあるのです。

    せっかく査定を依頼しても結果の連絡を受けなくては意味がないので、連絡先だけは教える必要があるのですが、なるべく個人情報を開示したくないという人には便利なサービスですね。

    また、連絡先すら秘密にしたまま中古車の相場金額が分かるものとしては、手持ちの車の車種や年式などの情報をメーカーのサイトに入力すると、現在の参考相場が分かる場合があります。

    そうは言っても、本当にだいたいの値しか出ないので、やはり詳細な金額ではないので、あまり参考になるとも思えません。

    中古車買取業者の中には、事故車や輸入車や軽自動車など、ある特定の種類の車種販売が得意だったり、または専門的に扱っている買取業者があるのです。

    もし売却予定の車が軽だったら、やっぱり軽の販売専門の業者の方が高い金額で買い取ってもらえることでしょう。

    特定ジャンルに長けた業者は一括査定サイトを利用した場合に、そのほかの買取専門店よりも査定額が幾分高く表示されますので、なんとなく分かります。

    所有者が絶対に中古車査定の際にはその場にいなければいけないとする約束を設けている業者はいないと思いますが、車の持ち主がいない場所で起きがちな問題を避けるためになるべく本人が査定に立ち会う方が良いです。

    トラブルの例としては、車のことがわかる人がいないのに乗じてこっそりキズをつけて買取値を安く下げようとした例もあります。

    中古車として改造車を売却する際、改造はどう査定に響くのかというと、状態やニーズ次第です。

    例えば改造パーツが流行りの品物であったり現在も人気が高いのなら場合によっては加点も期待できます。

    とはいうものの、その部分に劣化や損傷が認められれば業者は買取後に修理しなければいけないので、マイナス評価が入ることもあります。

    また、持ち主を選ぶような風変わりなデザインのものも、減点の対象となります。

    このように改造車は減点評価されがちですので、車はノーマル状態に戻し、パーツはパーツで処分したほうが良い結果を得やすいでしょう。

    業務用の車でない限り、一定以上の距離を走った自家用車は、買取り業者による査定の際は、走った分だけ減点評価されるのが普通です。

    共通認識として多走行車は5万km以上走った車で、減点対象で安くなってしまいますが、過走行車と呼ばれる走行距離10万キロ以上の車だと、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。

    ただ、車が全く売れないという意味ではありませんから大丈夫です。

    中古車買取店の中には過走行車をメインに扱う業者というのもありますので、そこに査定を頼むと使用可能な部位ごとに価格を算出していき、それなりの額で買い取ってくれるでしょう。

    愛車を手放した後から、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金の減額もしくは契約の解除を通達されることがたまにあります。

    もし自分が事故歴などを隠蔽して売ったとしたら売却側が責任を取る必要がありますが、査定スタッフが見落とししていたことに起因するものであれば売る側に何も責任は無いでしょう。

    納得できない理由で買取額の減額や契約解除を迫ってくるときには、消費生活センターや国民生活センターなどへトラブルが起きていると相談することが最善でしょう。

    車を査定してもらうときには車検証だけあれば良いのですが、売るときには複数の書類を用意しなければなりません。

    売却が普通自動車だったら車検証のほかに納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、印鑑証明書、実印を準備しなければいけません。

    これらの書類中、納税証明書がなくなっていることに気が付いたら、軽自動車と普通自動車では納税証明書の再発行を依頼するところは異なってきます。

    売ろうとしている車が普通自動車だったら都道府県の税事務所ですし、軽自動車だったら役所の窓口に行って再発行の手続きを取るようにしてください。

    愛車を売却しようとするときには、手続きに必要となる書類の中に車庫証明は入っていません。

    しかし、新しく自動車を購入した際には、きちんと自動車を保管する場所を届け出る車庫証明書が必要になってきます。

    これは販売店側で代行サービスを行うケースが多いですが、個人で車庫証明を取得することも可能です。

    ちょっと手間はかかりますが販売店側に手数料を支払わなくても構わないので、挑戦しても良いのではないでしょうか。

    手続きをするときには、前に乗っていた車はどうなったか説明しないといけないので、手続きに行く際には売買契約書を忘れずに持参して下さい。