トップページ > 東京都

    このページでは東京都で輸入車のオンライン査定ができるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて高額で買取をしてくれる東京都の車買取店に売りたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取専門店をチェックしてみてください。

    輸入車を高く査定してもらうために大事なことは「東京都にある複数の車買取会社で査定をしてもらう」ということ。1社のみとかなじみのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら明らかに損をするので注意してください。

    車買取のオンライン一括査定なら2分位で入力できるのでカンタンです。東京都にある複数の車買取店からの査定額を比べられるので、輸入車(外車)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の車一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい有名なので安心して利用できます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な数!オンライン上で最大50社へ輸入車の買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話がかかってこないので安心です。
    もちろん、東京都対応で利用は無料。

    「輸入車を少しでも高く売りたいからオンライン査定で買取相場がいくらか知りたいけど、電話で営業されるのは…」ということならメール連絡で査定額を教えてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが乗っている輸入車の買取査定相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという車買取業界では新しいサイト。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、5万キロ以上走った輸入車でも東京都で高額買取してくれる買取業者が分かります。

    一般的な車査定一括サービスであれば、申し込むと複数の会社から電話で連絡があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。オンライン上でたった45秒あれば入力が完了しますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「オンライン上で簡単に数年落ちの輸入車の買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した提携業者だけが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取業者から電話がかかってきたらすぐに即決することなく、東京都に対応している複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車でも高価買取の可能性が高くなります。

    最大10業者が輸入車の買取査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる有名なオンラインの車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社が輸入車の査定額を出してくれます。

    1社だけでなく複数の業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることが可能になるので、東京都に対応している複数の買取業者に依頼をして長年大事に乗ってきた輸入車を少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、サポート体制も充実していますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車・外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は東京都にも対応していて出張査定費用は無料です。

    外車王は輸入車・外車専門の外車買取店なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高く売ることができる可能性大です。
    なので、輸入車を高く売りたいのであれば、とりあえずランキング上位の車買取の一括査定サイトを利用して買取査定額を比較してみてください。

    いろんな中古車買取店に査定をしてもらった後で、最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。







    オンラインの車一括査定サイトを使うときに注意すべき事のひとつに、査定してくれた時に最高額を表示してくれた店舗がそのまま最高だとはいいきれない点があります。

    複数の業者の買取査定金額を比べた際、査定金額の平均よりも一段飛び抜けた高値を表示してくる店舗が存在したら気を付けた方が良いでしょう。

    中古車買取をその業者で行う際、中古車買取の契約が先に済んでから何だかんだと言われて現実に買取額を低下させられるケースもあることでしょう。

    自分の車を高値で売却するために中古車の買取会社と金額交渉の際に肝心なのは、簡単に自分から希望の金額を口にしないことです。

    相場価格を事前に確認しているのならまだ良いのですが、相場を知っていないならば相場よりも低めの価格を希望金額として提示してしまう可能性が高くなるので、このケースの場合は勿体ないです。

    査定金額の価格交渉を営業マンと行うつもりならば、交渉する前にはきちんと下調べして相場を把握しておかないといけませんね。

    車買取の査定をするときに、カーナビやオーディオなどのオプション品が付いていると基本的にはプラスの査定になることでしょう。

    しかし、最新モデルの車にはカーナビは標準装備になっていることが多いため、新型のカーナビシステムを搭載していない場合には大きく見積額がプラスになるとは思えません。

    また、カーナビが付いているのが当然の時代ですから、カーナビ非搭載だと低く見積もられる場合も出てきます。

    年式を問わず車体の外装のキズ、へこみ、塗装剥がれ(浮き)は、買取額の見積時に隅々まで確認されるのが普通です。

    誰が見てもわかるような目立つ傷は査定としては減点になるものの、普通に走っていていつのまにかついているような小さな傷でしたら、あまり査定には影響しないようです。

    いざ査定となると今まで気にならなかったへこみや小傷までもが目についてくるものですが、仮に修繕に出しても修理屋が身内価格でやってくれない限り、査定アップで修理代をまかなえる可能性はまずないと考えて良いでしょう。

    修理費には業者価格と個人価格があり、個人では高くついてしまうからです。

    中古車屋の査定というのは、外観や走行キロ数などいくつかの項目で標準値を設定し、マイナス1、プラス2などと採点して総合的な査定額を算出します。

    これは確実にマイナス評価になるだろうというポイントは、車体の外観の瑕疵(へこみ、中規模以上のキズ)でしょう。

    けれども素人手でなんとかしようと修理に手を出したりすると、業者からするとマイナス査定をつけざるを得ない事態になりかねません。

    相応の知識と修理経験があればキズの深さによっては何とかなるかもしれませんが、一般の方の場合はキズがあるままで売ったほうが出費も少なくて済みます。

    個人使用の乗用車の場合、走行距離は一年あたり1万キロ前後と想定されています。

    走行距離が50000kmを超えたあたりで多走行車という扱いになって査定時にもその程度ごとに減点対象となり、やがて10万キロを超えるようになると過走行車といってゼロ円査定などという可能性もあります。

    ただ、走行距離が少ないほど良いとは言えません。

    総走行キロ数が車の年式の割に少なすぎる時には、稼働パーツが劣化していても気づかないケースもあり、リスク回避で低い値付けになる場合があります。

    中古車を売買するときに、業者任せにしないで全て自分の手で行える時間と知識を持っているならば、車を個人同士で売買する方が一番双方にとって得をする方法です。

    個人売買するときにいざこざが起きやすいのが名義変更関連と支払い関連なのです。

    前者については、双方が決めた月日までにしっかりと行うように念書を残しておくと良いでしょう。

    料金トラブルに関しては、初回だけ支払って二回目以降は支払いが滞ることがないように、現金一括払いのみで対応すると余計な金銭トラブルは起きないでしょう。

    日常的に乗っている人がいなくなって、すでに車検が切れてしまった車でも買取りしてもらうことは可能です。

    でも、車検が切れている車は一般道路を走ることが出来ません。

    なので、自動車のそばまで出張をお願いして査定してもらいましょう。

    一般的な車以外にも車検切れの車も扱っている業者ならば、自動車を引き取るのに無料で作業してくれる業者が多いでしょう。

    一方で、売却する前に車検を通すことはさほど意味がないのでやめましょう。

    車検費用の方が実際には高くなってしまい、その割には査定金額にさほど反映されないため損をすることになるでしょう。

    買取業者に行って自動車を売却する際には、故障している箇所があるのならば正直に業者に伝えるべきです。

    そうは言っても、前もって修理することはしなくて良いです。

    どのような故障かによってマイナス査定される程度は異なりますが、予め修理を依頼してから査定に出すのではむしろ損してしまうことの方が多いのです。

    買取業者が故障車を修理に出す費用と自分自身で修理してもらうときの金額とでは、前者の方がグッと安くて済むのです。

    結局、事前に修理して査定額アップを狙ってもかかった費用分の上乗せは期待できないのですね。