トップページ > 北海道

    このページでは北海道で輸入車のオンライン査定ができるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて高額で買取をしてくれる北海道の車買取店に売りたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取専門店をチェックしてみてください。

    輸入車を高く査定してもらうために大事なことは「北海道にある複数の車買取会社で査定をしてもらう」ということ。1社のみとかなじみのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら明らかに損をするので注意してください。

    車買取のオンライン一括査定なら2分位で入力できるのでカンタンです。北海道にある複数の車買取店からの査定額を比べられるので、輸入車(外車)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の車一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい有名なので安心して利用できます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な数!オンライン上で最大50社へ輸入車の買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話がかかってこないので安心です。
    もちろん、北海道対応で利用は無料。

    「輸入車を少しでも高く売りたいからオンライン査定で買取相場がいくらか知りたいけど、電話で営業されるのは…」ということならメール連絡で査定額を教えてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが乗っている輸入車の買取査定相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという車買取業界では新しいサイト。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、5万キロ以上走った輸入車でも北海道で高額買取してくれる買取業者が分かります。

    一般的な車査定一括サービスであれば、申し込むと複数の会社から電話で連絡があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。オンライン上でたった45秒あれば入力が完了しますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「オンライン上で簡単に数年落ちの輸入車の買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した提携業者だけが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取業者から電話がかかってきたらすぐに即決することなく、北海道に対応している複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車でも高価買取の可能性が高くなります。

    最大10業者が輸入車の買取査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる有名なオンラインの車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社が輸入車の査定額を出してくれます。

    1社だけでなく複数の業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることが可能になるので、北海道に対応している複数の買取業者に依頼をして長年大事に乗ってきた輸入車を少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、サポート体制も充実していますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車・外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は北海道にも対応していて出張査定費用は無料です。

    外車王は輸入車・外車専門の外車買取店なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高く売ることができる可能性大です。
    なので、輸入車を高く売りたいのであれば、とりあえずランキング上位の車買取の一括査定サイトを利用して買取査定額を比較してみてください。

    いろんな中古車買取店に査定をしてもらった後で、最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。







    注意して車に乗っていても自然に付く少々の傷やへこみ等は、査定時に減額されないことが多いので、気にしすぎる心配はないでしょう。

    例えば、キズに爪が引っ掛かるほどのものや明らかにへこみがある場合、それから塗装がはげていたりすれば査定時に減額されますが、査定が低くなるのを避けるために自らお金を出して修理しても修理費以上に査定額がアップされることにはなりません。

    中古車販売業者のほとんどに当てはまらない事ですが、稀にしか見られない事でしょうが、極悪非道なことをする業者も紛れています。

    手口の例としては、見積もりを申し込む時に、「見積もりを出した後で直ぐ車を運んでも良いならば価格アップしましょう」などと言われて、即時にその車を明け渡すように勧められて、車を引き取ったは良いが料金は支払われずに、その後一切連絡が途絶えてしまうという詐欺があるのです。

    一定の手続きを踏むことをしないで急いでその車を持って帰ろうとする会社は詐欺だと疑って掛かって良いでしょう。

    中古車買取業者と自分との間に起きる可能性のあるとトラブルは何点か考えられますが、それらの中には非常に悪質と言えるケースも存在するのです。

    見積もりを出してもらってその車の引き取りが完了した後になって、ふたたび確認したら問題になる箇所が出たなどといわれてかなり売却額を引き下げられることもあるのです。

    最も悪質と思われる業者の場合は、その車だけを引き取って提示された金額が振り込まれないこともあるのです。

    このような事案に自分が遭遇してしまったら、何はともあれ消費者生活センターなどの相談機関に出向くようにしてみましょう。

    溝が減ってスリップサインが見えるほどになっても、査定のためにタイヤを交換するのは意味のないことです。

    どんな高級車であろうとタイヤ部分は消耗品です。

    それに、買い取ったあとに販売店のほうでタイヤを交換することも極めて普通に行われているからです。

    タイヤの状態の悪さはたしかに減点対象ですが、買取額への影響はたいしたものではありません。

    タイヤを新品に替えたとしてもむしろ損ということになります。

    乗用車は普通、初度登録の年月をベースに「何年落ちの車」などと言って古さを表します。

    その場合、製造年は無関係で、初年度登録(車検証を見るとわかります)がベースなので間違えないようにしましょう。

    当然ながら年数が多ければ多いほど安く査定されるため、たとえば10年落ちに近づいてくると減額査定も著しく、非常な安値で取り引きされます。

    市場に出せば利益率の低い車で業者泣かせではあるものの、もし購入する気持ちで考えてみると、状態の良い10年落ちの車と出会うことができれば、相当安く買えるということです。

    中古車の買取には実物の査定が不可欠ですが、来る業者は皆一様に契約を急ぐはずです。

    もし即決なら見積りに色をつけても良いといった熱心な営業が展開されますが、即断するのは間違いです。

    ディーラー下取りでなく中古車業者に売却する際は、複数業者に査定させることが高額査定を得るためのセオリーだからです。

    当初の予定通り複数の買取業者に見積もり金額を出してもらうことが大事で、金額の比較ができるようになってから次の交渉段階に進めばいいのです。

    けして焦りは禁物です。

    買取業者に行って自動車を売却する際には、もし故障しているところがあったらスタッフに言うべきです。

    しかしながら、あらかじめ故障箇所を修理する必要はないのです。

    どのような故障かによってマイナス査定される程度は異なりますが、事前に修理したからといって反対に損をする結果を招くケースが多いようです。

    買取成立の後でお店が故障箇所を直すのにかける金額と前もって自分で修理に出すときのお金では、買取業者が修理依頼する方がかなり安くなるのです。

    こう言うわけで、修理にかかった費用以上に査定額に反映された金額が上回ることはないのです。

    車の売却を済ませた後から、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金の減額もしくは契約の解除を言い渡してくる事がなきにしもあらずです。

    万が一事故や故障などで修理した履歴があるのに隠していたのならば売る方が責任を取るのが普通ですが、見積もり時に確認ミスがあったからであれば売る側に何も責任は無いでしょう。

    買取業者が一方的に契約解除や買取額の減額などを迫ってくるときには、国民生活センターへ赴いて、車の売却でトラブルになっていると旨を話してみると無駄に気をもむ必要がなくなります。

    自動車保有者の全員が加入を義務づけられているのが自賠責保険ですが、この保険は一定の条件が整えば車を手放す際にお金が戻ってくることがあります。

    ある条件とは、そのまま廃車にする場合で、そのとき自賠責保険の残りがひと月以上余っているケースです。

    売却するときはお金は戻って来ません。

    さらに言うと、保険金が戻ってくる場合にも手続きなしに入金されるという事はないのです。

    保険会社に対して自分自身で書類の手続きをして還付されるものなのです。