トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    普通にしていても勝手にできてしまう軽い傷や細かなへこみは、減点対象として査定されないことがほとんどですから、気にしすぎる心配はないでしょう。

    明らかに爪が引っ掛かるくらいのキズがあったり大きなへこみがあるケース、それから塗装がはげていたりすれば査定時に減額されますが、それを回避するために自分で直しても修理費以上に査定額がアップされることにはなりません。

    これは中古車査定の場合だけではなくて、どのような分野に関しても言えることですが、否定的な口コミはあるものです。

    一個や二個の悪い否定的な意見が見つかっても、それだけに左右されると何も出来ない状態になってしまう場合もあるでしょう。

    口コミはほどよく参考にする程度にして、先ずは自分から無料の査定申し込みを行ってみて、そのときに自らが受けた印象を大切にすることが最善の方法なのです。

    自分で中古車の買取業者まで出向く時間がないときなどは、たいていの買取業者で、業者の方から自宅などに来てくれる出張査定があります。

    自動車査定スタッフが実際の車の在る場所まで出向いて査定をしてくれて、結果を導き出す方法です。

    これは同時期に何社かの業者に来てもらって行っても構いません。

    一気に複数の業者に依頼すれば時間短縮にもなりますし、同じ時刻に居合わせたスタッフの間で価格競争が行われますからその結果として見積金額がアップするかもしれないのです。

    車の査定依頼を中古車販売店にする場合は、お金をとられることはまずありませんが、車を買うついでに同じディーラーで下取りしてもらうと、明細書に「査定費用」の項目があって驚いたという人も少なくありません。

    例えば下取額が10万円で査定手数料が1万円なら、実質利益は9万になるということです。

    無料査定が基本の中古車業者のCMなどを見た後には特にしばしば起こりうる失敗です。

    だからこそ、下取り査定に取りかかる前に、手数料等の有無をはっきり聞いておくべきです。

    有料だからといって悪いわけではありませんが、知っていればかけあいの仕方次第で金額が変わることがあるからです。

    一括査定サイトなどに登録している業者は大抵、夜間でも家まで出向いて査定してくれます。

    暗い時間に査定するほうが昼に比べて車体のへこみや傷といったアラが見えにくいため、査定額が高くなりがちだと言われていますが、質の高いLED照明などが普及した現在では眉唾な話です。

    たしかに夕方以降や雨の日や曇天なども薄暗いので噂のようなこともあるかもしれませんが、業者もそれは承知なので厳しく減点している可能性もあります。

    それに、車が綺麗な場合には晴天のほうが見栄えがしますし、どちらが良いとは一概には言えません。

    査定士が実車を査定するときは所有者が臨席しなければならないなどという約束を設けている業者はいないと思いますが、当事者の一方がいないことで発生するトラブルを防止すべく、できるだけ車の持ち主が訪問査定時に立ち会った方が良いでしょう。

    今どき悪徳業者なんていないと思うかもしれませんが、悪質な例では、家族が立ち会っても所有者本人でなければ様子に疎いだろうと、自分で傷を捏造して少しでも買取価格を安くあげようとすることもあります。

    中古自動車売却に関して言えば、必要書類の中に車庫証明は入っていません。

    車を売却するときは不要でも、新しく車を買ったときには、きちんと自動車を保管する場所を届け出る車庫証明書が必要になってきます。

    これは販売店側で代行サービスを行うケースが多いですが、個人で車庫証明を取得することも可能です。

    ちょっと手間はかかりますが販売店側に手数料を支払わなくても構わないので、自分で手続きに行っても良いと思います。

    自分で手続きするときには、古い車はどのようにしたか説明しないといけないので、手続きに行く際には売買契約書を忘れずに持参して下さい。

    一般的に決算時期やボーナス時期には業者も買取に力を入れてくるので、車を高値で取り引きできる可能性が高まります。

    市場で需要がアップするときには同時に買取の相場も高くなります。

    しかしながら、車の売却を決めた時期が決算やボーナスの時期と大分離れていた時には、これらのタイミングまで待った方が良いわけではないのです。

    当たり前ですが、自動車売却を遅らすことで年式はドンドン上昇していきます。

    買取相場が高くなる恩恵を受けるよりも、その車の価値が下がってしまう方が大きくなる場合も充分考えられるのですね。

    とても重要なことですが、あらゆる契約書の全文に目を通して内容を把握することは、自動車に関連したことだけではなくていろいろな売買契約を行う際に非常に重要になってきます。

    自分が署名して捺印をすると、契約書の内容はすべて法律的に有効になってしまうのです。

    書かれている車の状態は間違っていないか、お金の部分に関してあいまいな点はないか、じっくりと確認することが大切です。

    少しでも不安に思ったら自分が納得するまで担当者に相談して解決する姿勢も大切でしょう。