トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    手持ちの車を査定に出すときには、ボディーカラーも重要です。

    ホワイトおよびブラックは定番の人気色でいつでも需要が安定しているために、多少高めに見積もって貰える場合がほとんどです。

    それとは逆に赤や黄色などの原色系は好きな人は好きですが、嫌がる人もいますから、定番カラーよりも見積額をダウンさせられてしまう場合もあります。

    そうは言っても、車の査定金額はオークション相場のタイミングによって変動するものなので、その流行のタイミングによっては一定のカラーが査定相場を引き上げることも考えられるのです。

    なるべく高値で中古車を売却したいときには、査定を一店舗で終了させないで見積もりを多数の店舗で行ってもらうのが最も良い方法でしょう。

    ほかの会社が出した査定額を提示することで査定額が変わることも往々にしてあるのです。

    いっぺんに複数の業者に査定をお願いするには無料一括査定サイトを利用するのが有効ですが、一括査定サイトで飛び抜けて高値を提示する店舗は詐欺まがいのことをされるかもしれませんのでじゅうぶんに気を付けなければいけません。

    売っても良いかと考え中の中古車にこの程度の価格では売れないと思うような査定を店舗側から提示された場合、売るのを止めてしまっても構いません。

    査定の申し込みをしたからと言って、必ずしも契約しなければならないと言う決まりはないのです。

    一番はじめの査定金額では嫌だと言うとそう言った時から査定額アップの商談が始まるケースもあるでしょうし、もっと高く査定可能な買取会社が存在する可能性も少なからずあるのです。

    気に入らなければ正直に嫌だと言っても誰にも迷惑はかからないのです。

    売却したい車で店舗に乗り付けて当日中に査定してもらいたい時は、待つことさえ厭わなければ飛び込みOKというところが多いです。

    けれどもこうした場合は相場もわからなければ価格競争もありません。

    ですから相場より安い価格で買い取られても気づかない可能性が高いのです。

    出張査定で複数の業者に来てもらう方が相場もわかり、満足のいく結果が出しやすいです。

    新車の価格は変わりませんが中古車の場合は市場価値がどんどん変化していきます。

    したがって売却対象車につけられた査定価格にも有効期限が設けられているのが普通です。

    期限については業者や担当者ごとに違いがあるはずですから、算定してくれた査定士にその査定額が保証されのはいつまでかしっかり確認することが不可欠です。

    期限は長くても10日から2週間位を見込んでおけば良いですが、決算期やボーナス時期などにはさらに短くなることがほとんどです。

    車をディーラーで購入して下取り制度を利用するのなら、古い車と新しい車の乗り換えはタイミングを計って行われます。

    ただ、自分で買取業者を探して売る場合は、多少なりとも空白期間ができることもあります。

    代わりに自転車や公共交通機関が使えれば良いのですが、そうでない場合はあらかじめ査定を依頼する前に契約には代車があることが不可欠であると伝えておかなければなりません。

    うっかりしていると業者次第で台数が限られていたり、もともと用意していないところもあるため早いうちから確認しておくことが大事です。

    半分忘れ去られたようになって、車検切れで放置されたようになっている車でも買い取りに出すことはできます。

    売却は可能ですが、車検切れだと言うことは道路を走って移動させることは禁止ですから、自動車があるところまで出張してもらって査定を依頼する必要があるでしょう。

    車検が切れた状態の車でも買い取りしてくれる会社ならば、無料で車を引き取ってくれる店舗が主でしょう。

    補足すると、査定に出す前に車検を通すことは無意味になるので勧められません。

    車検にかかるお金の方がほとんどの場合査定に上乗せされる額よりも高くなるからです。

    中古自動車売却に関して言えば、手続きに必要となる書類の中に車庫証明は入っていません。

    しかしながら、新たに買った自動車に対しては、ちゃんと車を保管する指定場所を届け、車庫証明書を取得しなければなりません。

    車庫証明に関して言えば、購入店側で代行してくれる場合が多いでしょうが、個人で車庫証明を取得することも可能です。

    何事もチャレンジの精神で行けば、ちょっと面倒でも業者に払う手数料は払わなくて済むので、挑戦しても良いのではないでしょうか。

    個人で手続きする際には、以前乗っていた車の行く先を説明する必要があるため、必要書類として自動車の売買契約書があります。

    中古車売買は査定に始まり売却で終わります。

    流れとしては、最初にウェブから査定を依頼し、年式や各種条件から簡易的な査定額を出してもらい、業者が来て実車査定を行い、最終的な買取額が算定されます。

    提示額が不満なら交渉の余地があります。

    そしてOKなら正式に契約します。

    契約すればあとは車とキーを業者に渡すことになります。

    そして先方による書類上の手続き等を経て売主の口座に売却代金の振込があります。