トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    買取希望の中古車の見積額が低下してしまう主となる要因には何点かあるのですが、大きく見積もり金額を下げる要因の一番大きなものは、その車が事故や故障で修理歴があるということです。

    酷いケースではゼロ円査定に低下する場合もあるのです。

    そうは言っても、事故などで修理してしまうと必ずしも修理歴車と呼ばれるわけではなくて、車の骨格部分まで損傷が広がっていて、その損傷を修理したものが「修理歴車」です。

    ウェブ上の中古車一括査定サイトの中には、個人の名前などの情報を記載せずに査定可能なサイトもあります。

    結果を連絡してもらうために結果を知る連絡手段だけは記載しなければなりませんが、できれば最小限の個人情報しか教えたくないケースでは良いでしょう。

    それから、電話なども公開せずに相場が前もって分かるためには、製造メーカーのサイトで車種等の情報をフォーマットに入力すれば、今のその車の相場の概算を知ることが可能です。

    そうは言っても、本当にだいたいの値しか出ないので、大して参考になったという意見はないですね。

    オンラインの車一括査定サイトを使うときに気を付けた方が良いことの一つとして、もしかすると一番高い査定額のところが絶対に良い訳ではないのです。

    複数の業者の買取査定金額を比べた際、極端に相場よりも高値の査定額を付けてくる会社が存在するときには何かおかしいと感じる癖を付けた方が良いかもしれません。

    その店での買取が決まったとき、契約が終了した後になってあれこれ難癖を言われてしまい事前に見積もった金額よりも実際の買取額が極端に低くなるかもしれないのです。

    中古車屋の査定というのは、見落としのないよう細分化されたリストがあり、それぞれの標準からプラスいくつ、マイナスいくつといった方法で点数をつけていき、価格を総合的に割り出すようにしています。

    減点評価が免れないものは、誰が見てもわかるところで車体の傷やヘコミ、塗装浮きなどです。

    けれども素人手でなんとかしようと修理に手を出したりすると、逆に減点の度合いが大きくなってしまうケースも多いです。

    プロ並みの機材と労力があれば構わないですが、業者に売るのであればヘタに手を加えないほうが良いです。

    マイカーを売却する際は現物を見て査定してもらう必要があります。

    査定の形式は、おおまかに言って二つに分けられます。

    比較的なじみ深いのは、自動車の購入と処分を同じディーラーで行ういわゆる「下取り査定」です。

    もっとも手軽で車での移動が日常的な人からすると代車不要な点は嬉しい限りです。

    しかし、中古車の買取りを専門に行っている業者と比べると、引取り額が低くなるのは避けられません。

    一方、買取専門業者に査定を依頼すると、少なくとも2社以上に依頼すれば競争になりますから、高値になる傾向があります。

    売却を前提に業者に車の査定を申し込む場合、取り立てて用意しなければいけない書類などはありません。

    ただ、業者が決まって売却するにあたっては、複数の書類が必要になります。

    売却するのが普通乗用車なら実印と印鑑証明書が不可欠ですし、婚姻による氏の変更や引越しで既に住民票を移してしまっている場合などは別途書類が必要となるので業者に確認しましょう。

    業者は決まらなくても、売ると決心した段階で早めに書類を準備しておくほうがあとの手続きはラクです。

    車を持っている人なら入ることが義務付けられている自賠責保険ですが、これはある条件を満たしていれば自動車を手放すときに還付金をもらうことが可能です。

    ある条件とは、廃車にすることを決め、その時点で自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている状態の時です。

    自動車買い取りに出したりして売る場合には保険金は還付されません。

    さらには、還付金が生じるケースでも自動で口座に振り込まれたりするわけではないのです。

    自賠責保険会社に対して自らが手続きを行ってはじめて保険金が戻ってきます。

    年間走行距離数1万キロメートルというのが、自動車業界が標準的だと考えている基準値です。

    ただ、1万キロというのは目安としかならず、年式が旧型ならば一般的には年間走行距離は少し短くなるのです。

    車売却の際にはできるだけ走行距離数が短い方が加点対象になります。

    しかしながら、機械というものはずっと動かさないでいると調子を崩すことが多くなってきます。

    車の年式に対して極端に走行距離が少なすぎる場合には、見積もり時にあまり大きく加点されないのが現実です。

    車を売買しようとする際、一度に複数の会社の出張査定予約を取り付けて、同時刻に一様に査定してもらうことを相見積もりと呼びます。

    相見積もりによるメリットは、査定士同士の価格競争によって査定額の引き上げを狙えることです。

    なるべく相見積もりはしたくないという業者もいますが、さほど相見積もりを嫌がらない業者は実際に購入しようとする意欲が高いところで、価格競争が激しくなると思って構わないでしょう。

    一円でも高く車を売るために抜群に効果的な方法なのです。