トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    最近のことですが、中古自動車販売の最大手で一般大衆に向けた車の査定アプリを提供していますが、プロ向けの業務用査定支援アプリケーションもあるのです。

    これは、実際の査定業務経験があまりなくてもなるべく査定しやすくなるように開発されたアプリです。

    専用機器とこの業務用アプリを同時に使うことで、今から査定するつもりの車の過去の修理の有無が一発でハッキリする機能が存在するケースが大半ですから凄いですよね。

    通常、車の買取業者が中古車を査定するときに確認する事項は、大きく分けると車体の色や車種などの基本的なスペック、総走行距離数および外装の傷の有無(ナンバープレートも含む)、車内の臭いや内装の状態確認、故障や事故などがあったかどうかの確認等があります。

    以上のような項目に該当するものがあればマイナス査定していき、最新式のカーナビゲーションシステムやカーオーディオなどが付いていたら加算していくのです。

    今現在の相場価格を考慮して以上の結果を総合して、最終的な査定金額が表示されるのです。

    すでにご存じの方も多いかもしれませんが、インターネット上には買取希望の中古車の見積もりを一度に複数の企業にお願いできてしまう、車の一括査定サイトが数しれず見受けられます。

    これらのサイトで査定額を算出してもらったら、必ず売りに出す必要があるわけではなく、たくさんの会社に行く時間が取れない人にも有効です。

    しかしながら、査定してもらったお店の中には幾度も電話がくるケースもあり得るので、直接電話されるのが嫌だと思う人は、メールが連絡手段となっているところを利用すればしつこい勧誘電話を避けることが出来ます。

    乗用車は普通、初度登録の年月をベースに古さを表す意味で、何年落ちといった言い方をします。

    基準になるのは製造された年ではなく、車検証の「初度登録年月」ですから要注意です。

    年式の古い車は査定額が落ちるのが普通で、10年目からは過走行車ということで非常に低い価格になるのが普通です。

    市場に出せば利益率の低い車で業者泣かせではあるものの、購入者視点で考えると状態次第ではそうした車は宝の山とも言えます。

    中古車買取業者のほとんどは夜でも無料で出張査定に来てくれます。

    暗い時間に査定するほうが昼に比べて車体のへこみや傷といったアラが見えにくいため、高めの査定結果になりやすいといった噂もありますが、言われているようなことは現在ではまずありえないです。

    指摘のとおり夜間の査定は骨が折れるものですし、同じく薄暗いという点で雨や曇りの日には見えにくく、噂のようなこともあるかもしれませんが、業者もそれは承知なので厳しく減点している可能性もあります。

    それに、車が綺麗な場合には晴天のほうが見栄えがしますし、査定は総合評価ですから、天候云々では期待するほど査定額に違いはないでしょう。

    中古車屋から車の買取料の入金があるのは、契約書に署名捺印してからだいたい一週間後となります。

    訪問査定当日に契約を約束したところで、実印がなかったり必要書類が不足していれば正式な契約という扱いにはなりません。

    なるべく早く売却代金を得たいのでしたら、査定の前に、車を売ると決心した時点で必要書類を集めておくと良いでしょう。

    また、書類は軽乗用車と普通乗用車とでは異なるため業者のホームページなどで確認しておくことをお勧めします。

    近頃販売されている車はオプションでなくて最初からカーナビが装備されているものが大部分です。

    そういうわけで、カーナビゲーションシステムが搭載されていてもさほど査定額に影響を及ぼさなくなりました。

    標準的なカーナビでなくて、後から高額なカーナビをつけたような場合に限り査定額アップが期待できる可能性が高くなるでしょう。

    高価なカーナビの取り外し作業が比較的簡単ならば、事前に外してしまって別にカーナビだけオークションで売るという選択肢もありますね。

    自動車税というものは、車の所有車に対して一年分の請求が来ます。

    そして毎年4月1日の時点での所有車に対してかかってきます。

    しかしながら、車を手放すときには、残っている月数分の税金相当額が見積もりにプラスされるので、損したと思うようなことはないのです。

    しかしながら、自動車重量税に関しては廃車にでもしない限り還付されると言うことはないのです。

    還付制度はないとは言え、支払った税金の期間が残っている場合には上乗せして見積もってくれる場合もなきにしもあらずです。

    自動車重量税に関しては買取業者と直接交渉してみると良いですね。

    愛車を手放した後から、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金の減額もしくは契約の解除を通達されることがたまにあります。

    万が一事故や故障などで修理した履歴があるのに隠していたのならば売却側に非があると言えるのですが、査定スタッフが見落とししていたことに起因するものであれば自分が非難される筋合いはないでしょう。

    業者が納得いかない言い分を通そうとしている場合には、消費生活センターなどに行って、いざこざが起きていると話してみると個人で悩むより数倍早く解決できるはずです。