トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    なるべく車の査定は夜や雨降りの日にした方が良いと言う人がいて、ちょっと査定額がアップするという説が世の中にはあるようです。

    当然ですが夜間は暗くて、雨降りだと水滴が邪魔をしてキズや汚れなどがあっても分かりづらくなると言うのが理由となっているようです。

    そうは言っても、視界が良くない云々で査定額がアップするほど経験不足の査定士がいるわけではないのです。

    それどころか、万が一見落としていた場合のことを考慮して、晴れた日中に査定する場合よりも少々査定額を抑えられてしまうこともあるでしょう。

    一般的に、中古車買取店の大手チェーンなどでは、いつも様々なキャンペーンを展開しているといっても良いでしょう。

    景品などの恩恵は中古車売買時に受け取ることができますが、その中には無料査定だけで受け取れるキャンペーンも存在します。

    もっと具体的に述べると、インターネット上の特定のページから査定申し込みをすると一定のポイントが貰えるなどです。

    見積もりするだけでポイントをもらって、後はそのままでも構いませんので、無料査定するだけでプレゼントが貰えるキャンペーンがあったら実際にやってみると大変お得でしょう。

    ボディーカラーは中古車買取査定において結構重要な項目です。

    定番色のホワイトやブラックはいつでも安定した人気を誇っているので、多少高めに見積もって貰える場合がほとんどです。

    定番色とは反対に原色系の赤や黄色、青などのボディカラーの場合は好き嫌いがありますので、定番カラーよりも査定額がマイナスされる傾向が強いと言えるでしょう。

    でも、査定金額はその時点での中古車オークション相場によりアップダウンするため、流行があれば一定の色が査定で高値が付くことも充分考えられるのです。

    人気やその時の市場のニーズによって中古車市場の相場は移り変わるため、買取り業者が提示した査定金額には必ず期限が設けられ、それ以降は無効となります。

    査定見積書のどこかに記載があるものですが、なければ分からなくなりますので、金額を出してもらった段階で有効期限については確かめておいたほうが良いでしょう。

    期間としては最長でだいだい2週間弱といったところです。

    ただ、ボーナス商戦や決算の時期などに当たるとかなり短期間で設定されていることもあります。

    業者は年式や色といった机上データのほか、独自のポイントシステムで車の価値を算出していきます。

    項目ごとに、標準的であれば0点、上ならプラス何点、下ならマイナス何点と主観の入りにくい公平な価格が導き出されるのです。

    実際に見るポイントというと、車体のヘコミ、キズ、過去の事故歴と修復歴、他に忘れてはならないのは総走行距離数です。

    専門家は多数の車を見てきていますし、過去の修理歴について忘れたと言ったり、知らないふりをしても、ずっと隠し通せるものではないでしょう。

    車を中古買取業者に売却する場合、悪質な業者に騙されないようけして疎かにしてはいけない点があります。

    簡単にいえば、契約書をよく読むことです。

    取引に関する必要事項を記載したものが契約書で、サイン(押印)した時点で効力を発揮します。

    契約書はあらかじめ合意に達した内容通りに作成されているのか、そして金額に関する文言は注意しなければいけないのは言うまでもありません。

    大まかな文章だけでなく細かい補足条件なども目を通してから必要であれば質問して、納得してから契約に進みましょう。

    買取業者からの電話攻勢が毎日大量に来るのでストレスがたまって仕方ないこともあるでしょうが、一度に何店舗かの業者に見積もりを出してもらうことは車を高額で売るためには必要なことです。

    査定相場が不明だと買取業者の提示額に頷くしかできませんし、複数の買取店から同時に査定してもらえば簡単に相場を知ることができるのです。

    今売却を決めればいくらで買い取りできますよ、などという勧誘文句に半分騙されて即決してしまうのはいささか早急です。

    大きな交渉事は焦らないことが、出来るだけ高価に買取を成立させる手立てなのです。

    車を買い換える際に古い車をディーラー下取りに出すことがあります。

    車でディーラーに行けば購入の商談中に下取り査定も済んでしまいますから、買取業者を利用するのにくらべると単純に考えても手間は半減しますし、気楽という点ではこれ以上の方法はありません。

    けれども、実際の買取価格で比べると中古車専門店による買取とディーラー下取りでは、業者に買い取ってもらうほうが高い値段がつくという事実があることは忘れてはいけません。

    同じ処分するのでも安いと高いでは気分も違います。

    高額査定を期待するのでしたら少々手間をかけてでも買取業者に査定してもらったほうが良いでしょう。

    何かしらの理由で所有する自動車を査定してもらいたい時には車検証だけあれば良いのですが、いざ売却するときには複数の書類が必要になってきます。

    普通自動車を売るのだったら車検証に加えて納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、印鑑証明書、実印を用意することになります。

    これらの書類中、納税証明書がなくなっていることに気が付いたら、一般的な普通自動車と軽自動車の場合では再発行してくれるところは異なってきます。

    売ろうとしている車が普通自動車だったら都道府県の税事務所ですし、軽自動車の場合には市役所などがその窓口になります。