トップページ

    このサイトでは輸入車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車のオンライン査定で買取相場を調べて、高く買い取りをしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    オンラインの車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、輸入車(外車)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為のオンライン一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社へ輸入車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「輸入車を高く売りたいからオンライン査定で買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、オンライン上で入力後すぐにあなたが大切に乗っている輸入車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの輸入車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    輸入車の実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題のオンラインサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取のオンライン一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの輸入車の買取相場ってどれくらい?」という場合はおすすめです。

    オンラインで一括査定が終わった後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの輸入車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者が輸入車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用の輸入車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきた輸入車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。オンライン査定は全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、輸入車の買取査定であれば大手買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    そういうことから、輸入車を売るなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算査定額を比べてみてください。

    いろんな買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    特別な乗り方をしていなくても普通に付いてしまうほんの少しのへこみや薄い傷などは、減点対象として査定されないことがほとんどですから、気にしすぎる心配はないでしょう。

    例えば、キズに爪が引っ掛かるほどのものや大きなへこみがあるケース、また塗装がはげていたりしては減額になりますが、それを回避するためにたとえ自分で修理しても自分で出した修理費用より査定金額の方が高くなる事はないのです。

    売却予定の車に傷などがある場合にはマイナス査定されることが多いです。

    しかしながら、マイナス査定を避けるために査定前に個人でへこみやキズを直すことは勧められません。

    前もって個人でキズ等を直したといっても、自分で修理するのにかかった費用以上にグッと査定金額がアップするとは思えないからです。

    個人修理しようとするよりも、中古車を実際に買い取った後で、販売店から提携先の業者に修理をお願いした方がコストを抑えることができてしまうからです。

    中古車買取において、売却時に車検がまだ一年一ヶ月以上あれば、査定を担当する担当者にもよりますが、概算で数万円ほどの査定金額のアップになることが予想されます。

    でも、車検の残り期日が1年以下のケースでは車検までの期間に応じて査定金額が変動したりすることはありません。

    車検を通して直ぐだと査定額がアップするからとはいえ、車検を実施して直ぐに売却をしても通した車検費用より多くの金額が見積金額に足されて得することは無いのですから、事前に手間をかけて車検を通すのは無意味です。

    純正以外のホイールに履き替えている車を売却する際は、出張査定に来てもらう前に純正に戻しておくことをおすすめします。

    例外はあるかもしれませんが、もともとのメーカー品を装着している車のほうが高い査定額がつきやすいのです。

    状態が悪ければ意味がないのでできるだけ倉庫やひさしのある屋外で保管すると良いでしょう。

    程度の良い別メーカー製ホイールは結構良い値段でオークションで取引されるときもあるので、取り外し時の扱いには注意が必要です。

    買取対象となる車を業者が査定する際は、査定箇所を細かく分け、それぞれに標準値を設けた上で減点、ないし加点をして最適な査定額が提示できるようにしています。

    中でも減点対象としてはずせないのは誰が見てもわかるところで車体の傷やヘコミ、塗装浮きなどです。

    気をつけたいところでは、それらのキズを素人なりに修理しようとした場合で、大きなマイナス点をつけられるパターンも少なくありません。

    自動車修理の実績と道具があるのなら別ですが、一般の方の場合はキズがあるままで売ったほうが出費も少なくて済みます。

    ローン完済前の車を売るときは、いったん完済しなければ売却は不可能ですから注意が必要です。

    ローン返済中は車の所有権はローン会社が持ち、書類上の名義もそうであることがほとんどだからです。

    売る際に残りの債務を全部払えるのであれば困らないのですが、そうでないときは業者が売主に支払うべき買取額から自動車ローンの残額の支払いに充当するという方法をとれば大丈夫です。

    しかしこれにはローン会社の許可が不可欠で、手続きも必要ですから普通の売却よりは時間がかかります。

    中古車売買に於いて、車体の色は多いに査定額に影響します。

    定番色と言われる白や黒は安定した人気があるので、査定の際に金額がアップすることが予想されます。

    さらに、定番カラーであるシルバーは車体の汚れがあまり目立たないという特徴があるので高い人気を誇っています。

    反対に、黒や白、シルバー以外の色となると、あまり査定額アップに繋がらないでしょう。

    査定の際に流行のボディカラーであったとしても、たいてい流行は一過性のもので、その車を買い取ってから売るまでの間にその色の流行が終わっていることを考慮して査定するからです。

    中古車買取店の売却を勧める電話か凄くてストレスを感じることも多いでしょうが、一度に何店舗かの業者に見積もりを出してもらうことは車を高額で売るためには必要なことです。

    相場を知っていないと業者との交渉もできないでしょうし、査定額の相場を知るためには複数の業者に査定してもらうのが得策だからです。

    「即決すれば高く買い取りできます」などの営業トークに半分騙されて即決してしまうのはいささか早急です。

    車売却のような大きな契約は先ず焦らないことが、高く売却する秘訣のひとつと言えるのです。

    自動車を売却する際には書類が何点か必要になります。

    でも、車に関連した書類をなくさずにきちんと全部管理していて、且つ結婚などによる姓の変更や引っ越しなどで住所の変更がないのであれば、印鑑証明書だけ新しく取得すればOKです。

    また、印鑑証明書は車を売却する際だけではなくて車を買うときにも必要になってくるので、一度に2枚まとめて取っておくと賢いでしょう。

    印鑑証明書は取得した日から3ヶ月間は有効です。

    所有する車の売却を決定したのならば直後に印鑑証明を取りに行くと、後々手続きが順調に運ぶことになります。